パリジャーナル

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

アンサンブルアンフランセのJohann講師は?感受性を大事にする先生の語彙がいい

アンサンブルアンフランセのスカイプレッスンの受講を考えている方に、Johann先生をご紹介します。

パリのINALCOで日本語の学士号を取得した先生で、日本人のメンタル面がわかる方です。

それもそのはずで、Johann先生は、パリからそう遠くないコンピエーニュという都市で日本人へレッスンをしていたということです。

柔らかい話しができる先生で、ピアノも弾けたりと、教養が深くかなり魅力を感じる先生です。

アンサンブルアンフランセの講師Johann先生

f:id:meringuefine:20200504032502j:plain
アンサンブルアンフランセ

アンサンブルでまた新しい先生のデビューがありました。Johann先生をご紹介します。

Johann先生のレッスンの内容と反応

アンサンブルのサイトでJohann先生の経歴欄に、「知られていない場所(穴場)の発掘、文章を書く、作曲する」とあったので、凄く共感して、レッスンを受けました。

ガイドブックにある場所だから惹かれるというのではなく、有名でない場所で凄く感動した場所もあったりしますよね。

そんな場所を感じる感性が好きだなと思ったのです。

それと、ピアノも弾いてご自身で作曲をするなど、「グラーシュ(ハンガリー料理)」が好きなもというのも、いいですよね。

Johann先生のレッスンでは、調べ物がしたかったので、手伝ってもらいました。

自分で一人でも調べるのはできますが、その道に詳しいフランス人にしてもらうと時間が短縮できます。

また、その探し能力も、その先生のバックグランドを見て、探したかった内容を知っていると思ったからで、カンは当たっていて、かなり満足度の高いレッスンとなりました。

【レッスンで勉強した単語】
Une dévalorisation passive. (受動的価値の喪失)
les lettres de noblesse . (貴族への手紙=証明証)
une filière professionnelle(職業方面)

などです。

フランスでは、アーティストや手細工の仕事が、エンジニアに比べて評価されていない歴史がありました。

今でもそうなのですが、数学ができる生徒が評価されるのは今でもあります。

フランスではオートクチュールのコレクションもあるので、細工をする職人さんの給与や、ガストロノミーの料理業界の労働条件も過酷で、働いても直ぐにやめるのは、社会的評価が低いというのがあります。

先進国ならフランスに限ったことではないですが。

社会的評価の話しになり、単語を教えてもらいました。

Johann先生のレッスンの特徴

相手のいうことはかなり丁寧に聞いてくれて、説明が丁寧です。

質問内容ではネットでの調べ方、その方面の全体のことと、社会背景を説明してくれます。

色々テーマについて、掘り下げて質問をしたのですが、嫌な顔も疲れた顔もされず、とてもいい印象です。

 Adrien先生  ●講師歴2021年1月より パリのINALCOで日本語の学士号を取得し、フランス語と日本語の講師として豊富な経験を持つJohann先生は、二つの言語の相違点を熟知しているので日本人フランス語学習者の得意と苦手をふまえた解説を丁寧に行います。発音矯正も得意とし、レッスン中は自発的に同義語や類似表現について質問しヒントも出してくれるので、効果的かつ内容の濃い指導が持ち味です。


●【レッスンスタイル】 何よりもまず、生徒さん個人の希望や興味に応じてレッスンを組み立てます。レッスン時間がフランス語を使った実践的なやりとりの場となるよう心がけます。また、毎回のレッスンが最大限「完全」になることを目指しています。例えば、最初は発音についてのレッスンをすると決めたとしても、常にその中に文法や語彙を少し織り込むようにしています。レッスンでは動画や文章など教材を使って教えることが好きで、教材は生徒さんに送ってもらうか僕が提案します。

入門〜初級/ 自分について話せるようになる(自己紹介、趣味、仕事など)、話を物語る、日常生活に必要な語彙を身につける、初級文法を学ぶ(現在形、複合過去、名詞の性数など)

中級/ シンプルな文を組み立てながら自分の選択や意見を述べられるようになる、自分が思うこと/望むこと/手に入れたいこと/欲しいと思っていることを話す、語彙を強化する、同義語を探す、文法理解を深める(半過去、大過去、未来時制など)

上級/ 発音を完璧に近づける、テクストを読み主要な考えを拾い上げながら分析する、表現力を高める、様々な意見についてディベートを行う、論証する、特徴的な話し方を区別する(皮肉、隠語、言葉のあやなど)、文法理解をさらに深める(条件法、接続法など)

引用先  講師|アンサンブル アン フランセ|オンラインフランス語学校

ゆっくり説明をしてもらい、質問をするとすぐに聞く体制に入ってくれて、話題を発展させて、興味がもてる話しができる先生です。

 

レッスンのお申し込みは


無料の体験スカイプレッスンを申し込んでみる


まとめ

アンサンブルアンフランセのJohann先生のレッスンをご紹介しました。

フランスにいる間から企業勤務よりは、オートアントロプルナーで仕事をされていた先生です。

ですので、フランスで自分で企業を考えている方にも質問ができて、適切な先生と思います。

パリのINALCOで日本語の学士号を取得した先生ですので、日本とフランスの文化の違いご存じです。

フランスと日本の違いや考え方、表現の違いなども踏まえて答えてくれ、感受性が高い先生だとおもいました。

温厚な人柄でかなりオススメです。

その他、アンサンブルアンフランセのレッスンの特徴については、↓こちらの記事もご参照ください。

www.franceinfos.xyz