フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

パリでランチが穴場のお薦めレストラン3選!星付きレストランから独立シェフ

スポンサーリンク

パリでお得に美味しいランチが食べたい方へ。

月曜日から金曜日のランチでなら、メニューで20ユーロ以下で食べられます。

それも、星付きレストラン経験者のシェフの料理となると、行かない手はないって感じです。

星付きレストランの料理は確かに美味しいのですが、内装も美しくその分値段が高いです。

であれば、庶民的な値段で、シンプルに食べたいという方へ、そんなフレンチシェフの穴場レストランご紹介します(^^♪  

パリでランチが穴場のレストランオススメ3選

若いシェフが新しいレストランで腕を振るっています。

パリではグルメブームを背景に、ゴージャスではない外観のレストランにして、値段を安く設定で、若手シェフが美味しい料理を提供しています。

ですので、お客さんが一杯です。

ラ・リヴィエラ

出来たてほやほやのレストランで、コンセプトがフレンチとイタリアンの融合で、シェフがフレンチとイタリアンで二人います。

f:id:meringuefine:20200227214751j:plain:w300

厨房は奥にあり、シェフが調理しているのが見える設計です。

前菜に、

f:id:meringuefine:20200227214756j:plain

ポティロン(かぼちゃ)のヴルテに栗添え。シャンティのクリームも。 栗の素材も良く、かぼちゃとのマッチングもグッド!

メインに、

f:id:meringuefine:20200227214804j:plain:w300
f:id:meringuefine:20200227214800j:plain:w300

仔牛のソテー、自家製ハリサソースのケッチャプ添え、付け合わせはフルーツ入りポレンタ。

仔牛にこのハリサケッチャプが微妙に良い調和と(^^♪

そして、デザートに、

f:id:meringuefine:20200227214808j:plain:w300

なんと、これはベル・エレーヌです。

イタリア人シェフが、ピザをもじってベル・エレーヌへアレンジとは、すごい発想力。

これらはアラカルトで、フルシェットの割引で、ワイン1杯で1人約35ユーロ。

ワインはグラス1杯から選べます。

平日のランチは、2品で17ユーロ。

フラス人シェフは、ブリストル、タイヴァン、ボルドーのグラン・ホテル他を経験後、こちらへ引き抜かれています。

ラ・リヴィエラ●名前 :La Riviera 住所 :118 Rue la Fayette 75010 Paris France

電話 :01 42 63 06 05

f:id:meringuefine:20200227214813j:plain:w300

最寄り駅 : メトロ : Poissonnière駅 (7号線), Gare du Nord駅 (4, 5号線) 駅 (4 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時~23時。

ランチとディナー以外の時間帯でも食事ができます。

サイト :  ラ・リヴィエラ

こちらのレストランは、 Saint-Vincent-de-Paul協会のまん前にあります。

f:id:meringuefine:20200227214818j:plain:w300:w300

 

ル・カルティエ・リーブル

パリの11区にある、バスティーユ広場からそう遠くないところにある、カフェ形式のレストランです。

気取っていないので、若者がおおいのかと思いきや、年配の方も多いのです。 店内は、1階と、2階で、 この日は食事は1階で。

f:id:meringuefine:20200227214841j:plain:w300

前菜には、鴨肉のクルスティアンと、ウムス付きフォッカチオを。

f:id:meringuefine:20200227214822j:plain:w300

メインには、

f:id:meringuefine:20200227214827j:plain:w300

ブルーチーズのラザニアです(^^♪

この辺も美く、ブルーチーズのラザニアがすんなり食べられるのが凄い(^^♪

デザートには

f:id:meringuefine:20200227214831j:plain:w300

なんと、これもムース・オ・ショコラです。微妙にピーナツがちりばめられていて、そこにカラメルクリームが点々と。 味も芸術的(^^♪

アラカルトで、フルシェットの割引で、ワイン1杯で1人約35ユーロ。

ワインはグラス1杯から選べます。

平日のランチは、2品で16ユーロ。 シェフはRomainさん、星付きレストランから引き抜かれました。

f:id:meringuefine:20200715185914j:plain
Romainシェフ

 

レストラン●名前 :Le Quartier Libre 住所 :69 Rue de la Roquette 75011 Paris France 電話 : 01 46 59 00 52

f:id:meringuefine:20200227214836j:plain:w300

最寄り駅 : メトロ : Voltaire駅 (9号線) bastille駅 (8 と5 と1号線)

定休日と営業時間: お昼12時~14時(金~土曜日)、夜19時~23時、定休日は日曜日。

日中はカフェとしても営業。

ル・エリソン

20区のベルビルにある、こちらも新しい概念のレストランで、ビストロノミーという、かなり料理に力を入れたカフェ・レストランです。

f:id:meringuefine:20200710222439j:plain:w300

シェフ2人でやっています。

内装は若向けでカジュアルです。 しかし、年配の近所の常連さんも週に2,3回はきているという、すでに顧客がついています。

前菜は、

f:id:meringuefine:20200227214852j:plain
セップのヴルテ

セップのヴルテに白トリュフのシフォン添えと、高級素材で演出しています。

フワフワのシフォンとヴルテのマッチングは舌の味覚にひびく味です。

メインは、

f:id:meringuefine:20200227214858j:plain:w300

フレゴラ・サルダのリゾットのオリーブ添えで、チーズのチュール載せです。チーズが微妙に溶けてきま~す。

もう1品は、

f:id:meringuefine:20200227214907j:plain:w300

ピレネ鱒のセロリのピューレ添えに、ブリュッセルのミニキャベツが

デザートは、

f:id:meringuefine:20200227214926j:plain:w300

エリソン風パヴロヴァで、グレープフルーツにソースはミュールからローズと、赤系の果実で統一してます。

アラカルトで、フルシェットの割引で、ワイン1杯で1人約35ユーロ。

ワインはグラス1杯から選べます。

平日のランチは、2品で16ユーロ~。 シェフはIsmaëlさんThéoさんで、こちらのお二人も星付きレストラン(Maison Pic / Maison banche)勤務後、現レストランで起用されました。

f:id:meringuefine:20200726154219j:plain
Ismaëlシェフ(右)とThéoシェフ(左)

味は定評があり、ラフルシェットの評価点が9,4と得点が高く、食べてみると納得!😊

【シェフ2人のインタビューを入れました↓】 www.franceinfos.xyz

ル・エリソン●名前 :Le Hérisson 住所 :78 Boulevard de Belleville 75020 Paris France 電話 :09 51 37 77 67

f:id:meringuefine:20200227214931j:plain:w300

最寄り駅 : メトロ : Couronnes駅 かBelleville 駅 (2 号線)、 定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時~22時。日曜はランチのみで、月曜が休みです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新鋭のシェフがレストランを新たにスタートしたレストランです。

星付きレストランで修行をし、引き抜かれたシェフ達で、食べてみるとやはり納得する味です。

値段が安めですので、普通の味じゃないかと思いますが、そこは全然違います。

雑誌の取材人もきていますので、今ブレークしているレストランです。

それでいて地元のリピーターが多いお店で、平日ならランチ価格で、週末ならフルシェトで割引を使うのがいいです。

ボンナぺティ(^^♪

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz