パリジャーナル

Sakurako・フレンチレストラン・シェフ・フランス移住・パリ留学

フランス語の習得時間は?ペラペラになるまでの目安と費用

フランス語を独学で始め、スクールにも行かず、フランス語の習得はできるのかと思いますが、独学で習得は可能です。

ただ目指すレベルで、勉強期間も費用も違ってきます。

目指すレベルが高ければ、習得時間が長くなり、費用も多くなります。

また費用の面で教材の他に、大事なのが投下できる時間です。

独学でペラペラになるまでの習得時間と費用について、参考にして頂けたらと思います。

 

フランス語がペラペラになるまでの習得期間は?

f:id:meringuefine:20200224021310j:plain

ペラペラになるまでは、時間はかかいます。 3日や3か月ではないのは確かですが、目安はというと、仏検1級で600時間と言っています。

フランス語検定合格までの習得時間

大まかに仏検1級に必要な時間は、600時間と公益財団法人フランス語教育振興協会で数字化しています。

  • 初級
  • 中級
  • 上級

レベルが上がるにつれ、必要時間数は増えていきます。

公益財団法人フランス語教育振興協会は仏検を主催している機関です。

合格するまでにかかる時間を、仏検5級から1級まで、以下のように説明しています。

あくまでも目安ですが、

仏検5級

●文法知識➡初歩的な日常表現の単文を構成するのに必要な文法的知識。動詞としては、直説法現在、近接未来、近接過去、命令法の範囲内。 ●語彙➡: 550語 ●標準学習時間➡50時間以上(大学で週1回の授業なら1年間、週2回の授業なら半年間の学習に相当)。

仏検4級

●文法知識➡基礎的な日常表現の単文を構成するのに必要な文法的知識。動詞としては、直説法(現在、近接未来、近接過去、複合過去、半過去、単純未来、代名動詞)、命令法等。 ●語彙➡:920語 ●標準学習時間➡100時間以上(大学で週1回の授業なら2年間、週2回の授業なら1年間の学習に相当。高校生も対象となる。)

中級の3級です。

仏検3級

●文法知識➡基本的文法知識全般。動詞については、直説法、命令法、定型的な条件法現在と接続法現在の範囲内。 ●語彙➡:1,670語 ●標準学習時間➡200時間以上(大学で、第一外国語としての授業なら1年間、第二外国語として週2回の授業なら 2年間の学習に相当。一部高校生も対象となる。)

上級の2級と1級です。

仏検2級

●文法知識➡前置詞や動詞の選択・活用などについて、やや高度な文法知識が要求される。 ●語彙➡:約3,000語 ●標準学習時間➡400時間以上(大学のフランス語専門課程4年程度で、読む力ばかりでなく、聞き、話し、ある程度書く力も要求される。)

仏検1級

●文法知識➡文の書き換え、多義語の問題、前置詞、動詞の選択・活用などについて、きわめて高度な文法知識が要求される。 ●語彙➡:約3,000語 ●標準学習時間➡600時間以上 ●レベル➡「聞く」「話す」「読む」「書く」という能力を高度にバランスよく身につけ、 フランス語を実地に役立てる職業で即戦力となる。

となっています。

フランス語の毎日ベースでの勉強時間

公益財団法人フランス語教育振興協会の数字では、具体的に、 初級の4級と5級で100時間、 2級では、400時間、 1級となると、600時間、となっています。

この数字を週ベースですると、

4級と5級で100時間→週2時間で1年。 2級では、400時間→週8時間で1年、 1級となると、600時間→週12時間で1年、 となります。

物理的には、学生だと、週12時間フランス語の勉強はできますが、仏検1級の合格者は、大学1年生ではできていません。

大体大学4年生で1級に合格しているのは、同時間でも、短期間には困難で、習得時間はかかるということになります。

これが、社会人になると、もっとハードルが上がります。

中級まで約200時間から600時間を、社会人になってから、時間を定期的に見つけるのは大変です。

フランス語検定ライティングとスピーキングの習得時間

仏検などの試験対策には、過去問を行っていけば合格できる可能性が高いです。

スピーキングが試験に入ってくるのが、上級の準2級からで、コミュニケーション能力が2次試験に入ってきます。

過去問はマイペースでもライティングや穴埋め問題はしやすいです。

しかしスピーキングには、別な勉強法が必要です。

ライティングが簡単という意味ではなく、スピーキングは相手に分かってもらえるフランス語を話さないといけないからです。

書くという作業は、しっかりと文法を勉強しないといけないですが、過去問をひたすら解いていけば、出来やすいです。

スピーキングは、試験を受ける中で、普段フランス語を話す機会が多い人と、そうでない人で差がでてしまうのです。

スピーキングの過去問として、フランス語教育振興協会の過去問で、仏検1級の問題を引用します。 2次試験の内容です。

次のテーマのうち、いずれか 1 題について考えをまとめておいてください。

【日本】

1 A Selon vous, le gouvernement japonais devra-t-il élaborer, voire changer sa politique en matière d’énergie et d’environnement ? Pourquoi et en quoi ? B Selon vous, le « sumo » est-il un sport ? Pourquoi ? 2 A On a souvent dit à l’étranger que les Japonais, frappés en 2011 par un enchaînement de catastrophes sans précédent, avaient révélé une certaine « sagesse ». Qu’en pensez-vous ? B Le mot japonais « kawaii » (mignon) est passé dans le vocabulaire de jeunes étrangers. Comment expliquez-vous ce phénomène ?

このような問に返答うするにはなれが必要です。

自分の考えをまとめて、フランス語で言い、発音も含めてチェックしていう作業が必要ですので、時間がかかります。

ライティングができていれば、スピーキングは試験の3か月から6ヶ月前として、1年通年でなくともいいですね。

フランス語が上達するまでの習得時間と費用の目安

級が上がれば、費用もかかりますが、

フランス語検定合格の費用の目安

仏検での過去問題集はだいたい1冊3000円以内です。

過去問は、冊子があり、公益財団法人フランス語教育振興協会では、

『仏検公式ガイドブック』は、仏検を実施しているAPEFが編集した、唯一の公式問題集です。 前年度の試験問題・データをふまえた最新版を毎年刊行しています。 となっています。

5級から1級までCD付きで、1冊2800円まで(級により違う)です。

参考書とスクール費用の目安

筆記試験の過去問題と、参考書のまとめとして、

5級と4級、仏検の問題集とCDと参考書で2万円まで。 2級と1級、過去問題集の他に、CD以外の、スカイプレッスンなどは、3か月1万円x3=3万円。

文法の参考書やCDについては、こちらの記事を参照してください。

www.franceinfos.xyz

1級の合格者の中には、留学経験者も多いです。

しかし、留学すれば上手くいくとも限りませんが、現地でだから学べることはあると実感しています。

留学費用は学校の授業料は、アパートの家賃もありますので、どんなに安い1部屋を見つけても、また安い学校を見つけても、1年で最低200万円以上はかかります。

仏検1級はパリで留学すると、有利になるというものではなく、全般的な語学学校への留学は、得るものがあると言えます。

ですので、仏検1級を目指すのであれば、オンラインスクールのスカイプレッスンがあります。

留学費用に比べれば、ずっと低額です。

2次試験用の、発音、文法、文章構成、添削などのレッスンでも、週2回、月に8回で約2万円です。

www.franceinfos.xyz

アンサンブルアンフランセのスカイプレッスンで、月8回(週2回)のコースで2万円です。 半年で16万円です。

フランス語がペラペラになってから就職は?

ペラペラになれば、フランスへ移住や、派遣でフランスで就職するということもあります。

どのくらいのレベルが必要かは、レベルが高い方がいいですが、文法仏検2級くらいで、あとは、ビジネスや経済用語を別に覚え、パリ商工会議所主催の「Le français des affaires 」があります。

仏検1級で合格するのとは違う単語です。

ペラペラになるまでの習得時間

ペラペラの定義によりますが、

ペラペラでなくとも、試験には合格できますし、 ペラペラでも、就職できない、ということもあります。

ただ、最低大体3年はじっと頑張ると、単語も増えて、言いたいことが言えるようになるのではないでしょうか。

www.franceinfos.xyz

まとめ・私の場合の習得時間と費用

フランス語独学の目標レベルに応じた、ペラペラになりまでの勉強期間と費用をについてまとめました。

時間は費用対効果で考えるべきな部分があります。

予習も復習もする時間を作れると、忘れる時間を圧縮できます。

リーディングだけなら本代だけですみますが、ペラペラになるとなると、スピーキングは、独学だけでは難しく、講師のヘルプを考えるか、留学などで上達するのがあります。

最終目的をどこに置くかで、フランス語学習方も変わります。

ただペラペラになるだけではなく、就職できると、いままで払っていたのが、リターンも多くなります。

私は、大学でフラ語専攻で、その後外資系の会社へ就職し、その後フランスへ移住となり、「Le Diplôme de français des Affaires」という試験を受け、ディプロムを取得して企業で勤務してきました。

最初に日本で仏と取引のある貿易会社へ、次に仏系の日本子会社で勤務、パリでビジネスフランスの資格を取る、そしてパリで就職するまでと、大学の授業期間も入れると約20年です。

費用は、 大学4年、入学金など4年で200万円、 日仏会館1年 毎月2万くらい、 アリアンスフランセーズパリ1年 2000ユーロ(26万円)くらい、

その他、3か月くらいの間、大卒後に単発の講座、通信講座、など、 教科書なども入れると、結構な金額になりました。

通常、留学するとなると、以上の金額に家賃が上乗せされます。

フランス語はやって最初の3年が特に大変な言語だと思いますが、そこを乗り越えると、良い感じになってきます。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz