フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

ビジネスフランス語が話せると就職できる?資格はどれが必要?

スポンサーリンク

フランス語は話せると就職できるのか?

フランス語を習い始めると、そんな疑問を持つ方も多いと思います。

就職先もいろいろですし、どこで勤務するかも考えますし、大体が「フランス語の将来性って?」と思ってしまいますよね。

就職先は、ある意味で資格により決まるところが多いです。

国際機関でも資格があると、バラメータになり、試験免除というのはあります。

しかし、企業での勤務となると、国際機関とは違い国が認めている資格でなくとも、団体が発行している実用的な資格もあります。

企業ですから実務が出来る人を採用したいからです。

フランス語は話せると就職先はあります。

資格をとるなら、どの資格が必要で、またどのくらい話せると就職できるのかについてお話できればと思います(^^♪

 

ビジネスフランス語と就職

f:id:meringuefine:20200121173104j:plain

  勉強していてもどこまでのレベルになれば就職ってあるのか?と思う疑問ですね。

私もそんな思いがありましたが、日本でもフランス語を話せたから、またフランスに転勤してきても仕事がありました。

フランス語が実務に役に立たない、ただ観光用の言語だという言い方も耳にします。

しかし、フランス語ができれば、日本でも就職はもちろんできます。

フランス語は、アフリカ、カナダ、ベルギー、スイスなどの国々で話されています。

これらの国でなら、仕事口はありますし、また日本でももちろんです。

就職に有利な資格とビジネスフランス語

 

同じフランス語でも、実務向きの企業で就職に有利な資格があります。

認知度が高い、仏検とDELFの他に、パリ商工会議所が発行している、ビジネスフランス語資格があります。

スキルパターンをご紹介します。

ビジネスフランス語と仏検とDELFの違い

試験は大雑把に、

  • ビジネスフランス語

  • 仏検

  • DELF の3つがあります。

仏検1級も、DALFC1はかなりレベルが高いです。

しかし、企業の就職に有利かといわれるとそうでもありません。

ビジネスフランス語、パリ商工会議所が主催している、 「français professionnels 」という試験で、

主催はCCI Paris Île-de-Franceです。

フランスではこの「français professionnels 」向けの授業もあります。私もパリで受験しました。

DELFと仏検の違いについてはこちらの記事を参照してください。

www.franceinfos.xyz

ビジネスフランス語のメリット

パリ商工会議所が主催している、ビジネスフランス語「français professionnels 」は実用的なフランス語資格です。

ビジネスに特化しており、就職する際に必要なフランス語を網羅しています。

試験問題はビジネスオンリーで、文法や文学の問題はありません。

この試験問題は、

Le Diplôme de français des Affaires B1 valide une compétence en français de niveau B1 du CECR. Il correspond approximativement à 250 heures d’apprentissage. Il certifie une compétence en français de niveau indépendant, qui permet à l’utilisateur de comprendre et de s’exprimer dans les situations courantes de la vie sociale et professionnelle. Le/la titulaire de ce diplôme peut réaliser des actes de communication professionnelle courants dans un contexte prévisible.

とありますように、B2C1があり、ビジネスでのコミュニケーションスキルを試すものです。

  • グループでの本社と子会社支店との関係の違い
  • 企業形態の違い
  • スーパーの形態の違い
  • 決算書類

など、ビジネスレターの書き方などもある試験です。

試験に合格していれば、企業にとっては、頼れるスキルを持った人材になります。

企業側が欲しい人材のスキル

実際の就職先となると、

  • 日本本社のフランス子会社、

  • フランス本社の日本子会社、

などを狙えます。

その他に、現在の実務の他に、ビジネスフランス語が話せ書けると、企業にとっては、なくてはならない存在になります。

その他にもちろん、英語も出来た方がいいですし、ワードやエクセル、パワーポイントできるに越したことはないです。

また、今はSNSも個人的にやっておいた方が、小規模の会社に就職すると、総務で依頼されることもありますので、できることは多い方がいいです。

フランスで勤務する場合に、このビジネスフランス語の資格があると、日本本社から駐在員がフランスへ派遣になった場合はど、幅広い知識があると判断され、有利なスキル保持者となれます。

www.franceinfos.xyz

将来の給与交渉

給料は多いのがいいに決まっています。

そんな時に、給料が悪くてもいいと自分に言い聞かすのは、「遣り甲斐がある仕事」といいます。

しかし、高級で、しかも遣り甲斐のある仕事の両方あった方がいいのです。

いつもいい時ばかりではありません。

給料がいいと、我慢できることが多いのです。

ですのの、会社は、やはり大きめの会社を狙うことです。

どんなに優秀な人材と皆にいわれても、中小企業では出せないのが給料です。

目安として、日本の上場企業でフランスに進出している企業も狙い目です。

狙ったわけでもないのですが、パリに進出した日本企業に就職をしました。

これには ビジネスフランス語、パリ商工会議所が主催している、 「français professionnels 」という試験に合格したことがおおきかったです。

試験対策のスクールは、アリアンスフランセーズです。

ただ、私のバックグランドとしては、フランスへ来る前に、日本では、外資系の会社、ドイツ本社や、フランス本社の日本子会社で、総務、経理、ロジスティクスの複数の職務経験があります。

フランスの日本企業の子会社勤務をするには、日本でのグループ企業や外資系の勤務経験はメリットがあります。

外資系の就職・転職サイト

外資系・転職・ウエッブ無料会員登録Samurai Job

資格もとり、徐々にキャリアアップしていき、就職先の会社で、「あなたしかできないこと」をふやしていけば、給料交渉でアップもお願いできます。

ここでも、会社が大きいと、要求に応じてもらえやすいです。

小さくても、あなたしかできないことがあれば、融通はつけてもらえるでしょう。

その面では、経理業務ができると、かなり大事なポジションを狙えます。

パリ商工会議所が主催の「français professionnels 」試験に合格後も、ずっと勉強をしていることになりますが、全て自分に還元されます。

■合わせて読みたい

 

まとめ

フランス語はファッションのイメージが強いです。

ビジネスには活用されていないと思われがちですが、実践的は資格があると実際に就職には有利になります。

一度には、全てはできませんが、徐々にキャリアアップをしていけばいいですし、履歴書のアップデートは常に行い、リクルートサイトの登録と履歴書の準備はこまめにですね。

www.franceinfos.xyz