パリジャーナル

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

パリ6区サンジェルマンデプレ周辺のビストロ・カフェと

サンジェルマン・デ・プレはパリの知的で文化的な地区の代表ともいえる場所です。

この中心には、サンジェルマン・デ・プレ教会が中心にあり、哲学者のサルトルとボーボワールに代表される芸術家が足しげく通ったカフェも今だにあるくらいです。

地理的には、ルクサンブール公園からも、カルチェラタンからも徒歩で20分くらいの場所です。

高骨董商やおしゃれなレストラン以外にも、ドラクロワ美術館もあり、その他に、パリで一番古いと言われている、レストランもあります。

サンジェルマン・デ・プレの、「カフェ・ドゥ・フロール」など、有名カフェやレストランをご紹介します。

6区サンジェルマンデプレの周辺の見どころ

 

サンジェルマン・デ・プレは、文化的、インテリ的という代名詞で言い現される地区です。

その洗練された歴史を自然と感じてしまう場所と思っています。

サンジェルマン・デ・プレ教会から見ていきましょう。

f:id:meringuefine:20200220020705j:plain:w300

このサンジェルマン・デ・プレの名前は、教会と、また地下鉄4号線の駅にも使われています。

第二次世界大戦後、この地区がパリの知的・文化活動の中心地となったのは、哲学者や、作家、映画監督などが、足しげく通ったから場所だったからです。

レ・ドゥ・マゴ(Les Deux Magots)、カフェ・ドゥ・フロール(Café de Flore)などがその代表で、観光名所となっています。

  • サルトル(Jean-Paul Sartre)

  • ボーボワール(Simone de Beauvoir)

  • ゴダール(Jean-Luc Godard)

  • トリュフォー(François Truffaut)

  • プレヴェール(Jacques Prévert)

  • ジャコメッティ( Giacometti)

などの知識人が通ったのは、「ドゥ・マゴ」、「カフェ・ドゥ・フロール」と「リップ」などです。

f:id:meringuefine:20200620030936j:plain:w300
レ・ドゥ・マルゴ
f:id:meringuefine:20200620030940j:plain:w300
カフェ・ドゥ・フロール

リップはこの2軒の道を挟んだ正面にあります。

その他、美術専門のエコール・デ・ボザールというグランゼコール(教育機関)がカルチェラタンにあり、隣にあるサンジェルマン・デ・プレは6区の中でも、パリでも一番地価が高い区でもあります。

サンジェルマン・デ・プレ教会

サンジェルマン・デ・プレ教会は、地下鉄駅(st Germain des pres)をでで、すぐ隣です。

f:id:meringuefine:20200220020722j:plain:w300

パリ6区にある教会で、ロマネスク様式の建築で、現在ではパリで現存する最古の教会です。

 

f:id:meringuefine:20200220020711j:plain:w300

中にも無料で入れ、ときおり有料のコンサートもあります。

教会からは、ドラクロワ美術館までは徒歩で10分くらいです。

サンジェルマン・デ・プレ周辺のカフェとレストラン

ドラクロワ美術館から徒歩で10分くらいで、オデオン駅に到着です。 駅の前のカフェや、レストランが沢山あります。

カフェ・ドゥ・フロール(サンジェルマン駅前)

レ・ドゥ・マルゴと、カフェ・ドゥ・フロールはお隣同士になっています。

どちらもおひる時には平日でも列ができています。 ランチなら12時前に行ったほうがあまり待たないで席につけます。

この日はは、たまたま行った時間で、席が空いていてすぐにすわれました。

テリーヌ・ドゥ・カンパーニュと、オムレット。

f:id:meringuefine:20200521223626j:plain:w300
パテ

デザートに、ミルフィーにしました。 「ミルフィーユはカットが難しいです😊」

f:id:meringuefine:20200615213638j:plain:w300
ミルフィーユ

値段は、オムレットが12ユーロ、テリーヌが24ユーロと、シンプルでかなり割高ですが、満席です。

サルトルが通ってたというネームヴァリューはあるようですね。

f:id:meringuefine:20200620030940j:plain:w300
カフェ・ドゥ・フロール(172, Boulevard Saint-germain, 75006 Paris)

 

テネス・カフェ(オデオン駅前)

オデオン駅には、駅を出るとダントンの銅像があり、待ち合わせによく使われる場所です。

このダントンの像から道を挟んで、アーケードが見えます。道を渡り屋根のないパッサージュを進むとレストランがあります。

こちらのブラッスリーは、ちょうどパッサージュの角にあります。

f:id:meringuefine:20200220020646j:plain:w300

パッサージュの横にも席があります。

f:id:meringuefine:20200220020653j:plain:w300

テネス・カフェは、サンジェルマンデプレ通りにも席があり、ダントンの銅像を見ながらも食事ができます。

この日は、クロワッサンとカフェにしました。

f:id:meringuefine:20200220020640j:plain:w300

こちらのカフェは、6区のわりには良心的な値段で、クロワッサンとカフェで4ユーロでした。

* ●名前 Tennessee Café * 住所:130 boulevard Saint Germain, 75006 Paris, France * 定休日:なし * 開館時間:9時~26時

 

パッサージュを奥に進むと、古い石畳におしゃれなカフェやレストランがぎっしりとつらなっています。

ル・プロコップ(オデオン周辺)

中には、パリで一番古いと言われる、「ル・プロコップ」というカフェ・レストランがあります。 このカフェにもサルトルやボーボワールが通っていたと言われています。

f:id:meringuefine:20200220020822j:plain:w300

古いだけあり、中の装飾が古き良きパリの時代の内装で、レトロ感があります。

そのまま、パッサージュを奥に進むと、ヴァン・エ・テロワールが見えてきます。

 

ヴァン・エ・テロワール(オデオン周辺)

中はそう広くはなく、木を活かした内装です。

雰囲気が良くお店の人が親切で、値段も手ごろですし、サービスは良いです。

この日は、前菜にラビオリを頼みました。

f:id:meringuefine:20200220020604j:plain:w300

メインには、ブフ・ブルギニョンです。この料理は、パリでも古めのレストランでないと、今は食べられません。

f:id:meringuefine:20200220020609j:plain:w300

デザートは、カフェ・グルモンにしました。 このレストランに座っているとパッサージュを行きかう人が見えます。

f:id:meringuefine:20200220020621j:plain:w300

散歩をしたり、買い物をして、パッサージュを通り過ぎていきます。

不思議な感じがするレストランです。

レストラン

  • ●名前 :Vins et Terroirs

  • 住所 : 66 Rue Saint-André des Arts 75006 Paris

  • 電話 :01 42 01 17 96

f:id:meringuefine:20200220020827j:plain:w300

アラカルトで、前菜が10から、メインが19から、デザートが10ユーロから。

グラスワインが5ユーロからあります。

最寄り駅 : メトロ : Odéon(4号線)

定休日と営業時間: お昼12時~15時、夜19時~23時 定休日なしです。

 

 

まとめ

いかがでしょうか、サンジェルマンデプレ周辺のカフェとレストランをまとめました。

カフェ・ドゥ・フローなどのカフェには観光客がもちろん多いのですが、雰囲気が良いので、地元の人もきています。

そのままサン・シュルピス教会へもいけますし、リュクサンブール公園も隣にありすぐです。

www.franceinfos.xyz