パリジャーナル

Sakurakoアンフォ・料理シェフ・フランス語・パリ留学

フランス語ビジネスメールの挨拶と結び言い回し10選!レターとの使い分けも

f:id:meringuefine:20200504032457j:plain

フランス語のビジネスメールの書き方で注意点がいくつかあります。

メールはレターほど、フォームが決まっておらず、省略できる部分もあります。

取引先の担当者との関係で、挨拶や結びの書き方も違ってきます。

カジュアルな関係になっても、メールは電話と違い、後に残りますので、ちょっと注意が必要です。

また、フランス語のメールのは、レターほど正式ではなくとも、日本語のレター形式とは随分と違います。

冒頭の挨拶は簡素なのがフランス語のビジネスメールの特徴です。

フランス語のビジネスメールの便利な言い回しと結び10選をご紹介します(^^♪

フランス語ビジネスメール挨拶と結び10選

f:id:meringuefine:20200121173126j:plain:w300

フランスのレターでは、最初は簡素で、最後を重厚に結びのまとめになっているように、メールも一緒です。

日本語のレターとは対照的です。

では、ビジネスメールの挨拶から、言い回しをみてみましょう♪♪

挨拶と結び言い回し

①ムッシュー(Monsieur)

Monsieur、 拝啓はこのムッシュ―です。

なにかボンジュールで始めたいところですが、 ボンジュールは、親しい間での言い方です。

では、 Bonjour Monsieur、

と使ってもいいですが、オフィシャルには、 Monsieur、 のみです。

②マダム(Madame)

初めてのメールで、公官庁などへ書くメールで、担当者が女性か、男性かどうか分からない時は、ムッシュ-で始め、

相手が女性とわかっていれば、 Madame、 マダムにします。

この時も、 Bonjour Madame、

とはせず、

Madame、 のみにします。 これがオフィシャルです。

③ボンジュール(Bonjour)

ただ、フランスで勤務をして、メールをもらい、あなたが男性なら、

ボンジュール ムッシュー(Bonjour Monsieur)

と、 あなたが女性なら、

ボンジュール マダム(Bonjour Madame)

という挨拶のメール文を受け取る場合もあるかと思います。

実際このようなメールは多いのですが、オフィシャルには、 ボンジュールはつけません。

多くの人が付けているので、書いた方がいいのではと思ってしまうほどです。

②スィット・ア(Suite à )

この、「Suite à」使う頻度が高いです。

冒頭には、ムッシュ―やマダムとカキ、その後にいきなり用件を書きます。

受け取ったレターに返答をする、質問をする場合に、

相手から最初のアクションがあり、 それに対してメールを書きます。

そんな場合には、 この スィット・ア(Suite à )

を使います。

Suite à votre lettre du 23 mars 2020.

というように、スィット・ア(Suite à )を使い、 〇月〇日のあなたのレターを受け取りました、

レターの日時や、議事録のリファレンス○○号など、を指定し、相手がその内容に返信するときに使います。

④コンセルナン(Concernant)

コンセルナン(Concernant)は、

先ほどのSuite àに似ています。

違いは、Suite àは、メールを書く前に「対象となるもの」があることで、 相手のアクションに対して、返信するというものです。

しかし、○○についてというような、それまでのアクションがない場合は、

Concernant を使います。

⑤ジェムレ( J'aimerais)

ジェムレ( J'aimerais)は、○○したいのですが、

これは条件法で、ていねいな言い方です。 メールといえども、丁寧な表現を使いお願いをするのが鉄則です。

➅プリエ・ヴゥ ( Pourriez-vous )

プリエ・ヴゥ「 Pourriez-vous」は、

上のジェムレと同じく、丁寧な表現で、 ○○していただけませんか?

といいう言い方です。

一つのメールに何か所かお願い事項があれば、同じ表現を使わず、いくつかのパターンを混ぜたほうが単調なリピートにならなくていいです。

フランス語はリピートを嫌います。

⑦ディスポジション( à votre disposition )

ディスポジション( disposition )は、

御社の意向に沿います、 あなたの質問に答える用意がある

という意味です。

お役所のレターに、 ○○をして下さいと依頼事項があったとし、

その中には、最後に 質問があれば、お答えしますとように、

je suis à votre disposition.

メールを送るときにも、この1文を書いておくと、 依頼をしても文面が柔らかくなります。

⑧コルディアルモン( cordialement )

コルディアルモン( cordialement )は、最後の結びの表現です。

最初に Monsieur、

で始め、

先ほどのSuite à で、相手のアクションを書き、

J'aimerais で、依頼する内容を書き、 最後に

コルディアルモン( cordialement )

で結びます。 このcordialementは、次のSalutationに比べ、カジュアルな表現です。

⑨サリュターション( salutations )

サリュターション( salutations )は、同じく最後の結びの表現です。

先ほどの

コルディアルモン( cordialement )

との違いは、

salutations の方がフォーメルです。

同僚には、 cordialement を使い、 お役所には salutations の方が適切です。

⑩アグレエ ( agréer)

メールの結びの敬具には、

コルディアルモンやサリュターションだけではなく、 1文で丁寧に言う場合は、

Je vous prie d'agréer, Madame, Monsieur, mes salutations distinguées

と最後に結びます。

この時に、注意点は、メールの最初に書いた、

Madame, Monsieur、

に、最後の文章に合わせていれます。

Madame,はMadameと、 MonsieurはMonsieurと 一致させます。

■合わせて読みたい

まとめ

フランス語のビジネスメールの挨拶と結びの言い回しをまとめました。

冒頭の、Madame, Monsieur、だけだと、何か冷たい気がして、ボンジュールとつけたいですが、なしがフォーメルです。

用件には、「Suite à」 を使うと意味がはっきりとしてきます。

最後の結びの敬具は、フル文章で書くと、レターのようにフォーマル過ぎると思いますが、フルセンテンスで書いても丁寧すぎません。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz