パリジャーナル

Sakurako・フランス生活・パリ観光・フランス語・フランス移住・パリ留学

ルーブル美術館内と周辺のおすすめレストラン5選!ランチは優雅にテラスで

スポンサーリンク

パリのルーブル美術館周辺のレストランをご紹介します。

ルーブル美術館の敷地内には、ルーブルを背景に食事ができるレストランがあります。

せっかくですので、絵画のようなルーブルの美観を借景にして食事もしたい!という方にオススメのレストランです。

眺望抜群のレストランと、その周辺にあるカフェスタイルのレストラン含めてご紹介します。

ルーブル美術館周辺のレストラン5選

ルーブル美術館の敷地内にある眺望良好のエレガントなレストランです。

1.ルル

ルーブル美術館の庭にある、レストラン「ルル」です。

このルルは、広大な敷地にあり、ルーブルを見ながら食事ができます。

ルーブル美術館とは別経営で、Musée des Arts décoratifs、装飾アート美術館に隣接しています。 テラス席の食事がエレガントです。

レストラン「ルル」中庭

料理長はBenoît Dargère(ブノワ・ダルゲールさん)で、イタリア料理を前菜からゆっくりと楽しめます。

イタリアンの前菜といえば、オベルジン(ナス)ですが、トマトソースとパルメザンチーズをベースの上にナスを添えています。

【ナスのトマトソースのソテーのパルメザンチーズかげ】

 

イタリアンといいますと、生ハムが充実していますが、黒トリュフ入りのモルタデッラです。

【黒トリュフのモルタデッラ】

メインには、生のマグロのマリネのタリオリーニを選びました。

【生のマグロのマリネのタリオリーニ】

と、

【ラヴィオルのエンドウ豆のピューレ添え】

デザートには、アフォガート・ショコラカフェは、チョコレートとカカオの2重奏のアイスクリームです。

それにさらにチョコレートをかけて食べるデザートです。ナッツも沢山入っていて、アイスクリームに合います。

 

【アフォガート・ショコラカフェ】

予約は【ラ・フルシェット】のサイトか、直接ルルのサイトからでも予約ができます。

 

レストラン●名前 : Loulou 住所 : 107 rue de Rivoli 75001 Paris 電話 : 01 42 60 41 96

最寄り駅 : メトロ : Palais Royal-Musée du Louvre (1 番線)

定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時~23時 定休日なしです。 一人ワインを入れて70ユーロくらい。景色は抜群です。

2.カフェ・マルリー

もう一つのレストランは、ルーブル美術館の中庭の回廊にある、ピラミッドが目の前に見えるカフェです。

カフェ・マルリーのテラス席

カフェCafé Marlyといって、カフェ形式で朝から夜までノンストップで営業しています。中庭沿いの部分はテラス席になっていてルーブルの建物とピラミッドが見えます。

夜はルーブルがライトアップされますので、テラス席でディナーをすると、なかなかロマンチックな時間となりそうです。

美術館とは別ですので、ルーブル美術館を見学しなくとも、そのままテータイムも、ランチもできます。

カフェ・マルリーのテラス席

またこのレストラン中でも食事やカフェができます。

ただ、値段がすこし高めの設定になっています(^^♪

 

レストラン●名前 : Café Marly 住所 :93 Rue de Rivoli 75001 Paris 電話 : 01 49 26 06 60

メニューがなくアラカルトで、前菜19から、メインが28から、デザートが16ユーロから。

食事なら一人ワインを入れて60ユーロくらい。

地下鉄最寄り駅 : Pyramides (14 番線)とPalais Royal-Musée du Louvre (1 番線)、

定休日と営業時間: 8時~2時 ノンストップ。

ルーブルからマドレーヌ寺院も近いです。寺院を見ながらテラスで食事ができます。

3.カフェ・プーシキン

➡コロナになり、プーシキンはクローズとなっています(2022年)。 ロシアのプーシキンカフェがパリにもあります。カフェスタイルですが、軽食だけでなく、お茶だけでもOKです。

店員さんのサービスの質が良いですし、陳列ケースでケーキを選べます。

ケーキの一つ目は、黒サクランボのパンナ・コッタ(手前)です。

もう一つが、「クープ・モンブラン」です。

このモンブランは、アイスクリームにシャンティイを乗せているのですが、中に入っているアイスクリームが何種類があり、甘さ控え目で、栗の甘さでちょうど良く、上品に仕上がっています。

飲み物は、ラム酒にしました。モンブランとラム酒はなかなかいけますね。

黒サクランボのパンナ・コッタには、ボルドーのペサック・レオニャンの赤ワインを合わせました。

テラス席は、マドレーヌ寺院を見ながら食事ができます。

レストラン●名前 : Café Pouchikine

Café Pouchikine 18 Place de la Madelaine 75008 Paris

●デザートは8ユーロから。ワインは10ユーロからです。

最寄り駅 : メトロ : Madelaine 駅 (14号線)

4.ルイーズ・カフェ

ルイーズ・カフェはルーブル美術館とパレ・ロワイヤルの間にあり、美術館からは10歩程歩くとすぐに見えてきます。

カフェスタイルのレストランです。

ルイーズ・カフェーのカウンター

オーナーが年配の女性で、家族経営で家庭的な雰囲気を漂わせているお店です。

コッコ・ヴァン

メニューもコッコヴァンなど、フランスの伝統的な料理も出している、ツーリストで賑わうなか、独特なもてなしをしています。

この日は前菜なしで、メインを注文しました。

ジャガイモのピューレと鴨肉を合わせてオーブンで焼いたアシ・パルモンチエールです。

アシ・パルモンチエール

それから、メインのもう一品はコッコ・ヴァンです。鳥肉にはたっぷり脂身があり、ワインとじっくり煮込んであります。

 

そして、デザートは、こちらプロフィトールです。二人で食べれるようにスプーンを二つつけてくれました。

プロフィトロール

内装が茶色で統一されていて、とても落ち着く空間です。(^^♪

レストラン●名前 :Louise - Palais Royal 住所 :8, rue Croix des Petits Champs 75001 Paris France 電話 :01 42 60 22 44

お昼メニューがなくアラカルトで、前菜が11から、メインが15から、デザートが8ユーロから。

地下鉄最寄り駅 : Palais Royal-Musée du Louvre (1 番線)

定休日と営業時間: 9時30分~22時 定休日は日曜日。

5.ヴェロ・ドダ(パッサージュ内)

ヴェロ・ドダのパッサージュは、ルーブルから徒歩10分のところです。

レストランの名前がアーケードの名前になっています。

パッサージュはフランス語で、アーケードのことで、中に入ると、東西につきぬけられます。

ヴェロ・ドダのパッサージュ

 

パッサージュに入るとレストランが見えてきます。

  店中は、1階の他に2階席がありますが、お昼に行けば予約しないでもだいたい大丈夫です。

ただ急に団体さんがくると、すぐ埋まってします。

中はこじんまりしていますので、一人で行ってもきになりません。

お昼のランチメニューは、メインディッシュが15,5ユーロで、デザートも別に注文できます。

マスのクリームソース

この日のメインは、マスのクリームソースに、スムル添えでした。

こちらのお店は、ご夫妻で経営されていて、注文すると直ぐでてきます。

ワインもグラスワインも注文できます。 こちらもテラス席があります。

VERO DODAT●名前 :ヴェロ・ドダ 住所 :19, GAL Véro Dodat, 75001 Paris France 電話 : 01 45 08 92 06

お昼のメインが15,5ユーロから、セットでデザートが2ユーロプラスです。

地下鉄最寄り駅 : Palais Royal-Musée du Louvre (1 番線)

定休日と営業時間: 12時~16時 18時30分~21時30分、 定休日は日曜日。

 

 


まとめ

ルーブル美術館敷地内と、その周辺のレストランをご紹介しました。

ルーブル美術館の眺望は抜群で、春から秋はオープンテラスでの食事は優雅で、ルーブルを眺めながら食事は癒されます。

観光先で疲れてちょっと一服したいときに、とりあえず飲み物でもOkです、おすすめです。 今回の5選では、全てテラス席があります。

ボンナぺティ(^^♪

2022年最新の5つ星ホテルのレストランはこちらです。↓ note.com

www.franceinfos.xyz