フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

パレ・ロワイヤル隣のレストラン「ル・リュリ」!Orieuxシェフのインタビュー

スポンサーリンク

f:id:meringuefine:20200913190133j:plain

1区のパレ・ロワイヤルの隣にある、ホテル「Grand Hôtel du Palais Royal ル・グラン・オテル・ドゥ・パレ・ロワイヤル」のレストラン「Le Lulli ル・リュリ」のシェフ、Orieuxシェフをご紹介します。

「Le Lulli  ル・リュリ」は、その豪華でエレガントな内装のホテルの一角にある、エレガントなレストランです。

Orieuxシェフは、こちらのル・リュリですでに、3年以上シェフをされています。

コロナで半年「Le Lulli ル・リュリ」は閉店していましたが、今週最オープンしました。

最オープンの連絡をもらいインタビューをしてきました。

オリウ(Orieux)さんのインタビューと、ランチの様子をご紹介します。

 

パリ・パレロワイヤルのホテル・レストラン「Le Lulli」ル・リュリ

f:id:meringuefine:20200913190102j:plain

「Le Lulli ル・リュリ」の店内は、茶色とクリーム色が基調で落ち着いた中にも、豪華さがある雰囲気です。

シェフのジャン・バチスト・オリウ(Jean-Baptiste Orieux)さんは、長年ホテル系列のシェフをされ、こちらのル・リュリにいらしたのは、約3年前です。

「ル・リュリ」オリウ(Orieux)シェフのインタビュー

f:id:meringuefine:20200913185221j:plain

「ル・リュリ」があるホテルは高級ホテルで、1泊500ユーロはする、5つ★です。 優雅で~す。

そんなホテルにシェフとして迎えられたのが、ジャン・バチスト・オリウ(Jean-Baptiste Orieux)さんです。

シェフの経歴がすごいです。

Orieuxシェフ、今日はありがとうございます。やっとオープンされましたね。パリでもホテルはずっと閉鎖のままです。やっとオープンという連絡をいただいて、嬉しいです。オープンしたら、もうすでに満席ですね。

はい、ありがとうございます。私もレストランが再オープンすることができて、嬉しいです。半年は長かったです。しかし、おかげさまで、今週から再オープンして、テラス席は満席状態です。近所で働いている方が来てくれています。

f:id:meringuefine:20200912235037j:plain
mise en bouche 「ミーズ・オン・ブシュ」チーズとフィーグのベストソース添え

こちらのホテルは高級ホテルで、レストランも、値段が高いイメージがありました。前菜、メイン、デザートの3品で29ユーロなのですね。テラス席で優雅に過ごせて、この値段はすごくお得ですね。

はい、6か月ぶりのオープンで、今はこの値段でやっています。みなさんホテル・レストランなので、高いと思っているようです。このランチメニューの値段だと、周りのブラッスリーより安いくらいなのです。

前菜に、

f:id:meringuefine:20200913185342j:plain
メトロと生ハム、フランス語で、メロンのブーケとは、粋な命名。Bouquet de melon, cecina

こんなにメロンが綺麗な飾り付けになるなんで感激です。白ワインとも凄く上手くマッチしていました。中にスライスパンもあって、ミーズ・オン・ブーシュのペストソースから凄く流れが良かったです。それにしても、シェフは、いまチーフ・エギュゼクティフですが、以前は、あのシャンゼリゼ通りの「フーケッツ」の副シェフから抜擢されて、こちらへ来られたのですね。シェフの経歴は、ずっとホテル・レストランで勤務されていたのですね。

はい、私はずっとホテル・レストランのシェフを努めてきました。特に最後のフーケッツは12年勤務していました。フーケッツはレストラン・カフェで有名ですが、ホテルもあります。ここのル・リュリもホテルのレストランで、グラムド・オテルは世界規模で大きく展開している高級ホテルです。パリは規模が小さいですが、高級ホテルです。ホテルは9月末に最オープンの予定です。

ずっと、ホテルのシェフをされていたので、こちらのホテル・レストランで採用されたのですね。私たちには、ホテル・レストランとレストランで、シェフが作るメニューが違うとかあるのでしょうか。

はい、かなり違います。ホテルのレストランは、このレストランだけではなく、ホテルの部屋からの食事の注文があります。または、バーでの軽食があります。同じシェフと言ってもメニュー内容が違うのです。私は、ホテル・レストランの経験が長いので、このホテルでのシェフに採用されたのです。

f:id:meringuefine:20200913185028j:plain

このような高級ホテルだと、メインにはアメリカ人が多いのでしょうか。1泊500ユーロもすると、収入の違いで、宿泊客の好みが反映されるように思いますが。

そうですね。メインにはアメリカからの方が多く、大体の方はレストランでは食事をせず、スナックを食べる方が多いのです。バーのハンバーガーが人気です。一度、私が作ったハンバーガーが、奥さんのハンバーガーより美味しいと褒めてもらいました。

f:id:meringuefine:20200913185234j:plain
自家製オリーブ入りパン

そんなこともあるのですね。私もアメリカの友人がいますが、全体的にニューヨークや大都市以外では、フランス料理は普及していない気がしますし、フランスに来た友人は、フランス料理を食べて感激して帰って行きます。ところでシェフ、最近の傾向ですが、ミシュランガイドの星の乱高下もありますが、今のフレンチの飾り付けを、どのように考えてられますか。ミシュランの星付きレストランのシェフが、最近のミシュランの監査の仕方がなっていないという、味のわからない監査人が見た目が良いレストランを評価し、監査をしているという批判もありました。

見た目で判断するプレゼンは確かに近年重視されています。プレゼンの仕方が変わってきたのは確かです。私たちも、飾り付けが綺麗になるようにしています。花もコストの一部です。しかし、私はそれを軽視するつもりはないですが、やはり味が一番ですね。雑誌やインスタを見て綺麗だから、来てくれても、味が悪いと、お客さんは来てくれません。ですので、シェフとしてやっていることは一緒で、味で納得してもらえる料理を作っていきますし、全部新鮮な素材を使っていることで、リピーターで来ていただいています。料理には素材の味がでてきますからね。

f:id:meringuefine:20200913190039j:plainf:id:meringuefine:20200913185416j:plain
鳥のバロン、ニンジンのピュレ添え(Ballon de volaille, mousseline de crécy au thym, citron,jus court)

シェフ、マンゴースープには驚きました。マンゴースープは、マンゴーの果汁をそのまま出すのを想像しましたが、ココナッツミルクのアイスクリームとマッチングさせているのですね。アイスクリームもあっさりしていて、ココナッツミルクの臭みがないのですね。

ありがとうございます。はい、自分でいうのもなんですが、そこはガストロノミーと、カフェの料理は違います。

f:id:meringuefine:20200913190122j:plain
ココナッツミルクアイスとマンゴースープのデザート(アラカルトです)soupe de mangue au lait de coco parfumé au citron vert)

シェフ、感激でした。どれも美的で美味しかったです😊ところで、シェフ、コロナで不安定時期ですが、今後の目標はおありですか。

そうですね。急に、ミシュランの星は目指しませんが、ゴー・ミヨの評価を上げたいと思っています。

こんなに美味しかったので、きっとそうなるといいですね。今日はお時間をありがとうございました。また、シェフの傑作品を食べに来たいです。

いいえ、こちらのほうこそありがとうございました。また来て下さい。

まとめ

ホテル・レストランの「ル・リュリ」のオリウ(Orieux)シェフのインタビューでした。

今回のオリウシェフの名前と、前回のインタビューのレストラン「オーギュスト」のオリウシェフの名前が一緒で、間違いと思われた方もいるかもしれませんが、別人の方です。

オリウという名前は、フランスでも本当にすくないので、お二人がいとことか親戚とか思いますが、全く親戚ではありません。

ル・リュリは、ホテル・レストランとして、中庭のテラス席が充実しており、まだまだテラスで食事ができます。

中もゆったりとした空間です。

ガストロノミーの料理をランチで言う方には、お勧めなレストランです。 ラフルシェットの評価でも9.5と得点が高いです。😊

ル・リュリ●名前 : Le Lulli
住所 : 4, rue de Valois, 75001 Paris France
電話 : 01 42 96 15 35

f:id:meringuefine:20200913185815j:plain

最寄り駅 : メトロ : Palais Royal 駅 (1と14 号線)、
営業時間: お昼のみ、12時~15時。


ランチは、 3品で29ユーロ、 その他はアラカルトあります。 この日は、デザートはアラカルトから選びました。
ランチ時にはワインはグラス10ユーロ~。 エレガントな雰囲気で食事をという方にはピッタリのレストランです。 😊  

ボンナぺティ(^^♪

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz