パリジャーナル

Sakurako・パリ観光・パリ旅行・パリのレストランの最新情報サイト

フランス語の習得時間は?ペラペラになるまでの目安と費用





最終的にフランス語もペラペラに話せるようにはなりますし、リスニングも上達させられます。

では習得するまでの期間はどのくらいなのでしょうか。

ネーティブのようになるのではに、ペラペラになるまでの、ズバリ期間は?

 

フランス語がペラペラになるまでの習得期間は?

ペラペラになるまでは時間は、3日や3か月ではないということと、どれくらいやれるかによります。

過去の生まれた環境や、今あなたを取り巻いている環境、経済的状況で違っています。

ただ、環境を変えては行けます。

フランス語がペラペラというペラペラのレベル

ペラペラとは、スピーキングのレベルです。 これには、知っているボキャブラリーを使いこなしていけば、言いたいことはいえるようになり、ペラペラだと言うことができます。

自己紹介がスムーズに言えるレベル

知っているボキャブラリーを使って、自己紹介をスムーズに言えると、相手の印象はかなりよくなります。

ここは高度な単語をつかわないで、あなたにとって発音のし易いボキャブラリーで表現していくのがいいですね。

ここまでは半年くらいでできます。

相手の言っていることがわかるレベル

相手の言っていることを理解できるのは、その相手のフランス人の職業や社会的地位によります。

社会的地位が高いほど、フランスでは言われるボキャブラリーが高度になります。

これは日本よりも、フランスの方がその差が大きいのです。

ただ、フランス旅行をしても、よく言うインテリ層と話しをしないのであれば、基本的なリスニングができればいです。

ここまでは1年くらいでできる範囲です。

相手をわかり言い返すことができるレベル

相手の言っていることがわかり、反論できるレベルになると、ペラペラ度も高いといえます。

相手がインテリ層だと、『今なんと言いましたか?』と何度も聞くと相手も嫌がるので、難しいと思えば、簡単に会話ができる相手を探すのがいいですね。

オンラインレッスンで、講師の方は『お客さんの生徒』のレベルへ合わせてくれます。

お金を介していない、フランス人の友人の言っていることに反論ができるレベルになるは、大体2,3年くらいでできるようになります。

フランス語がペラペラになるまでの費用の目安

ペラペラになるのも、目指すペラペラ度によりますが、仏検1級などは日本の試験で、ペラペラを目指すことを目的にはしていない別ものです。

ペラペラになるまでの費用は、現実的な局面です。 というのは、目指すペラペラのレベルが上がれば、費用もかかっていきます。

仏検やDELFの試験の違いはこちら記事を参考にしてください。

www.franceinfos.xyz

フランス語検定参考書の費用の目安

仏検の過去問題集は、1冊3000円以内です。

過去問の冊子は、

『仏検公式ガイドブック』は、仏検を実施しているAPEFが編集した、唯一の公式問題集です。 前年度の試験問題・データをふまえた最新版を毎年刊行しています。 となっています。

5級から1級までCD付きで、1冊2800円まで(級により違う)です。

参考書とスクールレッスン費用の目安

過去問題と参考書の費用のまとめとして、

5級と4級、仏検の問題集とCDと参考書で2万円まで。 2級と1級、過去問題集の他に、CDと。 ここまでは、数万円です。 ペーパー本やCDですめば、安い投資で済みますね。

オンラインでのスカイプレッスンなどをうけるようになれば、

スカイプレッスンで、月4回(週1回)で1万円以下、月8回(週2回)のコースで2万円です。 半年で6万円から16万円です。

www.franceinfos.xyz

フランス留学とペラペラ効果

フランス留学を勧めるわけでは決してありませんが、フランス留学がペラペラになることに効果がある場合があります。

私は現在ペラペラです。それまでにフランス習得にかけた時間も費用も半端なものではありません。

最初はずっと日本で勉強をしていました。 ただ、フランスでだから習得できることが残念ながらあります。 それは、フランスの文化や習慣を目にできるということです。

実際に仏検1級の合格者の中には、留学経験者も多いです。

勿論留学をして直ぐにペラペラになるものではありません。 何故なら、フランスへ来ても、話す相手がいなければ、話す機会がなく、そのまま帰国ということがあるからで、費用をかけても効果がでない場合はあるのは、心にとめておくべきです。

フランス留学費用の目安

留学費用はピンキリです。

学校の授業料も、ずいぶんと違いますが、学校の授業料以外に、家賃も含めると、どんなに安い間借り1部屋を見つけても、また安い学校を見つけても、1年で最低200万円以上はかかります。

フランスで就職するためのフランス語

ペラペラと言っても、仕事となると状況は違ってきます。趣味の範囲を超えて、お金を貰えるレベルになるということです。

ビジネスフランス語の習得期間と費用

フランス語の習得には、お金をかける状況がずっと続くのですが、副業なり就職すると、徐々にでもお金を回収できます。

企業就職であれば、レベルが高いにこしたことはないですが、フランスの日経で最低仏検2級くらいになりますし。

フランスの言い方で、レターが書ける、電話対応ができる、日常会話はできるレベルです。

その他に、ビジネスや経済用語を別に覚え、パリ商工会議所主催の「Le français des affaires 」の試験に合格すると、就職には良い証明になります。

企業就職の場合、仕事で使う単語は、文学的な単語ではありません。

文学的なボキャブラリーよりも、仕事で使う単語が必要です。

私の場合は、アリアンスフランセーズパリで1年間のコースで、留学費用は2000ユーロ(26万円)くらいでした。

フランス企業就職

フランスで企業就職となると仏検1級を持っていれば有利ですが、それだけではなく、コミュニケーション力が必要です。

フランスの出版社で編集業務という特殊な場合を除いて一般企業であれば、そのセクターの仕事で使う単語が必要です。

フランス語のレベルが上がっていくと、希少価値となり、企業就職にも有利です。

フランスでも日本でも、フリーランス起業はできますが、企業の社員になると、会社側の福利厚生費が加算されて、社会保障税の積立てがあるので、医療保険のカバーもあり、年金が倍増します。

長年勉強をするために、お金をかけた費用以上に収入を得ることも可能です。

まとめ・習得時間と費用

ペラペラになるまでの時間で、1年から数年となるのが一般的です。 こらまでの家庭環境や、現状のフランス人との関わり方が作用し、○○ヶ月と言えなく、個人差があるということです。

環境が整っていないと習得時間はかかります。予算があればレッスンをとり、その分自分でも勉強すれば、早く習得できます。

目標をどこに置くかで、習得時間が違いますが、目標設定をして、どのようになりたいかをチェックするのが効果的です。

哲学者やニュースなど、相手の言っていることが分かるになるには、数年はかかります。

自己紹介だけのペラペラにとどまらず、レベルに奥行を持たせたいなら、目標設定をしてやっていくのが一番ですが、趣味でやっていくのであれば、やたらとお金をかけずに、オンラインレッスンをうけるのがいいかたお思います。

トライアルレッスンを受けられますので、最近受講したアイトーキーのスクールはこちらを参照してください。トライアルレッスン以降のレッスンも1回1500円くらいの先生もいます。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz