パリジャーナル

Sakurako・フレンチレストラン・シェフ・フランス移住・パリ留学

パリのプランタンのブラッスリー!天井のステンドグラスとランチ

f:id:meringuefine:20201118222816j:plain

パリのプランタンデパートにあるブラッスリーの天井がステンドグラスになっています。

このブラッスリーは、プランタンデパートのオスマン店(本館モード館)6階にある「ラ・ブラッスリー・プランタン」です。

天井のステンドグラスの光で、その独特な雰囲気があります。

「ラ・ブラッスリー・プランタン」をご紹介します。

プランタンのブラッスリーの天井のステンドグラス

レストラン名が、ラ・ブラッスリー・プランタンです。

f:id:meringuefine:20201118222724j:plain

ラ・ブラッスリー・プランタンの天井のステンドグラス

f:id:meringuefine:20201118222816j:plain

プランタンが建設されたのは1865年です。

建物の装飾は19世紀末ヨーロッパで始まった国際的な美術運動、「アールヌーボー」スタイルで、花や植物などのモチーフが施されています。

建物を設計したポール・セディーユが、ガラス工芸でアール・ヌーヴォーの丸い屋根を囲み、当時近代建築のモデルとなったのでした。

1867年には、パリで開催された国際博覧会で、階段が展示され、それがこのデパートに設置されるなど、当時の画期的なアート作品がほどされていったのです。

1975年には、別館の紳士館は歴史的建築物と指定されました。

ラ・ブラッスリー・プランタンのランチ

La Brasserie Printemps(6階のラ・ブラッスリー・プランタンのサロン) ステンドグラスがテーブルに反射しています。

f:id:meringuefine:20201118222837j:plain

ブラッスリーは、円形で、席がゆったりとしています。

f:id:meringuefine:20201118222803j:plain

ランチは、アントレとメイン、メインとデザートの、2品。または3品を選べます。

f:id:meringuefine:20201118222827j:plain

メインのロティドゥポールです。

f:id:meringuefine:20201118222847j:plain
Rôti de porc(ロティドゥポークとジャガイモのピューレ)

デザートのダクワーズ

f:id:meringuefine:20201118222733j:plain
ダクワーズとメレンゲ

La Brasserie Printemps名前 ラ・ブラッスリー・プランタン
住所 60 boulevard Haussmann 75009 Paris France
最寄り駅 : メトロ : Havre caumartin 駅 (9号線)
営業時間 昼12時~夜20時(現在コロナでクローズドしています)
電話 +33 1 42 82 58 84
料金 2品27ユーロ。3品31ユーロ。

 

館内フロワーのステンドグラス

ラ・ブラッスリー・プランタンをでると、フロワーの階段にも、ステンドグラスがあります。

f:id:meringuefine:20201118222744j:plain

去年のクリスマスの頃のクリスマスツリーです。

f:id:meringuefine:20201118222753j:plain

まとめ

プランタンデパートのラ・ブラッスリー・プランタンをご紹介しました。

綺麗なステンドグラスに囲まれてのランチは、なんとも雰囲気がよく、美味しく頂けれました。

今のところ、レストランは2021年1月中まで閉まっています。

その後、また再開できることを祈ります。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz