フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

ギャルリーヴィヴィエンヌ(歴史的建造物)の住所とランチ!ヴィクトワール広場すぐ隣

スポンサーリンク

f:id:meringuefine:20200816034031j:plain:w700
ギャルリーヴィヴィエンヌ

ギャルリーヴィヴィエンヌといえばパリでもその綺麗なアーケードで有名な歴史的建造物です。

ヴィクトワール広場とフランス銀行がすぐ隣にあり、ギャラリー(フランス語ではギャルリー)と言えるほど、アーケードの中は画廊のように綺麗な店舗ばかり。

お店はカフェ、レストランや、本屋さん、プレタポルテ店、スカーフ店がありますが、散歩をしてみると歴史を感じます。

このギャラリーは、フランソワ・ジャン・ドゥラノワという建築家の設計で、1823年に建てられ、1974年に歴史的建造物に指定されました。

このギャルリーヴィヴィエンヌの隣には、ギャルリーコルベールがあります。

アーケード中で屋根を見上げると、日差しが明るく差し込み、石の床が当時のモザイク模様で描かれているのがとても綺麗です。

そんな、散歩をしてみたくなるギャルリーヴィヴィエンヌにあるレストランカフェのランチをご紹介します。

ギャルリーヴィヴィエンヌの住所とランチ

f:id:meringuefine:20200816034035j:plain:w700

ギャルリー・ヴィヴィエンヌは、ヴィクトワール広場からオペラ座へ向かってプティ・シャン通りを歩くと直ぐ隣にあります。

f:id:meringuefine:20200308013758j:plain:w700
ヴィクトワール広場

ビストロ・ヴィヴィエンヌのカフェ

f:id:meringuefine:20200308013753j:plain:w700
ビストロ・ヴィヴィエンヌ

プティ・シャン通には、「ビストロ・ヴィヴィエンヌ」2軒あり、ギャラリーの中にも、テラス席があります。

ギャラリーのアーケード中は、画廊のようです。 屋根の天井からの明かりも、綺麗です。

f:id:meringuefine:20200817211103j:plain
ビストロ・ヴィヴィエンヌ
f:id:meringuefine:20200308013544j:plain
ビストロ・ヴィヴィエンヌ

ギャラリーの中に入り、プティシャン通りに向かって、右手がビストロ・ヴィヴィエンヌ、左がワイン屋さんの「ル・グラン・フィーユ・エ・フィス」です。

この左のワイン屋さんも有名で、勿論ワインも買えますが、お昼はランチもできます。

f:id:meringuefine:20200817010521j:plain
ル・グラン・フィーユ・エ・フィス

ビストロ・ヴィヴィエンヌは、朝の8時からカフェとして営業していて、お昼から料理サービスが始まります。

値段はメインで一皿15ユーロから25ユーロ位で、ワインはグラスワインもあり、カフェ・ビストロの雰囲気も良いですし、アーケードの中の席でも食べれます。

レトロな色調で、お薦めです。

ビストロ・ヴィヴィエンヌ●名前 :BISTROT VIVIENNE 4, rue des Petits Champs 75002 PARIS 電話 :01 49 27 00 50

最寄り駅 : メトロ : Opéra 駅 (8 番線)

定休日と営業時間: 喫茶は8時~23時まで、食事は12時~0時30 カフェとしてはノンストップで営業しています。定休日なし。

f:id:meringuefine:20200308013753j:plain:w300

サイト  : https://www.bistrotvivienne.com/

 

 

ル・ブガンヴィル

f:id:meringuefine:20200308013529j:plain:w700

同じく、ギャルリー・ヴィヴィエンヌの中のレストランの、ル・ブガンヴィルです。

ビストロ・ヴィヴィエンヌが、プティシャン通りに面しているのに対し、こちらは、バンク通りに面しています。

バンク通りから入らないで、ビストロからそのままアーケードの中を通っても行けます。その間にアーケードの中も歩いて他のお店もチェックできますね。

f:id:meringuefine:20200308013550j:plain:w300

10メートルくらいすると、ル・ブガンヴィルがみえてきます。

f:id:meringuefine:20200308013554j:plain:w300

ビストロ・ヴィヴィエンヌの方が、どちらかというと盛り付けも綺麗で、こちらの「ル・ブガンヴィル」はレストランですので、もっと食べる方に力を入れていると感じます。

前菜はカモのリエット。

f:id:meringuefine:20200308013517j:plain:w300

トマトのファルシと、豚肉のソテーです。

f:id:meringuefine:20200308013512j:plain:w300

プティ・ファルシはトマトとポワブロン(大きいピーマン)のファルシでした。お肉が3個の野菜全てに、たっぷりを入っていました。

値段は、前菜で約7ユーロ、メインで15ユーロから25ユーロ位、

グラスワインが約6ユーロです。

どちらかというと、庶民的な雰囲気で、お腹一杯食べれるビストロの雰囲気です。

ル・ブガンヴィル●名前 :Bougainville 5 rue de la Banque , 75002 Paris, France 電話 :33 1 42 60 05 19

最寄り駅 : メトロ : Opéra 駅 (8 番線)

定休日と営業時間: 喫茶は8時~23時まで、昼の食事は12時~15時と夜の食事は19時~22時 定休日は日曜日。カフェとしてノンストップで営業しています。

f:id:meringuefine:20200308013529j:plain:w300

フェイスブック : https://fr-fr.facebook.com/LeBougainville

  レストランを出て、アーケードの中をずっと歩いて行くと、また違った雰囲気です。

そこに、スカーフ専門店があります。

f:id:meringuefine:20200308013623j:plain

名前が「ウルフ・エ・デクルティ Wolff et Descourtis」といって、イタリアやフランスで工場生産している、オリジナルのスカーフを取り扱っています。

エルメスではないスカーフをと思っている方にも、オススメ(^^♪で、 柄がオリジナルです。 値段もそこそこですが、他で扱っていないスカーフです。

年に2回のバーゲンもあります。

f:id:meringuefine:20200308013618j:plain

アーケードの中は、その他にブティックもあり、プレタポルテのYuki Toriiやレトロな本屋さんがあります。

f:id:meringuefine:20200817010510j:plain
Yuki Toriiブティック
f:id:meringuefine:20200817010432j:plain
本屋さん
f:id:meringuefine:20200817010515j:plain
本屋さん

ギャルリーヴィヴィエンヌを、プティ・シャン通りから出て、ヴィクトワール広場を背にして、2分歩くと、右手にギャルリーコルベールの入口があります。

f:id:meringuefine:20200817010419j:plain
ギャルリーヴィヴィエンヌ隣の、ギャルリーコルベール
f:id:meringuefine:20200817014407j:plain
ギャルリーコルベール中央地
f:id:meringuefine:20200817211126j:plain
ギャルリーコルベール中央にあるブティック
f:id:meringuefine:20200817211110j:plain
ギャルリーコルベール出口にあるカフェ

これら、2つのギャラリーは違った雰囲気ですよ。

ギャルリーコルベールを出ると、「ル・グラン・コルベール」のレトロなブラッスリーがあります。

まとめ

ギャルリーヴィヴィエンヌと、ギャルリー・コルベールの色々なブティックをご紹介しました。

ビストロのヴィヴィエンヌでもランチができますし、そのほかでも食事をしましたが、雰囲気が良いです。

オペラ座と、ヴィクトワール広場の間にあり、歴史を感じながらアーケードの中で、一人でも食事をできるというのが良いですね。

実際ツーリストも多く、一人でも気になりませんし、友達と行ってもお昼からであれば時間をきにしないで、入店できるのが嬉しいです。

レストランと違い、カフェや、ビストロはお昼からずっと、ノンストップで食事ができます。

アーケードの中には、約20件くらいのブティックが入っています。散歩も楽しめます。

そのまま、ヴィクトワール広場に向かって、レアールまでもゆっくり散歩ができ、雰囲気がいいです。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz