フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

スカイプレッスンで面接スピーチ準備!どの先生への依頼がベスト?

スポンサーリンク

フランスでの就職には、「フランス語の履歴書」の準備が大事です。

履歴書には、ポイントを書くことにより、その1枚で今までの経歴をアピールできます。

ですので、的確にポイントを書くのは勿論重要です。

履歴書の紙審査の一次審査後には、面接で自分の経歴をフランス的に言えないと、せっかくの第一次突破が無駄になります。

スカイプレッスンを受け、講師の方に面接スピーチでアピールできる言い方を準備しましょう。

私なりのオススメをご紹介します。

面談スピーチとスカイプレッスン

f:id:meringuefine:20200121173100j:plain

アンサンブルアンフランセでは、レッスンの中で履歴書の作成の準備できます。

履歴書作成のレッスン必要コマ数は、職歴の長さによります。学校卒業後すぐの就職であれば、少なくてすみます。

面接スピーチでも、履歴書作成でも、職歴を的確な単語で表現することが大事です。

適切な単語で職歴を書いた履歴書だと、書類選考には有利です。

書類選考に通れば、次はスピーチの準備ですね。

履歴書内容に応じたスピーチレッスン

アンサンブルアンフランセのスカイプレッスンには、面接スピーチの準備のコマがあります。

【アンサンブルアンフランセの面接用レッスン内容】
1-1 Préparer son CV 履歴書を用意する Je suis en train d’écrire mon CV.
1-2 S’inscrire dans une agence de recrutement 職安に登録する Dans quel secteur cherchez-vous du travail ?
1-3 S’inscrire dans une agence sur Internet 職安サイトに登録する Je pensais m’inscrire dans différentes agences sur Internet.
1-4 Trouver une offre et rédiger sa LM 求人を見つけ、モチベーションレターを作成する Tu as écrit ta lettre de motivation ?
2-1 Etre contacte par une entreprise 1 応募した企業から連絡を受ける(1) J’ai reçu une réponse de l’entreprise…
2-2 Etre contacte par une entreprise 2 応募した企業から連絡を受ける(2) Il y a des choses a ne pas dire en entretien.
3-1 Se rendre dans une entreprise pour un entretien 採用面接で企業へ出向く J’ai rendez-vous aujourd’hui a 10 heures.

面接の準備には、意欲を伝えるのも大事ですが、求人内容に応じて、求められている職務内容を言える、またフランス的な順番で自己アピールができる、準備は効果的です。

グレの枠

自己紹介と自己アピールには、質問されたことに回答しますが、 履歴書に書いてあることを、口頭で順番に上手くいうことが肝心です。

何故フランスに住んでいるのか、
何故今勤務したいのか、
どのようなことができるのか、

個人的なことは簡単に説明し、あくまでも職歴に重点をおいて、なにができるのかを説明しないと行けません。

職歴の説明は、的確な単語で言い現わすことが大事ですので、フランス語でどう言えばいいのか、レッスンで教えてもらうのがいいでしょう。

面接スピーチの自己アピール

自己紹介と、自己アピールをうまくするには、職歴のなかで、どんなことができるのかを簡潔にまとめ、履歴書に使った単語で表現すると、面接官にも伝わりやすいです。

フランス語では、自己アピールのことを、 ●Réalisations probantes

と言っています。

大体3分~5分くらいで言えるようにまとめておけば、退屈されないで済みます。

給与とアバンタージュ・アン・ナチュール

期待すべき給与は、 ポール・アンプロア(職安)のサイトで調べられます。

Accueil Pôle emploi | Pôle emploi

職業別や、階位で給与段階になっています。 それを、Grille et salaire と言います。

これらは、各業種の団体協定で給与が決まっています。

このGrilleは職種別、会社の大きさで違いますが、

  • 技能が高い、
  • その技能の希少性、
  • 大手企業か、

これらで、給料が決まることが多いです。

日本人経営者の会社だと、いままでの私の経験ですと、何故か日本人女性に低い給与て提示されています。

フランスに移住をして仕事を探すには?就職前に知っておきたい5項目

同じ職種でも、大手だと基本給の他に、福利厚生非常によく、大小の規模で総合的に給与が違うことが多いです。

  • 食堂がある
  • チケットレストランの企業負担額が大きい、
  • ミューチュエルのカバー額が高い、

これらが、アバンタージュ・アンナチュールです。 その他に、年間有給日数も団体協定による業界で違います。

年間有給日数

フランスで仕事を探す

基本給がいいことも大事ですが、その他の福利厚生がいいと生活が楽です。

なるべく条件がいい会社で就職できるには、企業の下調べも大事ですが、面談スピーチを準備して、2次面接で採用が決まるように、スピーチの練習には時間をかけることも大事です。

求職にはフォーメーションを受けることができると、知識もつきます。また求職にポールアンプロワで届け出もできます。 届け出は現在ネットで行えます。

そのような調べもの、登録の仕方は、アンサンブアンフランセなら、Yohan先生がオススメです。

Yohann先生

先生については、話しかたの好みもありますので、一番話しやす先生を選ぶのがいいですね。

アンサンブルアンフランセへの無料体験レッスンの申し込みは➡こちらからできます。


履歴書作成とスピーチ準備にかける時間とその効果

フランスでも、職安(ポール・アンプロワ)で就職用のフォーメーションがありますが、失業保険の加入者に対してです。

勤務経験がないと納税していませんので、無料のフォーメーションがうけられないのはハンディです。

一度失業しても、職安で講習を受け、講習で作成したCVを企業に送ったらすぐに返事がきました。

CVは大事ですので、準備には時間もお金もかけるべきと私は思っています。

費用対効果の話しですので、給与がいい会社に就職できると、かけた費用も回収できます。

実力を発揮できる職種について働き、自分の付加価値が上がったと感じることができました。

まとめ

CVとスピーチの準備の仕方をご紹介しました。

日本人がフランスへきて、フランスの会社に勤務するにはハードルが高いのは、準備をする環境にいないことです。

入社したらしたで習慣が違うので戸惑います。

当たり前ですが。

履歴書(CV)が綺麗に、相手に訴えるように書けている、また、面接スピーチが上手くできれば、採用に近づけます。

面接官の目に留まるCVを用意して、求職に臨みましょう。



アンサンブルアンフランセへの無料体験レッスンの申し込みは➡こちらからです。