パリジャーナル

Sakurako・パリ観光・パリ旅行・パリのレストランの最新情報サイト

パリ12区コルドンブルー出身のシェフL'osmanthe「ロスマントゥ」インタビュー



kindle読み放題
2024年2月4日、2軒削除して、2軒追加➡パリのレストランと街角巡り: パリ在住のグルメブロガーおすすめビストロとカフェ60選


https://amzn.to/3OCytni


パリ12区ドメニル駅にあるロスマントゥ「L'osmanthe」をご紹介します。

シェフは女性シェフのファング( Fang )さんで、年々ファンが増えているパティスリー店です。

ドメニル駅の大通りから離れている静かな場所にあり、目立たないようで実は定評があり、世界的なブランド店のショーへもパティスリーを出しているパティスリー店です。

 

ロスマントゥ「L'osmanthe」ファング・ジン、シェフ

パリ12区ドメニル駅にある「L'osmanthe」というパティスリー店の、女性シェフがファングさん。

ロスマントゥは2012年にオープンしたので、もう12年です。

ロスマントゥ(12区)のシェフ

ファングシェフは、パリのコルドンブルー出身の方です。

ファングシェフ
ファングシェフ

コルドンブルーを卒業し、パティシエになる前は、普通に会社員をしていましたが、パティシエとしてのパッションで、方向転換をして、パティシエとなった方です。

シェフのオリジナルなパティスリー

ロスマントゥ店内
ロスマントゥ店内

ファング、シェフのパティスリーは、アジアの素材を生かし、フランス人好みにアレンジしています。

お店に行って和系のパティスリーも半分くらいで、最初は日本人シェフなのかと思っていました。

パティスリー
パティスリー

お店のショーウィンドーには、色々なパティスリーがあります。

パティスリー
抹茶やごまのパティスリー

お抹茶やごまのパティスリーですが、味はフランスのパティスリーです。

ファング・シェフのパティスリー

シェフのファングさんへ、パティスリーへの思いをインタビューしてきました。

シェフは、コルドンブルー出身の方です。早速インタビューをご覧ください。 【ピンク枠がシェフの言葉です。】

コルドンブルーでパティスリーを勉強した理由

今日はありがとうございます。早速ですが、シェフはコルドンブルーのご出身ですが、何故コルドンブルーを選択されたのでしょうか。

シェフ☆☆☆私はそれまで普通に会社員でした。ところがやはりパティスリーへの思いがあり、パティスリー学校で一通りのことを身につけたいと思い、コルドンブルーへ入学したのです。

コルドンブルーは名門校ですが、他にも定評のある学校はいくつかあるかと思っていましすが、何かご縁があったのでしょうか。

シェフ☆☆☆はいそうなんです。他にも定評がある学校がありますが、最初の志望校は人数制限があり、応募した時に締め切りがあり、コルドンブルーとなったのです。 コルドンブルーは学費も高額ですので、迷いもあったのですが、時間を無駄にしたくないという思いで、会社を退職して即座に決めたのです。

シルル・リニャック、シェフでの勤務

確かにコルドンブルーの学費は高額とは聞いていますが、コルドンブルー卒業後には、保証されているものがあるようにも聞いています。

シェフ☆☆☆そうですね、学校で勉強した技術だけでは勿論十分ではないですが、更に独自に働いて技術をつけていけると、強い武器にはなるかもしれません。私は学校と並行して夜はレストランで働くなどをして、より確かな技術を身につていきました。

それで、卒業後にシリル・リニャックシェフのパティスリー店で勤務ができたのですか?

シェフ☆☆☆はい、シリル・リニャックシェフの片腕となるパティスリーシェフ店へ勤務することもできました。 学校の先生から声がかかり、紹介されて行けたのです。ただ知名度があるレストランやパティスリー店での勤務となると、紹介があっても、勤務はかなり厳しんですよ。

そうなんですね。ただ、有名店ならではの、トップシェフの元での勤務は、そうできることでもないと感じています。その後しばらくは、シリル・リニャックさんのお店にいらしたのですか。

シェフ☆☆☆はい、半年くらい勤務していました。その後ご縁があり、また次の機会に恵まれ、シャンゼリゼ通りの星付きレストランで、パティスリーシェフとしてのポストへ進むことができました。

いや、素晴らしいですね。その後星つきレストランで、セカンドではなく、パティスリーのシェフとしての勤務という意味ですか?なかなかできないことと思います。

シェフ☆☆☆ありがとうございます。はい、ご縁があり、パティスリーシェフを任せてもらい、私がクリエーションをしていたのです。 ただ、パティシエの道はとても厳しいものがあります。ある意味で体力も必要ですし、それにクリエーション力も必要で、知的にも、体力の面でも全力投球となるんですよ。

ロスマントゥのオープン

それから、ロスマントゥをオープンとなったのですか?一つ星で、おまけにシャンゼリゼ通りのパティスリーシェフというタイトルは、格好イイですよね。それ以上にご自身のパティスリー店を出すと、自分の味を出せるということでしょうか。

シェフ☆☆☆はい、格好はイイのですし、憧れのポジションではあるのですが、なかなか勤務条件が厳しのです。それで、自分のお店をオープンしたいという思いが強くなったのです。

ご自身のパティスリー店を出すと、自分の味を出せるということでしょうか。

シェフ☆☆☆はい、星つきレストランと言ってもやはり、自分のお店ではありません。それだけエネルギーを費やすことになりますので、それなら自分のお店にエネルギーを出したいと思うようになったのです。

でも、最初は大変だったと思いますし、パティスリー業界は、競争が激しいように思います。

シェフ☆☆☆はい、ここは12区のドメニルにありますが、ある意味で裏道にあります。大通りにないので、口コミが定着するまで時間もかかりましたが、今はパリ中から他の区からも、私のパティスリーを買い来てくれるまでになりました。

素晴らしいですね。確かに裏道にあるとも言えますが、その分、本当に欲しいと思うお客さんに来てもらうのは、嬉しいと思います。

シェフ☆☆☆そうなのです。口コミで今では大手ブランドのショーに出す、ミヤルディーズなどの注文もいただけています。

素晴らしいですね。確かにここまで、お抹茶やあずきの味を出しているパティスリーは、パリでもシェフのお店だけのように思います。今日はありがとうございました。また買い寄せてもらいます。

シェフ☆☆☆また来てくださいね。お待ちしています。

ロスマントゥ情報とまとめ

ロスマントゥのパティスリー店では、テラス席があります。夏の時期は外でコーヒーと席でゆっくりできるのも嬉しいです。

パティスリー●名前 :L'osmanthe
住所 : 8 Rue Tourneux75012 Paris 12
地下鉄最寄り駅 : Daumesnil, (8と6番線)

店内

定休日と営業時間: 10時~19時(土曜日17時まで)定休日は月と火曜日
サイト ロスマントゥL'OSMANTHE

●パティスリーは、大体5,5~ユーロから、
●ヴィエノワズリーは、1,5ユーロから、
パティスリー店のパティスリーは、お店のパティスリーだけではなく、ブランド店のショーや、出張シェフのパティスリーで出すこともあり、実際のところブティックで出ているのは、全体の一部です。

ネットで注文予約をして、そのままピックアップに行けますが、その場でもパティスリーを選べます。値段もリーズナブルです。

SNSをしないでも人がくるレストランとシェフ、 パリの日本人のシェフ Kindle本読み放題も併せてご覧ください。

ロスマントゥ「L'osmanthe」の求人

現在業務拡大につき、ロスマントゥ「L'osmanthe」で求人募集をしています。 詳しくは、ロスマントゥ「L'osmanthe」求人をご参照ください。