パリジャーナル

Sakurako・フレンチレストラン・シェフ・フランス移住・パリ留学

パリのセーヌ川の大雨注意報!洪水の危険性はどのくらい?

f:id:meringuefine:20210207023602j:plain
セーヌ川2021年2月4日パリのベルシーの橋

今年もセーヌ川の水位が上がっています。

1月に入り雨が多く、セーヌ川にも雨が降り注いでいます。

雨のあと晴天がない日がつづき、曇り、また雨の状態です。

晴れないと水も蒸発しないので、そのまま水位が下がりません。 現在の水位は、4,3メートルくらいと観測されています。

今後のお天気も気になるところですが、水位がどこまで行けばセーヌ川の氾濫の可能性があるのでしょうか。

パリで過去に洪水があったのは、1910年でした。 過去のデータも見てみましょう。

パリのセーヌ川の大雨注意報

f:id:meringuefine:20210207023647j:plain
セーヌ川2021年1月30日パリのベルシーの橋

セーヌ川の岸は、水位が上がっています。

パリ市内、東側のベルシーには、財務省があります。

緑の建物はパリのモード学園(IFM)です。

この写真は1月30日にとったもので、2月4日まで水位が上がっったままで、下がっていません。

f:id:meringuefine:20210207023654j:plain
2月7日からの天気予報

引用先 

https://meteofrance.com/previsions-meteo-france/paris/75000

フランス天気予報観測所の天気予報も、明日の2月7日からも☔です。

フランスの17県への大雨警報

f:id:meringuefine:20210207023619j:plain
セーヌ川2021年2月4日パリのベルシーの橋にある停泊中の船

フランス気象台では、フランスの17県へ大雨警報をだしています。

現在の豪雨は、ジュウティン暴風雨(tempête Justine)の通過で、複数の県で被害があり、死者も出ています。

パリ・セーヌ川の水位上昇と危険性

パリには暴風雨はきていませんが、危険な状態なのがセーヌ川の水位です。

洪水になるのではと心配です。

水位が4.3メートルを今週超えてしまいました。

写真を見る限り、岸の下の駐車場は水がギリギリのラインまで来ています。

f:id:meringuefine:20210207023633j:plain
セーヌ川2021年2月4日パリのベルシーの橋にある停泊中の船

停泊中の船も普段は岸の下で、上半分しか見えないのが、今は船全体が見えいます。

パリ・セーヌ川の過去の水位とパリの浸水

調べたところ、セーヌ川の水位は場所により7メートルくらい(全ての場所でなない)あるようです。

過去には、 1982年には、6メートルを超え、 1955年には、7,12メートル、 1924年には、7,32メートル、

を超えていた記録があるということです。

そして、1910年には、なんと洪水でパリが浸水したのです。

この年は、水位がなんと8,62メートル(場所によって)となっていたということです。

このパリの浸水は1月にありました。数週間ずっと雨が降り続けたということでした。

以上のデータを見ると、現在はまだ4,5メートルのラインですので、洪水とはならないと言えるのかもしれません。

これで、台風でもくると暴風雨と交じり、洪水とは別の被害ともなってしまいますが、現在は注意報のレベルです。

まとめ・貯水池の対応策

今年はコロナで、外出制限もありで、大変な状況が続いています。

これで、洪水にでもなればと心配にもなりますが、セーヌ川の水を、貯水池に運ぶことも、大洪水になった1910年以降されたということです。

セーヌ川の水位を見る限り、とても心配でしたが、貯水池には水がながれるようになっているので、このくらいのレベルですんでいるといえるようです。

とりあえず、今のままでは、洪水(crues)とはならないといえると思われますが、注意をするには越したことはないですね。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz