パリジャーナル

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

フランスでフリーランスになれる?オートアントロプルナーの申請と申告

企業に勤務をせずとも、就労ビザさえあれば、外国人でも合法的に個人事業者として起業できます。

個人事業者として収入を得、社会保険のカード(カルト・ヴィタル)を持続してもっていければ、病気になったときには安心です。

個人事業者のことを、フランスでは、オートアントロプルナーと言っています。

社会保険料を納めることで、カルト・ヴィタルを維持できます。将来の年金の積み立てや社会保険の維持する方法があるのかを調べてみました。

登録と申告の仕方をまとめてご説明します。

 

フランスでフリーランス、オートアントロプルナーになる

 

f:id:meringuefine:20200504032357j:plain

フリーランスのことをフランスではオートアントロプルナーと言います。

会社に勤務をしていない個人事業主のことですが、収入の枠が低めで、事業をスタートし、起業をするには、登記が簡単です。

登記申告するには、いくつかハードルがあります。

日本は、欧州共同体員ではありませんので、まず労働ビザを手にいれことが必要です。

フランスへフリーランス移住って可能なのか?

日本人のパスポートでなら、フランスに滞在が3か月までは可能です。

パスポートだけでは労働はできません。

ですので、フランスで労働をして収入を得ることができるようには、労働ビザを取得しないといけません。

以下の2タイプのビザ

  • 結婚ビザ
  • 労働ビザ

のどちらかで、オートアントロプルナーとして起業ができます。

登録後は、フリーランスの収入を得ることも、個人事業主としてお店を持つこともできます。

フランスでオートアントロプルナーとして起業する

フランスでは、個人事業主のことを、オートアントロプルナー(auto entrepreneur)といっています。

会社に勤務していない、自分自身が事業主ということです。

個人事業主としても職種には、弁護士や、医師、税理士などの自由業もありますが、古物商などの販売業でもオートアントロプルナーとして起業できます。

要は、所得が大体一月に3000ユーロくらいです。

これ以上になり、上限を超えると会社の形態を変更しなければなりません。

フリーランスとして収入があるが、収入金額がまだ安定していないなどの場合は、このオートアントロプルナーという形態が便利です。

オートアントロプルナーの形態だと、経理申告をしなくていいのが特に利点です。

オートアントロプルナーのためのビザ

オートアントロプルナーになるには、長期滞在ビザが必要です。

ビザの種類はフランス大使館のサイトでも説明がありますが、

 フランス日本大使館 

長期滞在をできることが証明できれば、オートアントロプルナーとして申請ができます。

この長期滞在ビザがあうということは、以下の2タイプのビザ

  • 結婚ビザ
  • 労働ビザ

を二つのどちらかを保有しているとうことです。

日本人がフランス人と結婚している。

パックスと言って、結婚ではないがフランス人と同居をして1年経過したから、長期滞在許可がおりた、また、会社に勤務をしていた時に、労働ビザを取得して、期間がまだ残っている、という場合にオートアントロプルナーの申請ができます。

これらの場合には、個人事業主として経営者となれるということです。

これらビザ以外にも、長期で滞在する方法は、

  • ビジター
  • 学生

の二つがありますが、ビジターは収入を得るのは禁止されていますので、オートアントロプルナーの申請ができません。

また、学生ビザでなら、会社に会社員という形で、週約20時間の勤務は可能ですが、オートアントロプルナーにはなれません。

フランスでネットワークがあり、フリーランスで収入もあるという方もいますが、労働ビザがないと、いくら収入があっても、日本の税務署で申告となります。

また183日制というのがあり、日本人のパスポートで3か月の滞在を2回するとして、合計6か月までの滞在までなら合法です。

「覚悟を決めてフランスに来た。。。」となっても、実際に移住の条件は以上のようなものに限られてしまいます。

 

フランスでオートアントロプルナー登録と納税

 

長期滞在許可書があり、上の章の労働ビザがあれば、登録はAutoentrepreneurのサイトでできます。

オートアントロプルナー登録のサイト

Autoentrepreneurの登録サイトはいくつかあります。

 

どちらもフランス語のサイトで、登録は通年いつでもできます。

社会保険庁(Urssaf)のサイトで登録すると、細かい業種のカテゴリーが出てきますので、リストの中から選択して登録を進められます。

また、会社を解雇されて失業中の場合に、Autoentrepreneurの申請をすると、個人事業者として申告する社会保険料の納付金が減額できます。

減額できるシステムのこととを、ACCRUと言って、3年間は納入金額を少くできます。

このACCRUの申し込みは、Autoentrepreneurの申請をして、45日間以内にしないと申請をしないといけません。

【ACCRU参照先】

 

Autoentrepreneurの申請をネットでしたら、即書類をそろえて、郵便局から書留で書類をおくるのが良いです。

 

オートアントロプルナーの社会保険料

フランスで解雇になって、1年もするとカルトヴィタルが使用停止になってしまいます。

カルトヴィタルは、社会保険料を納めていると自動更新されます。

社会保険庁の種類については、一般企業参加の社会保険と、事業主参加の保険が別でしたが、2020年から、2つのカテゴリーがまとめられました。

2019年の事業主のオートアントロプルナーの社会保険料の納入割合をまとめました。

オートアントロプルナーには、2種類あり、弁護士などのプロフェッショナル・リベラルと言われる師の業種をCIPAVになり、おなじサービス業でもアーティストなどは、RSIになります。

    1年目 2年目 3年目
RSI BIC/Ventes de marchandises (BIC) 3.2% 6.4% 9.6%
RSI BIC/Prestation de service BIC 5.5% 11% 16.5%
RSI BNC/Prestation de service BNC 5.5% 11% 16.5%
CIPAV BNC/Activités libérales (BNC) 5.5% 11% 16.5%

また、RSIでも、商品販売のみだとBICになり、商品の販売の他に日本語を教えるサービスタイプの仕事をしている場合は、同じBICでも、混合タイプの申告ができます。

ACCRUは3年適用になります。

社会保険の納入金額は、1年目に毎月2000ユーロと仮定すると、3か月で合計で6000ユーロです。

四半期の支払いは、6000ユーロの5,5%ですので、330ユーロです。

翌年は、11%ですので、四半期の支払いは660ユーロです。

たとえば、毎月の収入が300ユーロだっとしても、申告さえして納入すれば、カルトヴィタルは手にでき、フランスの医療が受けられますので、有意義だと思います。

以上は、社会保険の面からですが、税金は税務署に納めます。

納税申請をする再に、収入の1%のみを別途払う方法と、家族と合算して払うと、2通りあります。

どちらかが得かは、世帯所得でチェックすべきです。

年収シュミレーションでチェックするのが良いです。

フランスのオートアントロプルナー年金と日本の年金

日本で長期勤務後、フランスでも何年か働く、または、途中からずっとフランスで働く場合は、日仏租税条約が2006年に締結されましたので、合算して年金を受け取れます。

ですので、日本での社会保険料支払いで、年金がどれくらいになるのかを、一度調べておくのが良いです。

フランスでオートアントロプルナーとして保険料を支払えば、年金の納入もしたことになりますので、金額が少なくとも、プラスになっています。

四半期のことを、トリメストル(trimestre)と言っていますが、このトリメストルがいくらかで、貰える金額も、年金開始年齢も変わってきます。

2019年の年金としてカウントされる最低金額は、

 

    1四半期 2四半期 3四半期 4四半期
RSI BIC/Ventes de marchandises (BIC) 3985€ 7040€ 10145€ 20430€
RSI BIC/Prestation de service BIC 2220€ 3925€ 5655€ 11850€
RSI BNC/Prestation de service BNC 2510€ 4470€ 6495€ 8980€
CIPAV BNC/Activités libérales (BNC) 2246€ 4491€ 6737€ 8892€

オートアントロプルナーの申告は、税務署の監査が必要ありません。インボイスの提出もありませんので、経理書類の提出もありません。

納める社会保険料が少なくとも、支払う金額次第で、トリメストル数が変わってきます。

年金を受ける権利が増えますので、日本の分と合算してすこしでも多くもらえるように準備を進めるのが良いです。

 

まとめ

オートアントロプルナーの起業申請とトリメストルについてまとめました。

フリーランスという言葉がありますが、必ずしも自由に起業できるというわけではないです。

日本は欧州共同体の加盟国ではありませんので、パスポートで3か月まで滞在できますが、居住は年間6カ月までで、オートアントロプルナーにはなることができません。

それに反し、フランス人のパートナーがいて、自分が失業して労働許可書がある場合は、企業に勤務しなくとも、オートアントロプルナーになり、収入をえることができます。

離婚などもありえることですので、フランスでそのまま居住していくには、納税しているという書類は味方になってくれる要素です。

また、将来の年金をなるべく多くもらえるように、トリメストル数を多くし、日本の年金とも合算して多くなるように、いまから書類の取り寄せなどもしておくのがいいですね。

また、ワーホリでフランスで勤務した場合も、社会保険庁へ連絡をとり、年金の支払い証明も取り寄せておくのが良いと思います。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz