パリジャーナル

Sakurako・フレンチレストラン・シェフ・フランス移住・パリ留学

フランスの求人情報をネットで探す!日本に居ながら応募する方法

フランスで就職を狙っている方は、日本ででもサイトを通じて求人応募をしていけます。

フランスへ行ったら、やることがすっごーくあり、現地の生活に慣れるのがまず大変です。

最初はフランス語がなにせ通じなく、あれもしたいこれもしたいと思っているうちに、時間が過ぎてしまいます。

ですので、出発前にできることは始めて、準備もして、日本にいる間に就職活動をしておけば、到着後もすこしは楽というものです。

ワーホリでいく場合も滞在期間は、1年間と期間限定ですので、労働有効期間をフルに使う為にも、日本で仕事を探しておきたいですよね。

求人情報の探し方をご説明します。

フランスの求人情報をネットで探す

f:id:meringuefine:20200121173100j:plain:w500

 

フランスで就職するチャンスは多いとは言えませんので、チャンスをゲットしていけるように、検索をこまめに行い、チャンスを逃さないようにするのがいいです。

フランスの求人情報はネットにほとんどあります。

ネットに掲載されていないのは、かなり年収が高い場合で、ヘッドハンティングの部類です。

そうでない場合は、ネット検索で調べていけます。

日本人を対象にした求人広告媒体があります。

日本の人材派遣会社とフリーペーパー

  日本人を対象とした求人媒体のフリーペーパーと、日本人経営者の人材派遣会社があります。

日本人を対象とした、フリーペーパーには、

「OVNI」があります。 Ovni紙面は月に1回の発行(ネットでは随時)です。 日本人経営会社や、人材紹介会社が求人広告を掲載しています。

全体的に、求人件数が少なく、求人倍率が高くなっています。

フランスに拠点を置く日本企業が少ないのが原因で、求人件数は少ないのです。

Ovniと検索すると、求人広告がありますので、ここから日本に居ながら、応募ができます。

次の可能性は、フランスの企業へ応募することです。 チャンスは広がるというものです。

現地のフランスの人材派遣サイト

 

フランスの求人サイトとしては、INDEEDがあります。

このサイトは、フランスの一般企業、その他に人材派遣会社の求人情報も掲載しています。

まとまって求人情報が掲載されているため、各人材派遣会社サイトで個別に探すより効率が良いです。

Indeedには、

  • 求人広告を出している会社

  • 人材派遣会社

  • Pole Emploi

などがあり、フランスの職安であるポールアンプロワ(Pole Emploi)の広告も掲載されています。  

ですので、日本にいても、どんな求人があるかは、ネットで見れ、応募もできます。

フランスの求人情報への応募の仕方

フランスの日本語求人サイトとフランス語求人サイト

Ovniの求人広告で、日本企業の求人の場合は、日本語で応募もできます。

しかし、フランス企業のサイトであれば、Indeedなどのサイト経由なら、フランス語で応募となります。

フランスの求人広告への応募の仕方と登録

IndeedはGoogleで「Indeed」と検索し、

職種、勤務地をセットすると、検索結果がでてきます。

職種によっては10ページ以上もの、求人広告がでてきます。

また、年収のランクがあるので、希望のラインでさらに絞ることもできます。 サイト上で、履歴書(CV)を作成し登録もできます。

履歴書をサイトに登録しておけば、セットした履歴書をサイト内で送ることができます。

使い方は、日本に居ながらでき、応募をしておけば、様子がみれ、時間の節約をできます。

まとめ・求人広告への応募のポイント

フランスでの就活には、見栄えのいい、整合性のあるCVを作成することで、就活を有利に運べます。

私の経験では、見難いCVはリクルーターの反応がよくなく、ごみ箱行きが普通です。

CVと志望動機書のプレゼンの仕方で、書類選考に残り採用へといく場合が多いですので、慎重に準備をしましょう。

CVを制作する大体の概要は、

  • 取得した学位(留学経験なども含め)

  • フランス語・英語のレベル

  • その他の資格

  • オフィスの使用可能ツール

の他に、勤務歴と職歴を的確に入れた履歴書を作成して、応募すれば、実際に返事はきます。


やることは、慣れていれば難しくなく、いいCVといい志望動機書の準備ができれば、あとは送付するだけです。

日本にいる段階から、求人情報検索をしていき、CVを作成し、志望動機書も付けて、応募していくと就職までの道のりも短くなっていくでしょう。

履歴書を送って、職歴が合致していれば、翌日には電話なり、メールで連絡があります。

note.com

日本人だから仕事がないということではなく、職歴が合致している求人広告を見つけ、プレゼンがいいCVを送ると返信がくるチャンスは増えます。

返事が来ない場合の多くは応募する求人の内容に、職歴が合っていないのが原因です。

自分に向いている仕事を見つけるには何よりもまず、数ある情報をネット上で検索し、自分の欲しい情報を収集することです。

フランス語で情報を見つけることができれば、日本語のみで検索していたのとは違い、情報量が拡大します。

数ある求人広告の中から、自分にとってチャンスがある広告を見つける作業を継続、応募していくことが重要です。

note.com