パリジャーナル

Sakurakoアンフォ・料理シェフ・フランス語・パリ留学

フランス語で求人情報をネットで探す!日本に居ながら応募する方法

フランスで就職するには、日本からでもサイトを通じて求人応募をしていけます。

フランスに行くことになる場合はあります。

理由は様々ですが、結婚、留学、ワーホリでなど。

そんな場合は、日本にいながら、フランスへ行く前に就職先を探しておくのがいいです。

特にワーホリの場合は、1年間とい期間限定です。 労働有効期間をフルに使いたいです。

履歴書は送ったけれど、返事がこないときもありますし、応募の仕方がよくなかったのかもチェックしたいところです。

フランス語で求人情報をネットで探す

f:id:meringuefine:20200121173100j:plain:w500

 

フランス語で求人情報・日本の人材派遣会社とフリーペーパー

 

別記事で書きましたが、日本企業だけを対象にすると、就活はとても困難です。

日本語が媒体の就職情報には、 日本人経営の人材紹介会社、

日本人向けのフリーペーパー日本語新聞(OVNI)があります。

新聞に求人欄がありますが、紙面で月に1回の発行(ネットでは随時)です。

希望職種の数が少なく、求人倍率は高いです。

問題は、フランスに拠点を置く日本企業は少ないからです。

ですので、この無料新聞の求人欄で広告を探そうとすると、日本企業を顧客にしている派遣会社(ありますが)経由で探そうも、もともと数が少ないという事実は変わりません。

であれば、フランスの企業で働けば、チャンスも広がるというものです。

フランス語で探す、現地のフランスの人材派遣会社

 

フランスの求人サイトとしては、INDEEDがあります。

このサイトは、フランスの一般企業、その他に人材派遣会社の求人情報も掲載しています。

まとまって求人情報が掲載されているため、各人材派遣会社サイトで個別に探すより効率が良いです。

Indeedには、

  • 求人広告を出している会社

  • 人材派遣会社

  • Pole Emploi

などがあり、フランスの職安であるポールアンプロワ(Pole Emploi)の広告も掲載されています。

見極めるのが最初は難しいですが、

「希望求人」が2,3件みつかることもあって、一つの求人に複数の派遣会社からの求人となっている場合もあります。

探している人材の職務内容で見抜いていって、希望条件に合う内容の求人を探していきます。

英語が話せる(anglais)というのも、求人の条件でありますので、フランス語だけで探すよりは日本人には有利になりますね。

 

このサイトの使い方は、「Connexion」からアドレスメールを書き込んでいくか、

Facebookでも登録ができます。

具体的には、

IndeedとGoogleで検索し、上記のIndeedの画面で、希望職種を検索していきます。

具体的な検索の方法は、

①IndeedとGoogleで検索し、

②職種を『quoi』へ、場所を『où』と、

どの職種かと、勤務地をセットすると、検索結果がでてきます。

年収のランクも一目瞭然です。

③検索結果から求人広告を選択して、職務内容をチェックしていきます。  

職種によっては10ページ以上もの、求人広告がでてきます。

また、年収のランクがあるので、希望のラインでさらに絞ることもできます。

サイト上では、履歴書(CV)を作成し登録もできます。

履歴書は、毎回応募の度に送るのですが、履歴書を登録しておけば、人材派遣会社から、連絡がくることも増えます。

アカウント登録とCVの登録には、

  • 取得した学位

  • フランス語・英語のレベル

  • その他の資格

  • オフィスの使用可能ツール

などを入力していきます。

フランスの習慣で、志望動機書(lettre de motivation)を添付する例が多々ありますので、このIndeedから履歴書を送る場合は、志望動機書も用意しておくと良いですよ(^^♪

履歴書の書き方は重要で、狙った求人に、的を得たCVを作成して応募できれば、返信はきます。

フランス語で求人応募とCV制作

履歴書の制作をしているフランス語のサイトもあります。

全てフランス語で、大体250ユーロ位でした。

CV制作には、大体のプロセスの概要は、

先ほどの * 取得した学位

  • フランス語・英語のレベル

  • その他の資格

  • オフィスの使用可能ツール

の他に、勤務歴を的確に入れ、アピールがある履歴書を作成していきます。

サイトでコンサル込みの値段で、コンサルタントに経歴の概要を説明して、CVを作成してもらいます。

私が探した範囲では、250€くらいの費用になります。

金額はコンサルタントにより、また需要と供給の世界ですので、もっと高いのも、安いのもあるでしょう。

フランスでの就職には、良いCVは欠かせません。

最初は自分では書けないというのは普通ですので、スカイプレッスンなどで、依頼するのも一つの手段です。

アンサンブルアンフランセのオンラインスクールでも、履歴書作成ができるスカイプレッスンがあります。↓

www.franceinfos.xyz

講師の方へCVを作成依頼をするというのではなく、レッスンとしてCVをどう構築して、添削をしてもらえます。

CV作成依頼の丸投げはできません。

職歴は自分以上に知っている人はいません。

見難いCVはリクルーターの反応がよくなく、ごみ箱行きです。

CVの内容が良いのはもちろん大事ですが、職歴とCVのプレゼンで採用がきまりますので、慎重に準備をしましょう。

■合わせて読みたい

まとめ

フランス語での就職には、準備が大事で、費用対効果は期待できます。

日本にいる段階から、CVを作る、改善し、求人情報検索をしていき、時間をかけると、求人広告も見つかりやすくなり、就職までの道のり短くなっていくでしょう。

フランスで勤務するには、労働許可証があることが条件です。

長期の滞在許可証なり、ワーホリ許可証があれば、勤務は可能ですので、仕事は積極的にさがしていくのがいいでしょう。

履歴書を送って、職歴が合致していれば、翌日には電話なり、メールで連絡があります。

日本人だから仕事がないということではなく、職歴が合致していること、フランス語の読み書きができればチャンスは増えます。

返事が来ない場合の多くは履歴書が上手く書ていない場合も多いです。

面接の仕方も含めCVは時間をかけて作成するのが良いです。

www.franceinfos.xyz