パリジャーナル

Sakurako・パリ観光・パリ旅行・パリのレストランの最新情報サイト

フランス語のメルシーボークー「ありがとう」の丁寧な言い方は?



kindle読み放題
2024年2月4日、2軒削除して、2軒追加➡パリのレストランと街角巡り: パリ在住のグルメブロガーおすすめビストロとカフェ60選


https://amzn.to/3OCytni


フランス語で「メルシーボークー」とよくききますが、意味は「ありがとう」という意味です。

このありがとうの言い方、カジュアルな言い方から、丁寧な言い方まで随分とバリエーションがあります。

短い文章で、気もちを伝えられる便利ないい方を見ていきましょう。

フランス語の「メルシーボークー」はよく使う?

「メルシーボークー」はありがとうの意味で、 Merci beaucoupと書きます。

「メルシーボークー」と「メルシー」の違い

「メルシーボークー」と「メルシー」の違いは、丁寧さの違いです。

メルシーは、「Merci」と書きますが、普段お礼をいうのであれば、このメルシーでOKです。

「メルシーボークー」と「メルシー」どっち?

丁寧さの違いですが、話し相手との関係ですので、気持ちの伝え方で、メルシーだけでも相手に感謝しているんだと伝わればOKです。

フランス語の「ありがとう」を丁寧に

ありがとうの「メルシー」は名詞で、「Merci」とかきます。

普段お礼をいうのであれば、このメルシーをよく使います。

「メルシーボークー」と「メルシー」のシチュエーション

フランスで旅行中にこれらの使い方としては、

  • 空港に到着し、タクシーに乗って、到着したホテルでタクシーを落ちりる時、運転手さんへ、

  • ホテルでチェックインをして、部屋まで案内してもらうとき、

  • カフェでコーヒーを飲んでお勘定を済ませたとき、

このような時も、フランスではありがとうと言います。

日本と違って、フランスではお客の立場でも、お店の人にお礼をいいます。

このような、ただのメルシーもありますが、もっと丁寧に言う場合もあります。

「メルシーボークー」で強調する

「ありがとう」を丁寧に言う場合は、やはり感情がこもっているときで、普通以上に「ありがとう」を強調したい時です。

  • すごくお世話になった

  • 助けてもらった

  • 素敵なプレゼントをもらった

こられのことがあるかと思います。

より丁寧に言う場合は、

  • メルシーボークーです。 「Merci beaucoup」です。

メルシーボークーのボークーの意味は、「沢山」ですので、沢山ありがとうというニュアンスです。

ジュ・ヴゥ・ルメルシー

これよりもっと丁寧に言う場合は、

  • ジュ・ヴゥ・ルメルシー、「Je vous remercie 」といいます。

「ありがとうございます。」

上の、メルシーボークーとの違いは、あまりありません。

ただ、メルシーは名詞で、「Je vous remercie 」は動詞も入れたフルセンテンスで、丁寧形です。

そして、更に丁寧に言い表そうと思えば、敬称をつけます。

ジュ・ヴゥ・ルメルシー・マダム

ボンジュール・マダムのように、メルシー・マダムというと、相手にリスペクトをしているいい方にできます。

  • ジュ・ヴゥ・ルメルシー・マダム「Je vous remercie Madame」がります。 意味は、「マダム、ありがとうございます。」

マダムは年配の女性へ向けての敬称です。 このマダムを付けると丁寧になり、文章はシンプルですが、言われた相手が嬉しく感じます。

同じく、

  • ジュ・ヴゥ・ルメルシー・ムッシュー「Je vous remercie Monsieur」があります。 意味は、マダムと同じで、男性へ向けてのお礼です。

「ムッシュー、ありがとうございます。」

この様に、マダムとムッシューとつけるだけで、とっても丁寧になります。

ジュ・ヴゥ・ルメルシー・アンフィニモン

  • ジュ・ヴゥ・ルメルシー・アンフィニモン「Je vous remercie infiniment」があります。 意味は、ありがとうございます。

これもとても感謝の意味が強いです。

「infiniment」という、際限なくという副詞をつけていますので、ニュアンスで、ずっと、お礼を言いたいくらいの気持ちです。

私は感激したときは、この言い方を使っています。

ミル・メルシー

またメルシーの変形で、1000(ミル)を付けた言い方があります。

  • ミル・メルシーは「Mille merci」

ありがとうございます。

ミルは、ミルフィーユの1000です。

ミルフィーユ(mille feuilles)

ミルはフランス語で千の意味で、 お礼を1000回言うわけでないのですが、

感激が大きい時は、ミル・メルシーといいます。

この言い方はとても便利で、感激するくらいうれしいなど、そんなときはこれを言うと、気もちが伝わります。😊

アン・グラン・メルシー

それと、このミル・メルシーに似た言い方で、

  • アン・グラン・メルシー「Un grand merci」

という言い方があります。 意味は、「ありがとうございます」で、

人によっては、丁寧にお礼の気持ちを表したい時に、この言い方を使います。

言われた方も、相手がお礼を丁寧に伝えたいのだなと感じる言い方です。

メルシーの発音の動画です。

【Merciの発音のおすすめ動画】

発音では、メルシーよりも、メルスィーのほうが近いです😊

ジュ・ティアン・ア・ヴ・ルメシエ

その他のメルシーの言い方で、

  • ジュ・ティアン・ア・ヴ・ルメシエ「Je tiens à vous remercier 」 という言い方があります。

これは、是非ともお礼を言っておきたいという言い方で、言われるほうは、かなり感謝されてるのかなとか思う言い方です。

私的には、この言い方をされると、感謝されていると感じで、嬉しいときです😊

 

まとめ

ありがとうの丁寧な言い方についてまとめました。

「ありがとう」の気持ちは、伝えると通じるものですね。

とりわけ「Un grand merci」は相手に気持ちが通じやすいと感じています。

シンプルなメルシーもそうですが、長い文章でなくとも、副詞をつけるだけで、相手に気もちが通じていると感じます。 試してみて下さい。

他の会話表現はこちら↓にまとめています。併せてどうぞ。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz