パリジャーナル

Sakurako・フレンチレストラン・シェフ・フランス移住・パリ留学

フランス語で求人情報をネットで探す!日本に居ながら応募する方法

フランスで就職を狙っている方へですが、日本からでもサイトを通じて求人応募をしていけます。

滞在ビザによりますが、ワーホリでなどでは、日本にいるうちに、就職先を探しておくと、滞在期間中にフルで勤務ができます。

ワーホリの滞在期間は、1年間と期間限定ですので、 労働有効期間をフルに使いたいです。

求人情報の探し方をご説明します。

フランス語で求人情報をネットで探す

f:id:meringuefine:20200121173100j:plain:w500

 

日本の人材派遣会社とフリーペーパー

 

別記事で書きましたが、日本企業だけを対象にすると、求人件数は少ないのです。

日本語が媒体の就職情報には、

日本人経営の人材紹介会社や、日本人向けのフリーペーパー日本語新聞(OVNI)があります。

OVNIは紙面では月に1回の発行(ネットでは随時)です。

求人件数が少なく、求人倍率は高いのは、フランスに拠点を置く日本企業が少ないからです。

ですので、この無料新聞の求人欄で広告を探そうとすると、日本企業を顧客にしている派遣会社(ありますが)経由になり、もともと数が少ないという事実は変わりません。

であれば、フランスの企業で働けば、チャンスも広がるというものです。

現地のフランスの人材派遣サイト

 

フランスの求人サイトとしては、INDEEDがあります。

このサイトは、フランスの一般企業、その他に人材派遣会社の求人情報も掲載しています。

まとまって求人情報が掲載されているため、各人材派遣会社サイトで個別に探すより効率が良いです。

Indeedには、

  • 求人広告を出している会社

  • 人材派遣会社

  • Pole Emploi

などがあり、フランスの職安であるポールアンプロワ(Pole Emploi)の広告も掲載されています。

自分の職務経歴に合っているかどうかを見極めるのが最初は難しいですが、 検索の仕方で、合った求人広告を探せます。

  Indeedの求人広告数は多いです。

求人広告の見つけ方は、

「Connexion」からアドレスメールを書き込んでいくか、

Facebookでも登録をして、求人を探します。

フランスの求人広告サイトIndeedの求人検索の仕方

具体的な検索の方法は、

①Googleで「Indeed」と検索し、

②職種を『quoi』へ、場所を『où』と、

どの職種かと、勤務地をセットすると、検索結果がでてきます。

年収のランクも一目瞭然です。

③検索結果から求人広告を選択して、職務内容をチェックしていきます。  

職種によっては10ページ以上もの、求人広告がでてきます。

また、年収のランクがあるので、希望のラインでさらに絞ることもできます。

サイト上では、履歴書(CV)を作成し登録もできます。

履歴書は、毎回応募の度に送るのですが、履歴書を登録しておけば、人材派遣会社から、連絡がくることも増えます。

アカウント登録とCVの登録には、

  • 取得した学位

  • フランス語・英語のレベル

  • その他の資格

  • オフィスの使用可能ツール

などを入力していきます。

フランスの習慣で、志望動機書(lettre de motivation)を添付することが多々あります。

このIndeedのサイト上で履歴書を志望動機書と一緒に送付するようにとリクエストがある場合と、サイト上で書き込むリクエストがある場合もあります。

適切なCVと志望動機書を作成して応募できれば、返信がくる可能性が高いです。

note.com

フランス語で求人広告の検索の仕方応募

CV制作する大体のプロセスの概要は、

  • 取得した学位(留学経験なども含め)

  • フランス語・英語のレベル

  • その他の資格

  • オフィスの使用可能ツール

の他に、勤務歴を的確に入れた履歴書を作成していきます。

Indeedではなくとも、ネット上でコンサル込みのCV作成サイトもあります。

フランスでの就活には、良いCVで就活結果に影響を及ぼします。

私の経験では、見難いCVはリクルーターの反応がよくなく、ごみ箱行きが普通です。

CVと志望動機書のプレゼンの仕方で、書類選考に残り採用へといく場合が多いですので、慎重に準備をしましょう。


CVと志望動機書の準備ができれば、あとは送付するだけです。

日本にいる段階から、求人情報検索をしていき、CVを作成し、志望動機書も付けて、応募していくと就職までの道のりも短くなっていくでしょう。

履歴書を送って、職歴が合致していれば、翌日には電話なり、メールで連絡があります。

note.com

日本人だから仕事がないということではなく、職歴が合致している求人広告を見つけ、プレゼンがいいCVを送ると返信がくるチャンスは増えます。

返事が来ない場合の多くは応募する求人の内容に、職歴が合っていないのが原因です。

自分に向いている仕事を見つけるには何よりもまず、数ある情報をネット上で検索し、自分の欲しい情報を収集することです。

フランス語で情報を見つけることができれば、日本語のみで検索していたのとは違い、情報量が拡大します。

数ある求人広告の中から、自分にとってチャンスがある広告を見つける作業を継続、応募していくことが重要です。

note.com