フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活ブログ

フランス語の試験でDELFと仏検の違いは?留学と就職に有利なのは?

スポンサーリンク

フランス語を習い勉強をしていくと、

DELFと仏検って聞きすよね。

両方ともフランス語の試験の名前です。

上級になると両方とも、高度な試験レベルです。

日本では仏検の名前の方が通っているのは、日本の機関が担当してるからで、

片やDELFは、フランスの機関が後援しているということもあり、知名度の他に、将来の有用度にも違いがあります。

これらの違いは、フランスと日本では、国の考え方も生活習慣の違いからきていると言え、試験の内容の傾向もはっきりと違います。

そして無視できないのが、それぞれ合格すると、留学試験、通訳試験の免除にもなること、その後の、就職へとつながり方に違いがでてきます。

どうせ勉強するなら、最初から無駄なくやっていくべきですね。

DELFと仏検の違いについて説明します。

 

フランス語の試験のDELFと仏検の違い

f:id:meringuefine:20200224021314j:plain

DELFと仏検の違いは、フランス公認機関か、日本の公認機関が行っているかです。

つまり、バックにある母体が違います。

DELFは試験が2種類あり、「DELF・DALF」といい、試験を行っている機関は、

Centre international d’études pédagogiques, といい、フランスの文科省の機関で、

「仏検」を行っている機関は、 公益財団法人フランス語教育振興協会で、日本の文部科学省が後援です。

ですので、日本と、フランスの試験の背景となる考え方が違って当たり前と言えます。

「DELF・DALF」「仏検」の難易度比較

「DELF・DALF」と「仏検」の出題傾向は全く違います。

また、試験の内容も合格考査も違います。

ですので、難易度を比較するのは難しいですが、仏検を主催している、公益財団法人フランス語教育振興協会のホームページには以下のようになっています。

仏検 DELF・DALF
1級 C1/C2 通訳試験免除
準1級 B2 留学試験免除
2級 B1
準2級 A2
3級 A1
4級 なし
5級 なし

仏検は日本国内でフランス語初心者から勉強できるように、初級もありますが、DELF・DALFは、フランスの大学に外国人が入学できる試験ですので、初級がありません。

DELFよりDALFが難易度が高く、DELFのB2とDALFのC1でフランスの大学入試試験が免除されます。

仏検では、1級に合格すると、

2013年度より、仏検1級合格者は、日本政府観光局(JNTO)が実施する国家資格「通訳案内士」の外国語筆記試験(フランス語)が免除されています。

引用先 http://apefdapf.org/dapf/info/examens#1

とあります。 そうなれば、敢えて通訳士も夢ではありません。

フランス語検定学習時間目安

それぞれ試験の準備期間の目安はあります。

いままでの勉強期間が違う為、各自の状況で違いますが、時間目安は、公認機関にようろ仏検1級で600時間となっています。

また、傾向についてご説明します。

「DELF・DALF」と「仏検」の問題傾向比較

仏検は文法中心で、初級問題はマークシートがほとんどで、会話は3級からでてきます。

それに対して、DELF・DALFは、長文の解釈や、長文の聞き取り、自分の意見を述べるという傾向問題で、文法問題はありません。

ですので、「DELF・DALF」は、自分の考えをどう言えるかに力点を置いています。

フランスの大学に入学して、講義が聴け、社会の状況について自分でも意見が言えるレベルであるというものです。

一部のDELのB2の筆記試験文を引用します。

« Il faut arrêter de considérer que le vélo est un sujet mineur. » L’appel est de la ministre des transports, lors d’un congrès sur les transports non polluants. À cette occasion, a été annoncé un grand plan vélo destiné à faire décoller enfin ce mode de transport, notamment grâce à « l’indemnité kilométrique » : ce dispositif autorise l’employeur à dédommager* ses salariés se rendant au travail à vélo (environ 0,25 euro par kilomètre parcouru).

これは、読解文で質問に回答していきます。

そのほかに、

Vous vivez en France dans une zone piétonne du centre-ville. Le maire de votre ville a décidé d’ouvrir certaines des rues de cette zone à la circulation des autobus pendant la journée. Comme représentant(e) de votre immeuble, vous écrivez une lettre au maire pour contester cette décision en justifiant votre point de vue.

この問題は、自分の意見を表現問題で、市長への抗議レターを書くというものです。

自分の意見をまとめるなど、合理的に主張をまとめる練習が必要です。

「DELF・DALF」と「仏検」の違いをみましたが、ではどっちの試験を自分で受けるのがいいのかについてです(^^♪

仏検とDELF・DALFどっちがいい?

将来を考え、リスクヘッジと考えれば、両方受けておくのが良いと思いまが、一度に両方の準備は難しいです。

将来どこに住むか、フランスへ留学を考えているのか、日本でフランス語を使った仕事に就きたいかで、方向が違ってくるかと思います。

ただ一つ言えるのは、仏検もDELF・DALFも難易度が高いですが、一生ものです。

合格すると、履歴書に書けます。これは大きいです。

ですので、合格しておくと邪魔にはなりません。

日本で翻訳の仕事をするとなると、仏検1級があると有利になりますし、DELF・DALFは、大学の入試試験の免除になります。

これは、欧州で統一された試験で、国際機関に勤務する場合には、就職時に仏語の試験を受けなくとも、レベル判定が自動的にされ、有効なツールとなります。

勉強の仕方は、仏検、DELF・DALFとも、過去問を徹底的に解いていくのがいいです。

仏検の場合は、文法が中心ですので、レベルが達している級であれば、独学でもやりやすいです。

ただヒアリングは別物ですので、ヒアリングでフランス語のニュース理解をするめに、ラジオや、YouTubeを聞き、考えをまとめて書いていくなどが必要です。

「DELF・DALF」の勉強方法

将来、フランスへ留学したい、またフランス企業へ就職したいとなれば、「表現をする」については独学では難しいですので、フランス人とのレッスンが有効です。

言葉は、正しく言えればいい訳ではなく、フランス語のロジックで、自分の意見を客観的に言う訓練が必要です。

日本語のロジックと、フランス語のロジックが違います。

また、「DELF・DALF」は、問題の意味を理解するのが、まず難しいのがあります。

同じ質問でも、日本語の質問は理解できても、仏語の質問は訓練していないと、はっきりわからないという事があります。

DELF・DALFの試験を受けるなら、半年から1年くらい、みっちり試験対策をするのがいいです。

オンライン講座で、「DELF・DALF」レッスンがありますので、どのような勉強がいいのか、説明を受けるのは有効です。

こちらのオンラインスクールで「DELF・DALF」の試験対策のレッスンがあります。

まとめ

いかがでしょうか。

フランス語の試験でDELFと仏検の違いについてまとめました。

これら二つの違いは、文法重視の出題か、自分の意見を言葉で伝える出題かの違いといえます。

それに応じで、将来の展望も違ってきます。

仏検もDELFもとっておければ、将来のリスクヘッジにはとても有効です。

資格はとっておけば一生ものですので。

それなりにみっちりと準備が必要ですので、講座で準備をするのが確実でしょう。

フランスは、議論好きな国で、沈黙は金的に黙っていると、自分の意見は採用されません。

そんな習慣にはなれる意味でも、「DELF・DALF」の取得は有効といえます。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz