パリジャーナル

Sakurako・フレンチレストラン・シェフ・フランス移住・パリ留学

パリのキャビア・レストランのおすすめはキャビア・カスピアはギャラリー・ラファイエット内

f:id:meringuefine:20201114035104j:plain

パリのキャビアの専門店をご紹介します。

ギャラリーラファイエット内にあるカフェ・レストランです。

お気軽に入店できて、簡単にそれでいて、せっかくですのでシャンパンも一緒に飲むと、優雅なひと時を過ごせのるは間違いなしです。

キャビアは、チョウザメの卵の塩漬けで、独特な味わいがあります。

日本でなら、イクラや筋子、どびっこもありますが、どういう訳かキャビアは世界3大珍味で、イクラはそうではありません。

イクラの格が低いとかそんな意味ではなく、キャビアはやはり生産量が少ないので、珍味ということなのでしょう。

前置きはさておき、早速キャビアが美味しいパリの専門店をご紹介します。

 

パリのキャビア・レストランのキャビア・カスピア

 

f:id:meringuefine:20200207175500j:plain

キャビアの専門店のキャビア・カスピアが、ギャラリー・ラファイエットのオスマン店にもあります。

ギャラリーラファイエットにあるキャビア・カスピア

本店がマドレーヌにある、キャビア・カスピアは、レストランができてから100年近くもあるキャビア専門店です。

創設者は、ロシア人移民のアルカディ・フィクソンさんで、食文化をパリに広めたいという思いでオープンしたということです。

キャビアといえばロシアです。食文化の発達しているパリであれば、需要があります。

レストラン本店は、マドレーヌ広場にあり、1階にブティック(キャビアなどの販売店舗)、2階にレストランがあります。

そしてギャラリー・ラファイエットの1階(日本語で2階)に、キャビア・カスピアの専門バーがあります。

 

【キャビア・カスピアのバー】  

ギャラリー・ラファイエット、オスマン店のモード館本店の1階にあります。

f:id:meringuefine:20201114035055j:plain

カウンター席からは、ギャラリーないが見渡せます。

ギャラリー・ラファイエットですので、バーと言っても高級感があります。

照明も明るく、店内が綺麗です。

 

f:id:meringuefine:20200207175505j:plain

テーブル席と、カウンター席があり、席は自由に選べます。

キャビアは3種あり、

  • キャビア・オシェトラ・リザーブ
  • キャビア・ロイヤルベルーガ
  • キャビア・バエリ

があります。

お薦めは、キャビア・バエリ(CAVIAR BAERI)です。

〈キャビア・バエリ〉 ロシアのチョウザメをフランス、イタリア、ブルガリアで養殖しています。かなり暗い色で、味は繊細でコクがありマイルド。ヘーゼルナッツのような風味があります。

このバリエのキャビアはシャンパンとセットになっています。

 

f:id:meringuefine:20200207175245j:plain

キャビアは10グラムで、ビニと生クリーム(下の段)がついてきます。

レモンもプレスができるように、ビニに生クリームとキャビアを乗せ、レモンもふりかけると、「美味しい~」です。

ビニは5つのみで、10グラムですので、お腹が一杯になるというものでないです。

シャンパンも一緒にのむと、とても贅沢な一瞬です。

キャビア以外では、海産物のサラダや、卵料理もあります。

f:id:meringuefine:20200207175253j:plain

サラダには、ブリオッシュがついてきます。

その他には、デザートが充実していて、ショーケースを見にいって、そこで選べます。 ジル・マルシャルのケーキです。幸せ~😊😊

f:id:meringuefine:20200207175258j:plain

パティシエ、ジル・マルシャルのデザートは美味しいです。

 

レストラン●キャビア・カスピアのバー、ギャラリー・ラファイエット本館1階

キャビアは10グラムから、シャンパンとセットで39ユーロ。 サラダ、デザートセットは20ユーロくらい。
住所:40, Boulevard Haussmann, 75009 Paris
●キャビアカスピアの本店
住所:17, Place De La Madeleine, 75008 Paris
ホームページサイト https://www.caviarkaspia.com/

 

まとめ

ギャラリーラファイエット内の、キャビア・カスピアをご紹介しました。

キャビアは世界3大珍味の中でも、一番割高ですが、その分美味しいです。

美味しく感じるのは、その場の雰囲気もあります。

マドレーヌの本店でももちろん食事はできますが、ギャラリー・ラファイエットのキャビア・カスピアなら、バー形式で一人でも行けて楽しめます。

お昼に一人で来ている人も見かけますし、ゆっくりと自分だけの時間を持つといういみでは、シャンパンも飲んで、優雅なひと時が過ごせます。

パリ行きのチケットの買い方についてこちら↓の記事にまとめました。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz