パリジャーナル

Sakurako・パリ観光・パリ旅行・パリのレストランの最新情報サイト

パリ旅行の服装と7月の天気!シャンゼリゼ通り・バスティーユ広場【2024】





いよいよオリンピックの開幕式まで秒読みとなりました。

今月の26日開幕式に備えて、7月のパリ旅行に最適な服装をお伝えします。

パリジャーナルで配信しているツイートもまとめて入れています。

ご参考にしてください。

みたい場所へ↓ジャンプ。

パリ旅行2024年7月の天気と気温

7月に入ってからは陽気なのですが、雨も1日ずっと降ったりしています。

【2024年7月1日の週末の天気と気温】

第1週は、最高気温が20度~24度。

【2024年7月8日の週末の天気と気温】

第2週は、最高気温が21度~27度。

パリ旅行の7月の服装は?どのくらいの軽装で?

オリンピックの開幕式まであと、2週間半です。このままこの陽気がつづけば、蒸し暑くなりそうです。

7月上旬の服装・セーヌ川のブキニスト

セーヌ川のブキニストは、オリンピックで安全のために撤去すると2月くらいに言っていましたが、撤去なしでそのままです。 ただ開幕式の26日だけはクローズしていますが、それ以外の日は開いています。

曇りの日でしたが、歩行者は半そででした。

7月上旬の服装・サンジェルマンデプレ

サンジェルマンデプレのとなりの、オデオン駅から北上した通りです。

オデオン
オデオン

このあたりは、オデオンでもゴールデン地帯でパリでも一番人通りが多いところです。

半そでや長袖と、いろいろです。

7月上旬の服装・ベルシー

ベルシー公園まで行くと、ベルシーのアリーナがあります。ここはオリンピック会場になっています。

ベルシー
ベルシーアリーナ

7月上旬の服装・パリ市庁舎前

開幕式のセーヌ川で船上のショーがあり、パリ市庁舎はセーヌ川の北側にあります。

セーヌ川
セーヌ川

セーヌ川前から見えるパリ市庁舎です。

パリ市庁舎
パリ市庁舎

中のセッティングはまだ進行中で、透けた垂れ幕になっています。

パリ市庁舎
パリ市庁舎

外からみると工事やセットが進んでいるようには見えませんが、26日には予定通り開幕式となりそうです。

服装としては、お昼は半袖もありですが、夜はまだ長袖がマストです。

7月のイベント

7月のイベントは何と言ってもキャトーズジュイエですが、そのほかにはジャパンエキスポもあります。

7月11日から・ジャパンエキスポ

欧州最大の日本文化のイベントであるジャパンエキスポ・パリ(Japan Expo Paris)は7月11日から、パリ郊外パリ・ノール・ビルパントで。 7月14日まで開催されます。

900以上のスタンド出展のほかに、カンファレンス、ショーケースライブもありで、90組の日本のアーティストの実演も。

第23回JEゲスト・ジャパンエキスポ

今年のゲストには、小室 哲哉さん、漫画部門では、声優の花江 夏樹さん、(『鬼滅の刃』竈門 炭治郎、『東京喰食トーキョーグール』の金木 研など)
ジャパン・エクスポ
(新)第23回JEゲスト(2024年) - Japan Expo Nihongo

会場↓ 住所は以下の通りです。
Parc des Expositions de Paris-Nord-Villepinte (会場名)
93420 Villepinte
France

シャンゼリゼ通り・ル・キャトーズ・ジュイエ

7月14日は祝日のフランス革命記念日で、この日はフランス語でキャトーズジュイエです。7月14日= Le Quatorze Juillet

毎年シャンゼリゼ通りで軍事パレードがあります(2023年のパリ祭)。

ところが今年のle 14 juilletル・キャトーズ・ジュイエ の軍事パレードは、シャンゼリゼ通りではなく、アヴニュ・フォシュであります。

コース変更は、オリンピック設備と聖火トーチコースとなりシャンゼリゼ通りからコース変更になりました。

フォシュ通りも凱旋門から放射線状に伸びている通りですので、大幅な変更とも言えません。

シャンゼリゼ通りの前日13日の様子をご覧ください。

バスティーユ広場・ル・キャトーズ・ジュイエ

オリンピックのトーチリレーで、コース変更となったシャンゼリゼ通りを通り、パリを回遊するリレーですが、午後からバスティーユ広場を通ります。

ちょうど革命記念日で、革命発祥の地とされているバスティーユ広場には、オペラ座があります。

広場にあるオペラ座の前で、アマチュアのダンサーが練習をしています。トーチリレー前の予備練習の風景です。

バスティーユ広場
バスティーユ広場

バレリーナのアマチュアさん達で、足の向きが違いますね。

国会の解散と6月30日と7月7日の国会議員選挙

欧州議会選挙の結果で、極右の躍進がきにいらなかった現職大統領は、フランスの国会を解散。 与党からも、野党から批判を受けた現職。 9月に行っていれば、批判もうけずに済んだのに、オリンピック前というタイミングで、マクロン党を離れるリーダーも。 その一人が前首相、オリゾンの党首。エドワール・フィリップでした。

フランス議会選挙の7月7日結果

解散後国会議員選挙が第1回目が6月30日と2回目投票が7月7日に行われ、その結果は↓の構成図で。

国会議員選挙結果

1回目の投票結果で、極右のRNが票を伸ばし、RNがマジョリティーを確保するというシナリオが予測され、2回目で阻止する動きがでたのです。

みつどもえを避け、可能性の低い党は辞退するという作戦です。

マジョリティーではない左派連合

3どもえを避け、立候補を辞退した結果、極右は議席を伸ばさず、マクロン陣営も、さらに左派連合のどの党もマジョリーとなる議席を確保していません。
le Nouveau Front populaire(佐原)=182 議席
Ensemble(マクロン党)= 163 議席
Rassemblement national(極右RN)=143 議席
の3つのポールに分裂となっています。
マジョリティーの党から首相を大統領が任命するのが、第5共和政のルールです。

どの党も議員数を確保できていないので、さらに連立をしないと法案を通せない状態です。

極右反対は成功しましたが、首相選びは難航しそうです。

議席を減らしたマクロン党の現職アタル首相は、今日7月8日に大統領へ辞表を提出したのですが、しばらく待って、と言われて、現状維持です。

左派の連立やRNがどう連立を組むのかが問題です。

パリ旅行・7月の天気と服装まとめ



国会の決議で、年金問題、農業問題、移民問題の扱いはマジョリティーとなる党の方針で変わってきます。 オリンピックをたのしみどころでもないモードになっています。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz

パリ旅行の安全対策は以下をご参照ください。

note.com