フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

フランス語のtribuneって何?状況と使い方まとめて説明します

スポンサーリンク

フランスの新聞に「ラ・トリビューン」という新聞があります。

日刊紙です。

トリビューンは、この新聞の名前の他にも、一般名詞として、演説の意味があります。

そのほかには、いろいろな場面で使わていて、物理的には建物の中にもあったりで、

新聞や場所とは関係なく、強い主張のあるメッセージの意味でも使われています。

微妙にそれぞれで言い回しが違います。

「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪

■合わせて読みたい

 

フランス語のトリビューンって何?

 

f:id:meringuefine:20200224021221j:plain

【トリビューン】

トリビューン はフランス語で「tribune 」で、

一つには、日刊紙の「la tribune」があります。

その他には、新聞名とは全く関係なく、

国会議事堂(下院)の傍聴人が座れる傍聴席の意味もあります。

ちなみに、 下院のフランスの国会の場が半円形になっているので、「エミシィクル 半円形」とも言われています。

その他にも、トリビューンは、

  • ギリシャ建築の半円形の劇場の席、

  • 教会の中の席、

  • 音楽講堂内のバルコニーの席、

などがあります。

ここまでは、建物に関係する「席、傍聴席」ですが、

演説という意味もあり、

たとえば、国会での演説もトリビューンといいます。

演説は、国会だけにかぎりませんし、国連などでもありで、その他、会場での演壇のことを言います。

そのほかに、トリビューンには、投書で強いメッセージでも使わてもいます。

「tribunal 」が裁判所の意味で、その派生語として、訴えるの意味に近い、新聞の中の投書など、

たとえば、フランスの新聞で大手の新聞には、「 tribune 」欄があります(^^♪

最近の例では、「セザール賞」への提起がありました。

フランスの映画界には、セザール賞という賞があり、アメリカのアカデミー賞に匹敵する賞です。

「アカデミー」という、フランスの映画芸術技術アカデミー(Académie des Arts et Techniques du Cinéma)がこの賞を選出しています。

ところが、このアカデミーの体質が保守的すぎると批判があり、アカデミーの体質改善の提起がありました。

「Une tribune signée par 200 personnalités dénonce le fonctionnement des César」

訳➡セザール賞の機能に抗議する200人のスターがトリビューンにサインした。

という内容でした。

このセザールのアカデミーへの「トリビューン」はルモンドという新聞に掲載ました。

トリビューヌという欄があります(^^♪

200 personnalités du cinéma français dont Omar Sy, Bertrand Tavernier, Céline Sciamma ou Agnès Jaoui réclament une « réforme en profondeur » de l’Académie des César, dans une tribune publiée lundi soir sur le site du Monde.

引用先 https://www.charentelibre.fr/2020/02/11/une-tribune-de-personnalites-du-cinema-etrille-le-fonctionnement-des-cesar,3557997.php

このようなトリビューンは、投書すれば、新聞に掲載されるわけではなく、訴える内容がともなって始めて掲載されるものです。

それとは反対に、メッセージ形式のものなども新聞によってはあります。

以上で~す。

セザール賞についてはこちらの記事を↓

www.franceinfos.xyz

今日のフラ単語

フランス語オンラインサイト
f:id:meringuefine:20200307021900j:plain

la tribune     ラ・トリビューン紙

le Monde      ル・モンド紙

tribune       演説、傍聴席、読者の声、

personnalités   有名人

hémicycle     半円形、国会、

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz