パリジャーナル

Sakurako・フレンチレストラン・シェフ・フランス移住・パリ留学

パリのパレ・ロワイヤル周辺のお薦めレストラン4選!ルーブルはお隣

パレロワイヤルの周辺のレストランで食事をしたい方におすすめの記事です。

パレロワイヤルはもともと王宮があった場所で、回廊で囲んだ庭園になっています。

回廊には、資生堂のセルジュルタンスの香水店があり、アートなギャラリーもあったり、庭園の真ん中には噴水があり歴史を感じる、憩いの場所になっています。

先日行ったら、4店のうちの1つが、キャヴィア店になっていましたので、それもお伝えします。

パリのパレ・ロワイヤル付近のレストラン4選

パレ・ロワイヤル庭園の北側にあるレストランからご紹介します。

ア・カズルナ(A Casaluna)

コルシカ島の料理を出すシックなレストランです。

もともと、立地がよいのもありますが、奥まった場所にありますので、静かな環境で品のある食事ができるレストランです。

店内の装飾も落ち着いて、親切なサービスをしてもらって食べられます。

f:id:meringuefine:20200313233618j:plain:w300

フランスのレストランはやはりお肉料理が多いのですが、こちらの魚も新鮮でおいしいです。

そこは、コルシカから直接素材を仕入れているのが、こちらのレストランの有利さです。

ニンジンのミーズ・ア・ブシュです。ニンニクが少し効いて、シャンパンにともて良くあいます。

f:id:meringuefine:20200313233544j:plain:w300

前菜にサーディンスピオンのなすびのサラダの前菜です。

f:id:meringuefine:20200313233548j:plain:w300

スピオンは小さなイカで、なすとサンドされていています。 こちらのレストランの盛り付けはとにかく綺麗。

そして、メインにラムステーキにしました。

ラムステーキの下には、丸いオニオンが敷いてあり、トマトのコンフィ(オレンジ色)との相性が抜群です。これもコルシカ島から取り寄せています。

トマトコンフィは、コルシカ島産というだけあり、味が芳醇です。

f:id:meringuefine:20200313233558j:plain:w300

食後酒に、ミールの「オー・ドゥ・ヴィ」をサービスしてくれました。

f:id:meringuefine:20200313233608j:plain:w300

予約は【ラ・フルシェット】のサイトで予約で50%引きになったり、プロモーションはお得です。

割引適用で一人グラスワインと、シャンパンとコーヒーを入れて一人60ユーロくらいです。

コルシカ島の食材をふんだんに使った、ア・カズルナのシェフのメニューは、とにかく食材の味が豊かです。

レストラン●名前 : A Casaluna 住所 :6, rue de Beaujolais 75001 Paris France 電話 :01 42 60 05 11

f:id:meringuefine:20200313233640j:plain:w300

アラカルトで、前菜が15から、メインが22から、デザートが15ユーロから。

最寄り駅 : メトロ : Palais Royal-Musée du Louvre 駅 (1 番線)、

定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時~22時 定休日なしです。

サイト: http://acasaluna.com/

アスタラ(Astara)

このアスタラは、下のカイテンの後に出来た海の幸のレストランです。

レストランは40年の歴史があり、エピスリーフィヌとして、サーモンやキャヴィアも売っているレストランです。

f:id:meringuefine:20211018160237j:plain:w300

エピスリーフィヌとしては、グランドエピスリー、ギャラリーラファイエットにあり、ここオペラ座近所のプティシャン通りのみがレストランになっています。

海の幸で、キャヴィアがお手頃な値段です。

f:id:meringuefine:20211018160255j:plain:w300

厚いビリニー(どら焼きの皮みたいな)と、イジニーの生クリームがついてきます。 焼きたてで、すっごく美味しです。

キャヴィアはアペリティフに食べ、それだけで結構お腹がいっぱいになりました。

そして、サーモンマリネです。

f:id:meringuefine:20211018160311j:plain:w300

場所は、カイテンと同じく、【7 Rue des Petits-Champs, 75001 Paris 】です。

f:id:meringuefine:20211018160231j:plain:w300

キャヴィアも、10グラムで10ユーロからあります。 おすすめです。

キャヴィアは、ギャラリーラファイエットのカスピアでもあります。

www.franceinfos.xyz

前のレストランはこちら↓でした。

カイテン(➡Astaraへ)

カジュアルなレストランです。

値段も2割くらも違いますし、若者が多いですし、日曜日はブランチと言って、卵焼きやオレンジジュースやハム、デザートが食べ放題です。

日曜日のブランチは盛況です(^^♪

この日は、友人と夕方待ち合わせて、ディナーでした。

魚とフライドポテト、野菜の盛り合わせです。

一皿でお腹いいっぱいになりました。

f:id:meringuefine:20200313233636j:plain:w300

グラスワインあります。

レストラン●名前 : kaitleen 住所 : 7 rue des Petits Champs, 75001 Paris France

電話 :01 42 60 06 45

f:id:meringuefine:20200313233632j:plain:w300

値段 は、メインがデザートで20ユーロくらいです。

最寄り駅 : メトロ : Palais Royal-Musée du Louvre駅 (1 番線)、

定休日と営業時間: 9時~23時30分、 定休日なしです。

土・日にブランチがあります。(11<時~16時)

朝からカフェとして朝食(3ユーロ)もあります。

ロブスター・バー(ROBSTAR BAR)

パレロワイヤルとルーブル美術館の間にある、ちょっと珍しいレストランです。

ロブスターバーとあり、海産物やタパスなど、いろいろなメニューがあります。

店内は二人かけのテーブル席もありますので、一人ならそこに座れますし、空いていれば、入り口がテラス席にもなっています。

 

この日は、前菜はモッツアレラチーズとイワシのサラダにしました。

f:id:meringuefine:20200313233508j:plain:w300

モッツアレラチーズとイワシの組み合わせは珍しいです。

海産物が得意のお店なので、こんなアレンジにしたのかと思います。

そして、ウニ味のパスタです。

 

ウニと生クリーム和えで、ウニの味がするので、これもアレンジが面白いなと思いました。

f:id:meringuefine:20200313233458j:plain:w300

グラスワインあります。

ロブスター・バー名前 ROBSART BAR 住所 41 rue Coquilliere, 75001 Paris, France

最寄り駅  Pyramides (M7, M14) 営業時間 昼12:00~14:00 夜19:00~22:00 (日と月が定休日) 電話番号 +33 09 80 74 99 04

料金 ランチメニュー、メインで13ユーロ~(アラカルトあり)

f:id:meringuefine:20200313233503j:plain:w300

最後に、ル・グラン・ヴェフールです。

ル・グラン・ヴェフール(Le Grand Vefour)

パレロワイヤルの回廊の中にある、ル・グラン・ヴェフールは、ギイ・マルタンシェフのレストランです。

2つ★のレストランでしたが、今年のミシュランガイドで★をなくして、いまはブラッスリーとして、再生しています。

実際今のほうが人が多いと感じていますし、今はこのようなテラス席で、値段も安くなり、いつも沢山の人がお気軽にこれる環境になりました。

f:id:meringuefine:20211018162216j:plain:w300

住所は、こちらの記事をご参照ください。

www.franceinfos.xyz

まとめ

パレロワイヤル周辺のレストランをご紹介しました。

パレロワイヤルからオペラ座は近いです。食事の後も散歩を楽しんで下さい。

www.franceinfos.xyz