パリジャーナル

Sakurako・パリ観光・パリ旅行・パリのレストランの最新情報サイト

パリモードのガリエラ宮モード美術館にてヴォーグパリ展



kindle読み放題
2024年2月4日、2軒削除して、2軒追加➡パリのレストランと街角巡り: パリ在住のグルメブロガーおすすめビストロとカフェ60選


https://amzn.to/3OCytni


パリの16区のガリエラ宮モード美術館(Palais Galliera/Musée de la mode de la Ville de Paris)で、モード雑誌VogueParis展が10月はじめから開催されています。

ガリエラ・モード美術館はイタリア・ルネッサンス様式の、フランスモードの歴史、服飾を展示している美術館です。

1890年代ガリエラ公爵夫人が、自分の美術品を集め建てた館です。

名前が似ているルーヴル宮の北翼の装飾美術館 Musée des Arts Décoratifs とは別ものです。

ガリエラ宮では特別展や企画展のあるときのみ開館していますが、地階で18世紀からの現在までのモード展を、1階で1920年から100年のファッション誌ヴォーグパリの歴史展が。

パリモードを牽引してきた、マヌカン、オートクチュール、またプレタポルテのデザイナー、パリのインテリ界の人物、ヴォーグパリを飾った写真家の歴史の一コマが垣間見れます。

ガリエラ宮モード美術館(パリ16区)のヴォーグ展

パリモードのガリエラ宮モード美術館周辺

ガリエラ宮モード美術館はパリ16区のイエナにあり、この周辺には美術館がいくつもあります。
ギメ東洋美術館
パレ・ド・トーキョー
イヴサンローラン美術館
もあり、その他クチュリエが立ち並んでいる界隈です。

ガリエラ宮モード美術館地下

今度のモード展は、カリエラ宮の歴史上初めて地下の新しいギャラリーで行い、18世紀から今に至るまでのモードの展示となています。

モードの中心である、パリコレのオートクチュールのコレクションはもちろん、写真家、イラストレーター、資料、映画のシーンなどが展示されているのです。

カメラが発達するまでは、デッサンが雑誌のカヴァーを飾っていました。

マリーアントワネットの時代のコルセットの衣装から、オートクチュールデザイナーの作品まで時代を追って展示されています。

地上階では雑誌ヴォーグパリの展示をしています。

ガリエラ宮とヴォーグパリ

ヴォーグ社はアメリカで作られたの女性モード紙ですが、オートクチュールでその独特な位置を占めるヴォーグパリがあります。 日本のヴォーグは、ヴォーグジャパンですが、フランスヴォーグはヴォーグパリです。

当初のヴォーグパリのカヴァーを飾っているのはイラストです。

1950年代別のスタイル

クチュリエ界の異才の名をとったイヴサンローランは格別な地位がありますね。

展示ではヴォーグパリの1920年から2020年までの、約400点にのぼっています。

こうしてみると、ヴォーグパリを飾った、ミューズと言われるマヌカンの中でも、ケートモスの存在は目立ったいます。 ケートモスは、一際マヌカンの領域を超え、カメラマンの心をも掴んだ存在でした。

反面、女優のカトリーヌドヌーブのカヴァーが多いのがわかります。

ケートモスの存在もありますが、ヴォーグ展のミューズはカトリーヌドヌーブのようで、彼女のカヴァーがガエリラ宮入口を飾っているのですから。

📌 合わせて読みたい

パリモードのガリエラ宮モード美術館詳細情報

ガリエラ宮モード美術館

  • 名前 :Palais Galliera/Musée de la mode de la Ville de Paris

  • 住所 : 10 avenue Pierre 1er de Serbie 75 016 Paris


休館日:月曜日
開館時間:10:00-18:00(木曜日は21時まで)
入場料:14ユーロ
開催期間:2022年1月30日まで


サイト➡http://www.palaisgalliera.paris.fr/

最寄り駅 : メトロ : Iéna駅、Alma-Marceau駅、Boissière駅

 

まとめ

パリモードのガリエラ宮モード美術館にてヴォーグ展をご紹介しました。

モードファンが多く、コロナとはいえかなり人が多いです。

美術館の中のチェックは何度もあり、チケットとコロナ接種済パスポート提示も2回ありました。

今回ご紹介した展示物はごく一部です。おすすめです。

こちら↓の関連記事もご参考にしてください。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz