フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

パリのイタリアンのレストランおすすめ3選!本場イタリアンの味

スポンサーリンク

f:id:meringuefine:20201204174346j:plain

美味しいイタリアンのレストランはパリに多いです。

イタリアのコミュニティーもありますし、フランス人シェフのイタリア料理店とは違った味です

特にオペラ座界隈にもイタリア人経営のお店も多いです。

おしゃれ空間で、また家庭的な空間もありで、納得してお店を出るのは事実です。

そんなレストランご紹介します(^^♪

パリのイタリアン・レストランおすすめ3選

イタリアのベニスの雰囲気いっぱいのちょっとお高めのイタリアンからご紹介します。

モリ・ヴニース

パリ証券取引所隣にある、老舗のイタリアンレストランです。

f:id:meringuefine:20201204175039j:plain

名前も「もり」さんで、まるで日本人のようですが、れっきとしたイタリア人オーナーです。

老舗というだけあり、店内はシックでおしゃれです。 ベニスの調度品があって、内装がシックです。

f:id:meringuefine:20201204175049j:plain

店内は広く奥行きがあります。装飾品がところどころに置かれていて、イタリアンタッチを感じます。 注文をすると、オリーブオイルとパンが運ばれてきます。

オリーブオイルが運ばれてくると、流石、地中海文化って思いますね。

f:id:meringuefine:20201204174346j:plain

この日は、イタリアの生ハムを前菜に頼みました。こんなお人形のハム飾りとは、流石、粋ですね!

このハムは、マスタードの効いた果物のコンフィと食べます。うーん、これはフレンチにはないぞと、感心しました。

ワインはイタリアンにして、しばし、生ハムを堪能しました。

f:id:meringuefine:20201204174457j:plain

それから、メインにスパゲッティです。

f:id:meringuefine:20201204174429j:plain

この黒トリュフはアルバ産(白トリュフが有名な産地)でした。美味しく香りが豊かです(^^♪

f:id:meringuefine:20201204174335j:plain

そして、デザートは、こちらミルフィーユです。

f:id:meringuefine:20201204174356j:plain

生クリームが上質だとここまで美味しくできるのと思ってしまうほど、ミルフィーユは、クリームだけでも完成するものだと感心しました。

 

繊細なイタリアンです(^^♪

レストラン●名前 : Mori Venice Bar 住所 :27 Rue Vivienne 75002 Paris France 電話 : 01 85 15 21 38

f:id:meringuefine:20200318220418j:plain:w300

メニューがなくアラカルトで、前菜が28から、メインが36から、デザートが16ユーロから。

一人ワインを入れて70ユーロくらい。味は極めて繊細です。

地下鉄最寄り駅 : Bourse (3番線)

定休日と営業時間: お昼12時~14時30分、夜19時~23時 定休日は日曜日と土曜日の昼。

サイト: モリ・ヴニース

イル・フィコ

f:id:meringuefine:20201204185924j:plain

オペラ座から歩いて10分のところにあるルーブル美術館とアカデミーフランセーズ隣にある、イタリア料理のイル・フィコです。

シェフはイタリアン人シェフで、ニコル・ピズさん。コルシカ島の南にあるサルデーニャの料理をメインに出しています。

店内は2階もあり、平日は近所に勤めている人から、観光客まで幅広い層が国籍を問わずおとずれています。

立地がよく、通りの奥まった場所にありますので、知る人ぞ知るレストランです。

入店すると、「ボンジョルノ」と、親切なサービスをしてもらって食べられます。

f:id:meringuefine:20201204185911j:plain

フォカッチャと、自家製パンです。

f:id:meringuefine:20201204185713j:plain

なんということもないのですが、トマトが中に入れて焼いてあったり、やはり素材がイタリアンに合っています。

この日は、イタリアンのミネストローネにしました。冬の素材で、豆や緑黄色野菜などをトマト味で煮込んだものです。

f:id:meringuefine:20201204185803j:plain

 

メインには、イカ墨のリゾットにしました。

f:id:meringuefine:20201204185846j:plain

イカ墨料理はパリでは、イタリアンかスペイン店で食べられます。

パスタもイタリアンのレストランでは、クリームチーズがのっていて、フレンチとは違いますね~😊

f:id:meringuefine:20201204185833j:plain

サルデーニャ島のイタリアンです。食材の味が豊かで、フレンチの飾り付けとは違い、一品は素朴に見えますが、納得の品です(^^♪

レストラン●名前 : Il Fico 住所 :31, rue Coquillere 75001 Paris France 電話 : 01 44 82 55 23

f:id:meringuefine:20201204185857j:plain:w300

メニューがなくアラカルトで、前菜が11から、メインが21から、デザートが9ユーロから。

一人ワインを入れて50ユーロくらいです。 地下鉄最寄り駅 : Pyramides (14 番線)とPalais Royal-Musée du Louvre (1 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時~14時30分、夜19時~23時 定休日は日曜日と月曜日の夜。

サイト: http://ilficoparis.com/

オベール・マンマ

庶民的なイタリアンのレストランです。店内にはパルパの生ハムがぶら下がっています。

f:id:meringuefine:20201204200043j:plain
f:id:meringuefine:20201204200818j:plain

この日は、ブラタのチーズとトマトのサラダを前菜に選びました。

f:id:meringuefine:20201204200840j:plain
f:id:meringuefine:20201204200829j:plain

こちらのトリュフ名物といえば、マファルディンというパスタです。

f:id:meringuefine:20201204201255j:plain

黒トリュフのソースにパスタをからめて、さらに黒トリュフのスライスをのせています。香りが充満しています(^^♪

デザートは、ティラミスにしました。 器ごと持ってきて、こんな感じと見せてくれたのは嬉しかったです。

f:id:meringuefine:20201204200754j:plain

もう一つのデザートが、シャルロットです。

f:id:meringuefine:20201204200743j:plain

レストラン●名前 : Ober Mamma 住所 : 107, Boulevard Richard Lenoir, 75011 Paris 電話 : 01 58 30 62 78

f:id:meringuefine:20200318220506j:plain:w300

地下鉄最寄り駅 : Oberkampf (5と9 番線)

定休日と営業時間: 営業時間 昼11:30~23:30 

まとめ

パリのおすすめのイタリアンレストラン3店をご紹介しました。

ボンジョルノなんて入店にいわれて、なんかハピーな気分になるイタリアンレストランです。

イタリアンには、郷土色のある食材が使われています。マスタードをコンフィ漬けにいれるなど、トリュフもイタリア地方もものが多いです。

パリにいるシェフですが、地元イタリアンの味を踏襲しています。 パリの散策と、オペラ座の見学もあわせてどうぞ。

ボンナぺティ(^^♪

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz