パリジャーナル

Sakurako・フレンチレストラン・シェフ・フランス移住・パリ留学

フランスのマリアンヌの赤い切手が廃止?いつから?

スポンサーリンク

昨日7月21日に、フランスの郵政省が、赤い切手(timbre rouge)を来年2023年1月1日から廃止することを発表しました。

赤切手といえば、マリアンヌの女性の描かれている切手で、フランスのシンボルですよね。

寂しい気もしますが、時代の流れで、この赤い切手ではコストがかかりすぎで、需要がすくなすぎで、この発表となったということです。

では、もうレターは送れないの?と思いますが、緑切手はまだ残ります。

緑切手は、ゆっくりコースの数日かかって配達されるレターに貼る切手です。

 

フランスのマリアンヌの郵便切手

フランスのレター郵便では、赤い切手(timbre rouge)と緑切(timbre vert)などがあります。

赤い切手(timbre rouge)のマリアンヌ

赤い切手(timbre rouge)

来年2023年1月1日から廃止することが発表されたのは、この赤い切手です。

この赤い切手の描かれている女性は、マリアンヌで、フランスを代表すると思われる女性が描かれています。

所謂フランスのシンボルですよね。

シンボルという面では、マリアンヌが描かれている他の切手は、ずっとありますので、とんでもない変化というわけはありません。

ただ、時代が変わったと言わざるを得ないですね。

ストリートアートのマリアンヌ

このマリアンヌは、パリ13区のストリートアートの建物にも描かれています。

画家【Obey】

フランス女性の象徴マリアンヌ。

Obey 住所 Bd Auriol と la rue Nationaleの交差地 猫の隣 75013 Paris

「Liberté, Egalité, Fraternité 自由、平等、博愛」とフランス共和国の標語が書かれています。

www.franceinfos.xyz

ドラクロワのマリアンヌ

画家のドラクロワもマリアンヌを描いています。 ↓こちら記事をご参照ください。

fr.sakurakodesu.xyz

フランスの赤い切手が廃止はいつから?

赤い切ったが廃止となるのは、2023年の1月1日からということです。

2022年のマリアンヌのレター用郵便切手

一番右の国際切手を除いて、他3つは国内レター用の切手です。

赤い切手の廃止理由は?

廃止されるのは赤い切手で、この切手を貼ったレターは翌日に到着するというものです。

翌日配達をするためには、飛行機を使ったり、エネルギーがかかるようになっています。 今は特に燃料費の高騰もありますし、コストも高く、郵便を使う人は少ないで、採算がわるく廃止を決意したということです。

燃料費の高騰が今年なくても、採算が悪いというのは、レターを送る人が少なくなっていますよね。 もうかなりSNSでなんでもできてしまいますよね。

それでも、観光地では絵葉書が売られていますし、いいデザインの絵葉書は売れています。 そんな場合は、緑切手を貼れば送ることができます。

まとめ・残るフランスの切手

廃止となると発表された、赤い切手です。 その他の切手は、配達に日数がかかります。

赤切手以外の切手はそのまま残るということです。 2023年の1月1日となると、まだ半年あまりありますので、赤切手も形を変えて、サービスがでてくるのかもしれません。

長年親しんだ赤切手、思い出にとっておきたいですね。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz