パリジャーナル

Sakurako・パリ観光・パリ旅行・パリのレストランの最新情報サイト

パリ観光

パリ観光をするための、デパートや公園、広場、パリの街並みおすすめ観光スポットを撮影した写真つきでおすすめコースを解説しています。

パリ観光を満喫するための知っておきたい穴場11のスポット情報

パリ観光の穴場は、地元の人はしっているけれど、一般的に観光客にはあまり知られていないスポットです。歴史や文化的背景を持つ場所、隠れた美しい景色などが楽しめます。

パリの象徴的な建造物、エッフェル塔の見どころと見学コース

パリを代表する象徴的な建造物といえば、エッフェル塔が挙げられます。 エッフェル塔は、1889年のパリ万博に合わせて建設され、当時の最先端技術を駆使して作られました。 建設には批判を受けていましたが、今では多くの人々が訪れています。 この記事では、…

初めてのパリ観光を120%楽しむ25のポイントとナヴィゲーション

パリ観光をする前に知っておきたい基礎知識として、天候~服装~移動手段、ユーロ外貨の入手やシャルルドゴール空港からの移動について、間引き運転になっているストでRERやメトロについて

パリ12区の見どころ!フランス革命の起点バスチーユ広場他クレベルト散策コース

パリの12区は、ヴァンセーヌの森がある区で、20区のうちでは面積が最も大きいのです。 ルーヴル美術館のような目立ったものがない区ですが、なんといっても、歴史的にみて、フランス革命のバスティーユ襲撃の発端となったフォーブール=サンタントワーヌ(Fa…

パリ噴水広場オススメ12選!サンミシェル広場の噴水とリュクサンブール公園の天文の泉他

パリには噴水広場が多いです。 ナポレオン3世のパリの都市計画で森や公園、噴水広場が設置されました。 有名なのは、リュクサンブール公園の中や、サンミシェルの広場です。 パリの噴水広場おすすめ12選(リーヴ・ゴーシュ) 1・パリ6区カルチェラタンのサ…

パリの街並とは?区(カルティエ)ごとの古いパリと新しいパリの街歩き

古いパリと新しいパリが混同する街並みのパリです。オスマニアン建築後から150年した新しいパリの建造物をみての街歩きをしてみました。

エドワード7世広場はパリ9区?広場にあるフェリス・ヴァリーニ

パリの9区にイギリス王室のエドワード7世広場があります。 騎馬像が広場の中央に設置されていおり、エドワード7世の名前の劇場もあるほどなのです。 パリ好きな王としても知られおり、ヴァンドーム広場に近い場所に広場があり、エドワード7世広場となって…

パリ18区の見どころ!モンマルトルの丘のテルトル広場からサクレクール寺院まで

パリの18区には、モンマルトルの丘があり、その頂上にはサクレクール寺院がそびえています。 モンマルトルの丘とサクレクール寺院の雰囲気、ダリダの家ピカソやルノワールや印象派の画家住んでいた、バトー・ラヴォワールなど、モンマルトルの丘はパリの北に…

パリのシャトレ広場にあるサン・ジャック塔とヤシの木の泉はどんな塔?

パリのど真ん中にはシャトレ広場があります。 そこにポツンとみえるのが、サン・ジャック塔(la Tour Saint Jacques)です。 この塔は素朴な外観で、教会のようにも見え、何なのかと思う方も多いのではないでしょうか。 そしてもう一つあるのが、ヤシの木の泉…

パリ在住者オススメのパリのデパートは?老舗とリニューアル組紹介します

パリのデパート巡りもパリ観光の楽しみです。 デパートには老舗のデパートと、リニューアルしたデパートがあります。 リニューアルして目立っているのは、なんと言ってもサマリテーヌです。 とはいえ、リニューアルをしていなくとも、老舗のボンマルシェには…

パリ16区パッシー駅とトロカデロ広場!穴場なスナップショットに

パリの16区にあるパッシーとトロカデロ広場をご紹介します。 パッシーとトロカデロ広場からはエッフェル塔が近いのです。 そこでこの記事では、パッシーからエッフェル塔までの穴場の様子をご紹介します(^^♪ パリ16区のパッシーとトロカデロとビル・アケム …

パリ17区ジャン=ジャック・エンネル美術館(Jean- Jacques Henner)

先日ジャン=ジャック・エンネル美術館(Musée Jean-Jacques Henner)に行ってきました。 エンネルという画家の美術館です。 17区のヴィリエ駅と、マレゼルブ駅近くにあり、エンネルと交流のあった画家の、ギョーム・デュビュフの住居兼アトリエを、エンネルの…

パリのスーパーのモノプリで買えるもの!お土産で何がお得?

パリの観光中に、モノプリでショッピングするのに、食料品を中心に、その他化粧品・雑貨など、手軽なお値段のものをお伝えします。 モノプリカードがあると、割引価格で買えたり、後でキャッシュバックがあります。 今年2022年10月に品物を追加しました。 コ…

パリ12区の倉庫跡のベルシーにあるプティット・サンチュールとは?

パリ東部、ヴァンセーヌ森の隣に廃線になった駅跡があります。 プティット・サンチュールという、廃線跡が散歩コースになっています。 そこはまさしくストリートアート! ヴァンセーヌ森は地下鉄ポルトドレ駅にあり、駅から徒歩10分です。 プティット・サン…

パリの20区ナションにあるプランタンデパート!メンズ(オーム)ブランド

パリのナション広場にもプランタンデパートがあります。 本店オスマン店に比べるとローカルな感じです。 しかし、人も少なくてゆっくりと買い物ができます。 昨日はメンズのチノパンツを買ってきました。 ご紹介します。 パリ20区ナションのプランタンデパー…

パリのオルセー美術館でガウディ展が今!7月17日まで

パリの7区のオルセー美術館(Musée d'Orsay)で、ガウディ展が4月中から開催されています。 アントニ・ガウディといえば、スペインのカタルーニャ出身の建築家です。 バルセロナを中心に活動し、特にサグラダ・ファミリア教会、グエル公園、カサ・ミラのよう…

フランスバターのベイユヴェール本店とパリ店舗!ヤギや羊のヨーグルトとチーズ?

フランスの発酵バターといえば、ベイユヴェールがあります。 発酵バターのボルディエがノルマンディーなら、このベイユヴェールはフランス西海岸のバターブランドです。 発酵バターのこのベイユヴェールのバターは、滅菌していないバターで、「生バター」な…

バッサン・ドゥ・ラ・ヴィレットのウルク運河のライトアップの散歩コース

先日パリの19区のバッサン・ドゥ・ラ・ヴィレットに行ってきました。 そこにはウルク運河があり、夜にはライトアップが今綺麗です。 バッサン・ドゥ・ラ・ヴィレットはウルク運河に沿って歩道になっていますので、そのまま東へ行くと公園や音楽ホールがある…

パリモードのガリエラ宮モード美術館にてヴォーグパリ展

パリの16区のガリエラ宮モード美術館(Palais Galliera/Musée de la mode de la Ville de Paris)で、モード雑誌VogueParis展が10月はじめから開催されています。 ガリエラ・モード美術館はイタリア・ルネッサンス様式の、フランスモードの歴史、服飾を展示し…

ピカソ国立美術館(パリ)への行き方は?サンポール駅~セヴィニエ通りから

パブロ・ピカソは20世紀で一番有名な画家、その美術館「パリ国立ピカソ美術館」がパリのマレ地区にあります。 国立美術館となっているのは、ピカソ死後、遺族がフランスへ相続税として納めた作品が展示されているからです。 美術館となったのは、17世紀に建…

ドラクロワ美術館(パリ6区)への行き方!サンジェルマンデプレ教会から直近か

パリ観光で外したくない6区、サンジェルマン・デ・プレにドラクロワ美術館があります。 ドラクロワがアトリエ兼自宅にしていた場所が美術館になったのです。 絵画だけではなく、直筆の手紙やデッサンも展示されています。 図書室、アトリエのテーブルなども…

パリにある穴場の凱旋門(Arc de triomphe)はシャンゼリゼ通り以外にもあり?

パリの凱旋門といえば、シャンゼリゼ通りにある「凱旋門」が有名です。 フランス革命記念日には、この凱旋門から軍事パレードが始まる、由緒ある記念碑です。 凱旋門として紹介されている大きな門にはいくつかあり、ビジネス地区のラ・デフォンスにも、大き…

ミッシェル・ポルナレフのフランスでのデビューからスーパースターへの道

この記事ではミッシェル・ポルナレフがどのようにフランスでスーパースターになって行ったのかをご紹介します。 今はフランスに住んでいないポルナレフで、たまにフランスにコンサートにくるくらいです。 デビューした当時は、過激な格好のアルバムジャケッ…

パリオペラ座への行き方!ガルニエ宮とバスチーユ

パリのオペラ座は2つあり、オペラ座駅にあるガルニエ宮と、バスチー広場にあるオペラ座です。 2つのオペラ座は、建築時期も、建築スタイルも、また雰囲気が全く違います。 ガルニエ宮では、メインにバレーが、バスチーユのオペラ座ではオペラが演じられて…

ヴァンセーヌの森前のフランス国立移民史博物館と周辺のレストラン

パリの東部にあるヴァンセーヌの森の前にある、フランス国立移民史博物館をご紹介します。 フランスでは美術館、博物館等は毎月第一日曜日には無料拝観ができます。 10月の第1日曜日に、フランス国立移民史博物館に行ってきました。 国立移民史博物館は、パ…

ロダン美術館(パリ7区)への行き方と見どころ!

彫刻家のロダン美術館をご紹介します。 こじんまりとしている美術館ですが、パリの美術館で入場者数が多い順でトップ10入りしています。 1位のルーブル美術館、 2位のオルセー美術館、 3位のポンピドーセンター(パリ現代美術館) のあと、10位につけてい…

フランス首相官邸「Hôtel de Matignon」!パリのオテル・パルティキュリエとは?

フランスにはお城が沢山あります。 ロワール河流域にはシャンボール城やシュノンソー城など、有名なフランスの歴史建造物となっているお城があります。 同じお城でもパリ市内にあるのは、「オテル・パルティキュリエ」と言われており、小ぶりです。 パリ市内…

フランスバターのボルディエのサンマロ本店とレストランの料理は?

数あるフランスのバターの中で、人気のバターといえば、やはりボルディエのバターですね。 本店はノルマンディーのサンマロにあります。 観光地として知られる風光明媚な海岸のサンマロで作られるバターということで、イメージもいいです。 それにバターも色…

ヴォージュ広場とシュリー館の歴史!周辺のカフェもまとめてご紹介

ヴォージュ広場は、パリの3区と4区をまたがるマレ地区にある歴史的建造物となった広場です。 マレ地区は現在アーティティックな場所としてパリの観光名所になっていますが、作家のアンドレ・マルローが文化相として地区整理をするまでは、今のようなおしゃれ…

パリのストリートアートはどこで見れる?13区のナショナルの壁アート

パリのストリートアートといえば、13区のナショナル駅の周辺にあるのがオススメです。 2017年くらいからナショナル駅周辺のアパートの壁に絵が描かれて始め、あっというまにストリートアートのメッカになりました。 ストリートアートは、その他に、サン・マ…