パリジャーナル

Sakurako・パリ観光・パリ旅行・パリのレストランの最新情報サイト

フランスで求人の見つけ方は?日本人が応募しやすい職種



kindle読み放題
2024年2月4日、2軒削除して、2軒追加➡パリのレストランと街角巡り: パリ在住のグルメブロガーおすすめビストロとカフェ60選


https://amzn.to/3OCytni


フランスの求人で、日本人にも仕事がないわけではありません。

実際、いくら実力があっても就職まで至っていない場合は、何かそれには理由があるとも言えるのでしょう。

求人サイトで海外の企業や、外資系の企業などの特徴を知るのも大事ですが、適切な求人を選択していくのが肝心要です。

求人広告のリサーチと応募の仕方を身につけて、就活をしていくことが重要にもなってきます。

 

フランスで仕事を見つからない?求人応募

 

いくら日本で優秀であったとしても、日本人がフランス語の土俵で競うのにはハンディがあります。

日本語は話せても、フランス語ができないことで、仕事は見つかり難いのです。

求人があるフランスの日本語新聞の媒体

フランスのフリーペーパーのニューズダイジェストも廃刊となり、残った一社のOVNIが日本人向けの求人広告を掲載しています。

【OVNI】

こちらの新聞で求人で一番多いのは飲食店のホール係、サービス係か、調理担当者です。

経験があれば、これらの分野では、直ぐに雇用ともなるでしょう。

フランス現地の求人広告媒体

もしあなたが、飲食店以外の職種を希望しているのであれば、OVNI以外の媒体で求人を見つけていくと可能性が広がります。

日本人がフランスで仕事を見つけていくには、フランス人ができない職務をしていくことです。

フランス人にとっても母国語であるフランス語をメインに使うと、どうしてもハンディがあります。

フランス語のレベルのハンディの他に、フランスの失業率の問題で、フランス人の失業率が多いのに、外国人を雇うことにはならないですので。

しかし、日本の会社とのコミュニケーションは日本語が話せる、あなたの方がフランス人よりはできるはずです。

どういう場合にわざわざ外国人(日本人)を雇いたいかとなると、

 

①日本に取引店があるフランスの会社

②日本に本社があるフランス支店や子会社

③日本や他アジアに販売を拡大していく構想があるフランス人経営者

④日本人顧客をターゲットにしている販売店

大きく分けてこれら企業が日本人を雇いたいと思うケースです。

具体的な求人広告の探し方と応募の仕方で、採用されるしないが決まります。

フランスで仕事を見つけるための求人選び

 

求人に応募するのも大事ですが、今後なくなっていく仕事として、翻訳業務も少なくなっていく傾向にあります。

これまでもGoogle翻訳もありましたが、ChatGTPの出現で、簡単に訳ができる世の中になりました。

今後消えていくだろう職種

単純な仕事と言われる業務は、フランス語を使っても、職種は縮小されるでしょう。

スーパーのレジ係、倉庫の収納整理係、自動化ロボットができる職種です。

カスタマーサポートもそうですが、オンラインバンキングで、消費者自身がオンラインで事務作業を行い、銀行のカスタマーサポート担当者も減少しています。

今後も消えていかないだろう職種

逆になくならない仕事としては、付加価値のある職業です。

AIの普及や精度は今後あがるのは間違いないです。

人間でないとできない仕事としては、コミュニケーションスキルがあること、問題解決ができる人材、クリエイティブな仕事です。

高度なスキルは、分野によって違いがありますが、価値があり、代替えがきかない人材は需要はあり続けるでしょう。

AIを使える能力

これまで行ってきた業務も、AIにとって変わってされるようにはなってきていますが、AIを使えるのは、今はまだ人間です。

AIを使いこなすAIはまだ出現していないし、今後も人間が行うと言われています。

AIを使いこなす、プロンプトの指示を効果的に行えるのも、業務として必要なスキルの一つです。

ただ、プロンプトの指示を正しくできても、実際にChatGTPの翻訳はまだまだですが、AIで人間の仕事は圧縮されていくのは確実ですね。

フランスでCDI契約に慎重な雇用主

フランスではマクロン大統領政権になり、失業率も下がり、9%台になりました。

フランスでは雇用主側が社員の社会保障税も支払います。 雇用の初めはいい関係でも、年月が経ち、会社が考える効率の悪い社員となった場合には直ぐに解雇できないため、会社は採用に慎重です。

フランス市場でも仕事はありますが、日本人であれば、フランス語はフランス人ほど話せません。フランス語の読解も比べると劣ります。これがネックです。

ただ、そえに変わるPC操作に長けていると逆にメリットが大きくなります。

タイムリーに応募していくことで、採用チャンスをつかめることにもなります。

求人広告検索を行いタイムリーに応募していくことで、採用チャンスをつかめることにもなります。
フランスで就職!仕事を見つける【求人攻略】