パリジャーナル

Sakurako・フレンチレストラン・シェフ・フランス移住・パリ留学

パリに住むと生活費は1ヶ月いくらかかる?主要全項目を解説します!

パリの生活費で高いのは、家賃とレストランです。

しかし反面無料の文化芸術活動もあり、催し物は低額です。

その他に、日本の100円ショップのように安く物が買えるお店もあります。

そこでこの記事ではパリでの生活費が1ヶ月ではいくら位かかるのか、移住するにはいくらかかるのか、についてお伝えします。

また記事の最後の章では、パリ以外の都市での生活費、最後に移住した場合のいくらかかるのかをお伝えします。

まずはパリ生活に必要なの1ヶ月費用からお伝えしますね。

パリの1カ月の生活費(合計)

f:id:meringuefine:20200122234602j:plain

各項目別のものは次の章に書きますが、まずトータルで1ヶ月いくらかかるかを挙げておきます。

間借りをした場合の1ヶ月の生活費は、

家賃(間借り)500~600ユーロ(約6万5000円〜7万8000円)
食費(自炊)200ユーロ(約2万6000円)
お出かけと外食200ユーロ(約2万6000円)
交通費 30ユーロ(約4000円)
1人なら合計で800ユーロ(10万円)から1000ユーロ(13万円)


 

家族の場合は、家賃ももっとかかりますし、交際費がもっとかかる場合もあるでしょう。

そのほかに学校の費用は別に考慮してください。

●ユーロ換算 1ユーロ130円で計算しました。


パリの1ヶ月の項目別生活費

まずは生活の柱となる一番大きい項目の家賃からです。

家賃(賃貸~間借り)

住まい情報サイト『Se loger(フランスでよく使われているサイトです)』で家賃を調べてみました。

f:id:meringuefine:20200204012030j:plain

パリは全20区あり、17区の東~20区までがガラが良くないと言われています

ですのでパリの住居の相場ですが、北東が安い構図となっています。

パリの18区29ユーロ平米

パリ6区35ユーロ平米

となっています。

パリの左岸(セーヌ川の南)は全体的に高いですが、特に6区の家賃は高いですね。

反対に右岸の北東の18区がパリでも一番安い地区です。バルべス界隈ですので移民が多い地区です。

危険というわけではありませんが、ガラが良くないイメージです。

『金出せ!』などと脅されるような治安が悪いということではなくとも、歩いていてちょっと緊張する場所ですね。

こちらの記事でパリの危険な場所を参照してください➡パリ旅行で危険な場所は?ここは【ちょっと違う】と肌で感じよう

下記のサイトでは、住居先の郵便番号(都市の名前でも可)を入れると、フランス全国どこでも家賃の相場がチェックできます。

ただ、出てくる相場は、「区」や「都市」単位ですので、同じ区内でも、道を挟んだ向こう側の通りが高いというのがあります。不動産屋さんで出ている賃貸情報と違っていたら、そんな道の違いの所為のはずです。

http://www.lacoteimmo.com/prix-de-l-immo/location/ile-de-france/paris.htm#/ 引用先:seloger lacoteimmo


また、間借りした場合の値段はと言いますと、1部屋(10平米~)で500ユーロから900ユーロ位が相場です。


 

間借りの場合は、光熱費込みの値段で、インターネットも使えるケースが多いです。

またアパートの賃貸なら、家賃の他に共益費や電気代がかります。

光熱費や共益費

間借り以外のアパートの賃貸ですと、家賃に付随する光熱費は自己負担です。

各賃貸契約にもよりますが、

  • 電気
  • ガス
  • 水道

が普通ですが、現在ガスは危険と考え、ガスを引いていない建物もあります。

ガスは爆発事故があったりしますので、多少は高くても電気に変えている家庭も多いです。

またガスの場合は、ガスの配管のチューブを5年に一度取り換える義務もあったり、面倒ということもあります。(管理人宅も去年ガスを止めて電気にしました)

フランスでは、冷房はほとんど一般のアパートでは設備がありませんので、年に2週間位は暑い日が続きます。

そんな時は扇風機などでしのぐのが一般的です。

その代わり、暖房は各部屋、廊下、お風呂場全てに行き渡って設備がありますので、冬でも寒さ知らずで暖かく快適な生活ができます。

また、水道代の中で、水はアパートの全体の住人が使用料を折半するという契約が多いです。ですので、水以外の「お湯」を個人で払うことになります。

部屋の大きさにもよりますが、電気、ガス、お湯(水道代は共益費に入っている場合が多いです)で、1ヶ月150ユーロが相場です。

食費

食費は、自炊するとかなり安くできる項目です。スーパーマーケットには

  • モノプリ
  • フランプリ
  • カルフール
  • オシャン
  • ピカール

などがあります。

これらのスーパーの中で、モノプリが高いイメージがありますが、それはイメージだけです。

同じ商品を買って、フランプリとモノプリの商品の値段を比べたことがあるのですが、フランプリはどちらかというと低所得者層の人が買い物に行っていますし、安いイメージがありますが、安い訳ではないのです。

ですので、最初に住み始めて、いくつかのスーパーで少しずつ買って値段を比べてみることをお薦めします。

食料品の値段の一例です。

* お米(1キロ)2.5ユーロ(どこのスーパーでも売っています) * 卵(6つ)1.9ユーロ(品物により倍するものもあり) * 牛乳(1リットル0.5ユーロ(細長のプラスチックの容器入れは高い) * 肉(豚1キロ)8ユーロ (鶏肉は豚肉の約倍です) * 人参(1キロ)1.5ユーロ (野菜の冷凍品は安いです) * 水(1リットル)0.5ユーロ


生野菜や果物は、この5年で2倍になっているものもある位で、高くなりました。

しかし、冷凍品専門店のピカールでなら、安く冷凍の野菜や果物が安く売っています。

また、出来合いは高いです。

スーパーで「肉」自体は安いのですが、調理してある出来合いになると、高くなります。

肉などは、タイムセールはありませんが、商品の値段は倍も違うことがありますので、気を付けてチェックしながら買うと安くできます。

私は、買い物はほとんどモノプリでします。モノプリでカードを作ると、同じ商品を2個買うと、2個目が半額や7割引きとなっている商品があります。

2個目が半額や7割引きとなっている商品(シャンプー、洗剤や食料品)のみを買って、食料品なら冷凍庫で保存すると、かなり安くできます。割引になっている食料品は開店1時間でなくなる事が多いです。

そのような割引を利用すると食費は1カ月に200ユーロ位で済みます(我が家2人家族です)。割引が使えるモノプリのカードについては、こちらの記事を参照して下さい。↓

モノプリで買えるお土産のおすすめ!もらって嬉しい品々を一挙紹介

その他に、日本食材はパリ市内のオペラ座付近の京子食品で買えますし、ネットでも買えます。

フランスのスーパーで買える和食材!BIO食品で和食に早変わり

京子食品ではセールがありますので、2割引きで買える時があります。

KIOKO(京子食品) 46 rue des Petits Champs 75002 Paris 最寄り駅 : Pyramides 駅(7号線と14号線) サイト : https://www.kioko.fr/jp/

京子食品では、インターネット注文の割引もあります。45ユーロ以上で無料で配達もありますので、店頭に買いに行くより便利ですよ♪

 

スポンサーリンク

インターネットと携帯電話

インターネットのプロバイダーは

  • フリー
  • SFR
  • オランジュ

などが、大手の会社です。

最初の開設時に店頭で契約をすると、初年が割引になっているサービスがありますので、いろいろお店をまわって見るのが良いです。

月額30ユーロで、

  • フランスと日本へ固定電話(かけ放題)
  • インターネットの高速回線
  • テレビ50チャンネル他

など、各社でプランがでています。

現在日本までの携帯のかけ放題プランはでていません。。。

携帯電話はオランジュ(Orange)の子会社のソシュ(Soch)なら最低月額5ユーロからあります。2時間までの通話ができ、SMS(携帯メッセージ)は無制限です。

電話機本体は、オランジュSFRなどの店頭でも買えます。

交通費


パリ市の公共交通機関には

  • バス
  • 地下鉄
  • RER(パリ郊外を結んだ電車)
  • 路面電車

があります。

 パリ市内及び近郊の路線地図

1ヶ月のパスで月額約70ユーロです。このパスがあると、パリ市内と一部のパリ近郊まで乗り放題です。70ユーロというと日本なら、5駅位の定期代ですが、その位パリの公共機関は安いです。

ただ構内の照明が暗く、尿の臭いがしたり、物乞いの人が車両の中で寄って来ます。でも慣れますよ♪

毎日通勤や通学をしないなら、10枚のチケット(14.9ユーロ)を買い、毎回移動時にチケットを使った方がお得です。

RATP(地下鉄とRER)のサイトではアプリのダウンロードもできます(日本語で説明しています)↓


旅行者に思い出に残るパリ滞在ができるように、全路線でお客様サービスをしている感じです。 エッフェル塔、サン・レミ・バジリカ聖堂、凱旋門等の観光には、RATP(パリ交通公団)のバス、メトロ、路面電車を使うのがいいです。 引用先 : RATP パリ市内及び近郊の観光

 

銀行の口座の維持費

銀行には、

  • ソシエテ・ジェネラル
  • BNPパリバ
  • HSBC
  • LCL

などあります。

口座管理費のみなら月額で2ユーロからありますが、盗難などの保険付きでビザカード代が月額8ユーロなどです。

月額で8ユーロで、年間で一括にすると8x12で96ユーロですが、一括より月額の方が安い場合がありますので、口座開設の時に確認してください。

フランス国内だけで通用するカードを、カルトバンケール(CB)と言います。それならひと月4ユーロなどと、ビザカードよりも一般的に安くなっています。

また、カードの不正使用や、道でひったくりにあった場合にも、保険を掛けておけば、警察に届け出を出すと、保険で盗難金額が戻ってきます(上限はあります)。

フランスで銀行口座開設をするには?断られた時の対処方も解説

盗難の時の届け出盗難にあうと直ぐにカード会社に電話をしましょう。 カードの不正使用を食い止めるためと、すぐに電話をしないと、保険会社から疑われることがあります。 管理人はすでに、2回ひったくりに遭いました。 カード会社に連絡をした後は警察へ被害届を出して、そらから保険会社に被害請求をします。

警察への届け出は(Porter plainte)といいます。

フランスでスリにあったら?旅行中の対策と警察の被害届の出し方パリ旅行で危険な場所は?ここは【ちょっと違う】と肌で感じよう

外食

フランスでは外食は割高です。 デリカでも高く、スーパーで300円でお弁当などがありません。

サンドイッチ4ユーロ~ パリのオペラ街の和食のお弁当9ユーロ~ 中華のテイクアウト8ユーロ~ カフェのコーヒー2ユーロ~ ランチならカフェで(アントレーメインーデザート)16ユーロでもあります。


 

病院代

総合病院もありますが、風邪などで診察をうける場合は一般内科医でアポをとると、当日でも受診してもらえます。

社会保険(セキュリテ・ソシアル)に加入していると、費用は戻ってきます。

一般医 25ユーロ(初診料なし)

専門医が28ユーロ(初診料なし)

整骨院が60ユーロ(腰が悪くなった時などの診療費は元々、セキュリティソシアルで扱われていませんので自費で受診となります。任意保険に加入していれば、一部戻ってきます)

夜間など風邪でもガストロなどの救急でお医者さんに家まで来てもらえます。

1回70ユーロ位で、払い戻しの申請を任意保険も含めてするとほぼ全額戻ってきます。

救急医SOS MEDECIN 電話番号 01 47 07 77 77 です。お腹が痛いなど、急な場合はためらわずに、電話しましょう。緊急医の派遣は薬や注射器を持参する先生を依頼しましょう。
 

フランスの救急車の電話番号!救急の種類と断わられない電話のかけ方

 

美術館・オペラ

パリの生活費は全体に高いですが、文化芸術が身近に感じられ、無料のものが数多くあります。

美術館は毎月第1日曜日は無料(常設展のみ)です。

ルーブル美術館 17ユーロ : https://www.louvre.fr/horaires-tarifs-acces/tarifs#tabs

オルセー美術館 12 ユーロ : http://www.musee-orsay.fr/uploads/tx_kleeadmin/Japonais2016.pdf

また、オペラも15ユーロからチケットが買えますし、ネットで予約できますし、気軽に行ってみてはどうでしょうか?

オペラ 15ユーロから  : https://www.operadeparis.fr/ 

 

美容院

女性のカット代は通常で35ユーロ位ですが、27ユーロ位からで行っている美容院もあります。

散歩の時に、チェックしてみるといろいろ見つかりますよ。

ダイソーのような100円ショップ

朝市に100円ショップがある場合があります。100円ショップのスタンドは大体中国系の人がお店を出しています。

  • 電池
  • ざる
  • ポストイット
  • 台所用品
  • シャンプー

モノプリなどのスーパーは台所用品や文房具がとても高いですので、『朝市』がお薦めです。

リオン駅の構内の中にも、シャンプーなどの日常品が安く売っています。

パリ以外の都市の生活費

では、パリ以外の都市と生活費を比較してみると、どうなのでしょうか。

パリでは勿論家賃は高いのですが、家賃以外の項目で他府県で生活費が安くなるかというとそうでもありません。

ブザンソンという以前日本人女性が失踪してニュースになった学生都市と、南仏のマルセイユの平米当たりの家賃は以下の通りです。

パリ6区 35ユーロ ブザンソン 10ユーロ マルセイユ 14ユーロ


私も他府県に宿泊をして、ランチを食べましたが、お昼のセットランチで「前菜、メイン、デザートの3品」でパリと同じなら16ユーロなどでもあります。

家賃はパリが倍以上だどして、他の都市で、ランチなどの外食費は、同じ3品で16ユーロの半額の8ユーロで食べれるかというとそうでもないのです。

また他の都市であらば、自動車が必要ですので、その分ガソリン代と維持費(保険)がかかります。

日本へ帰省すると、パリ経由でフランスを移動しますので、新幹線の費用や飛行機の乗り継ぎ費用が別途かかります。

時期により、新幹線代は違いますので、早割切符を買うと安くなります。

地方都市では、日本人の就職先として日本企業の数が少ないか、ほとんどありませんので、フランス語のレベルがかなりでないと、企業での仕事はないと思った方が良いです。

パリならフランス語ができなくても、レストランの給仕や皿洗いの仕事もあり、収入を確保できる可能性もあります。

 

最初はフランスで口座を開設することになりますが、ユーロと日本の円の口座間で、インターネットで送金できるようにすることをお薦めします。 日本の貯金とフランスの貯金で、ユーロか円のどちらを使うのかは考えどころです。 ユーロ高の際に、ユーロを日本円へ転換しておいて、日本へ送金しておくとしばらく日本で収入がないときでも困りませんし、日本に帰省した際に円を使えます。 逆に、円高の際に、フランスへ送金してユーロへ変換すると、こちらの生活費の足しになります。3割の差がでると大きいです。


パリに移住・最低いくらかかるのか・生活費まとめ

パリの1か月の生活費をご紹介しました。 最初の章でご紹介したのは、 間借りをした場合の1ヶ月の生活費は、

家賃(間借り)500~600ユーロ(約6万5000円〜7万8000円)
食費(自炊)200ユーロ(約2万6000円)
お出かけと外食200ユーロ(約2万6000円)
交通費 30ユーロ(約4000円)
1人なら合計で800ユーロ(10万円)から1000ユーロ(13万円)

ですが、これは最低で、無料のコンサートや美術館に行き、食事もしないでとなれば可能ですが、家賃はこの値段では良い物件がみつからないとなると、アパート住まいにもなり、数百ユーロは高くなるかもしれません。

ランチはセットメニューで割安ですが、外食代はどうしても高くなります。

日用品は、一番節約できる項目で、100円ショップで買い物をするなど、スーパーの3分の1くらいでも買えますので、こまめにチェックできたらいいです。

その他に、語学学校に通えば学費がかかります。 語学学校なら、授業料が安い学校にすることで、生活費を抑えられます。

パリ留学ならCEBPの語学学校がおすすめ!プログラムの選び方詳しく解説

こちらのCEBPなら、一月の授業料が360ユーロ(長期になる方が割安)ですので、1000ユーロを加えて、1360ユーロとなります。 パリ市内で良い場所で、いい物件が見つかれば、この値段で留学をしながら移住もできます。

パリ行きのチケットの買い方はこちらの記事にまとめました(^^♪

www.franceinfos.xyz

移住には、滞在許可証を整えなければいけません。 こちらの記事をご参照ください。

www.franceinfos.xyz