フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

フランスのレストランで注文の仕方!メニューの流れとタイミング

スポンサーリンク

フランスのレストランでのメニューの選び方と流れをご紹介します。

大衆的なカフェとはちがい、高級なレストランとでは、入店してから席に案内されるタイミングや、メニュー帳が持ってこられるタイミングは違います。

そこでこの記事では、カジュアルなレストランも含め、レストランに入店してから、テーブルに座り、食前酒の注文のタイミングなど、品数も含め、料理のシェアの可などについても合わせてご説明します。

早速アペリティフからデザートまで、気後れしない注文の仕方を見ていきましょう(^^♪

 

フランスのレストランでのメニューの流れと注文の仕方

 

高級なレストランと大衆カフェの店内の一つ違いは、入口のドアからテーブルの距離です。

高級なレストランなら特に、入口からテーブルまでの距離く、案内のサービス係が入口からテーブルまで案内してくれます。

メニュー帳が持ってこられるタイミングから見てみましょう。

食前酒を注文するタイミング

テーブルまで案内され、席につくときに、女性なら椅子をひいてくれます。

f:id:meringuefine:20200218010408j:plain

 

そして着席して暫くするとメニュー帳を持ってきて、すぐに、〚アペリティフ(食前酒)はいかがですか?〛といってきたりします。

ここでメニュー帳を見なくとも、シャンパンなどと決まっていれば、それを注文します。

高級なレストランでも今はインターネットで予約している場合がおおく、「その日のコースメニュー」を予約している人も多いです。

例えば、メニューが1万円で全部込みだとしても、アペリティフはだいたい、別料金別です。

 

【アペリティフ(食前酒)の選び方】

「今日は予算はばっちり!」という状態であれば、アペリティフを注文しましょう。 星付きのレストランであれば、シャンパン1杯は25€位~です。

アペリティフには、

  • キール      (kir)
  • キールロワイヤル (kir royal)
  • シャンパン    (champagne)
  • ムスー      (mousseux) 
  • ミュスカ     (muscat)
  • ソテルヌ     (sauternes)

などがあります。

キールは、白ワインにカシスをいれてピンクにしたワイン。

キールロワイヤルは、カシスを入れたピンクにしたシャンパン。

白のワインも白のシャンパンにカシスを入れたものが、〚キール〛と〚キールロワイヤル〛です。

シャンパンは、シャンパーニュ地方の発泡酒です。

その他の発泡酒には〚ムスー〛や〚クレモン〛などがあります。

甘い食前酒のミュスカと、辛口の白ワインのムスカデは、別ものです。

下の写真は、アペリティフは、シャンパンのロゼです。

星付きレストランであれば、アペリティフを注文すれば、必ずと言っていいほど、「アミューズ・ブーシュ」と言って、前菜の前に出されるアペタイザーが出されます。

f:id:meringuefine:20200218010351j:plain

 

また、アペリティフは注文しなくても問題はなく、そのまま前菜を注文するのもOKです。

アペリティフを注文しない場合は、〚結構です Non, merci 〛といえばOKです。Nonだけだと冷たく聞こえますので、merci メルシーもつけておくほうがいいです。

 

次に、メニューを選んでいきます。

フランスで言っている「メニュー」には、メニュー帳のことと、コースの意味があります。

 

メニューの注文の仕方とコースの流れ

メニュー帳には、大体カテゴリーとして、以下のように分かれています。

  • 食前酒(アペリティフ)
  • 前菜(アントレ)
  • メインディシュ魚と肉
  • チーズ
  • デザート
  • コーヒー
  • 食後酒

これらのカテゴリーの順番で、コースが組まれています。

品数はコースの値段により、多くなるのが普通です。

星付きのレストランだど、上の例にもありますように、全部で7項目くらいです。

または、星付きレストランでも、お昼のランチメニューであれば、アペタイザーのミーズ・オン・ブシュと、3品という場合もあります。

「本日のメニュー」が、

  • 前菜(アントレ)
  • メインディシュ
  • デザート

となっており、それぞれ前菜、メイン、デザートには、1種類だけという場合が多いです。

メニュー帳の中に、「menu du jour 本日のメニュー 」と書いてありますが、これもコースのことです。

もし「本日のメニュー」の中で食べられないものがあると、アラカルトで注文です。

なにせ、1種類しかありませんので、チョイスが少ないです。

嫌いなものや、食べられないものがあり、アラカルトで注文すると値段は倍にはなります。

本日のメニューよりも、アラカルトで注文したほうが、シェフの独創的な料理を楽しめるのは事実です。

メニューのそれぞれの名前を、前菜からデザートまで選んで、注文をしていきます。

前菜の注文を取りにくるタイミングは、アペリティフを飲んでいる途中か、アペリティフを飲んでいない場合は、メニュー帳を見て選んだなと思うときです。

アラカルトではなく、「本日のメニュー」を2つ注文する場合は、 「2 menu du jour s'il vous plait ドゥ・メニュ・ドゥ・ジュール・シルブプレ」 言って注文をしていきます。

ランチの「本日のメニュー」は星付きレストランでも安く提 供しているコースです。 ディナーには、安いコースはない場合が多いです。

それとは別のコースがあります。 「temps トン 時間」の意味で、前菜、メイン2つ、デザートなど4つを、4つのtemps とも言っています。

また、アラカルトのなかで、内容が不明であれば遠慮しないで聞きましょう。

〚ゆっくり説明してください〛といっても失礼ではありません。今は英語ができるサービス係の人が増えました。

星付きレストランではカフェと違い、1品だけ注文することはしません。

またお皿のシェアはしません。

その点はカフェなら、シェアはOkです。

 

大衆的なカフェであれば、カフェの入口にテーブルがあります。かとおって、勝手に座るといい顔をされません。 テラス席がいいかどうかをきかれますので、どこがいいかを伝えます。 高級なレストランなレストランとの違いは、客数が違いますので、テーブルの前でサービス係がずっと待っているということがなく、着席したら、メニュー帳を渡され暫く注文をとりに来ない場合が多々あります。 カフェでの、「当日のメニュー」があり、選び方は一緒でシャンパンもあります😊

 

ワインと水

ワインはアペリティフに次いで、食事の重要な要素です。

サービス係か、レストランによってはソムリエさんが、料理の注文を聞き終わって、〚お飲み物はどうされますか?〛ときいてきます。

ソムリエさんが、注文した前菜やメインディッシュに合うワインを薦めてくれます。

ただ飲み物(アペリティフやワイン)は高く、ソムリエさんが良いワインを選んでくれるのは良いのですが、メニュー帳のお値段をみて慎重にきめましょう(^^♪

値段は「○○ユーロ以下でお願いします」と言えばその範囲で選んでくれますよ(^^♪

また、ワインはグラスでも注文できます。

水は、

  • ガス入り(ガズーズ)
  • ガス無し(プラート)

の2種類です。

また、カフェやブラッスリーでなら、水道水がはいっているカラフを無料で持ってくてくれます。    

テーブル・セッティングとワインのサーブ

フォークとナイフも以前なら、5つなどセッティングされていましたが、今は、1セットつづ運ばれてきます。

f:id:meringuefine:20200218010307j:plain:w300

ですので、

アントレ(前菜)や、メインがそれぞれ終わると、新しいフォークとナイフが運ばれてきています。

  それと同時に、ワインを瓶で注文していれば、グラスが飲み干される前にサーブをしてくれます。

また、女性にはテーブルの横にバッグを置けるような台が置いてある場合が多いです。

同じ星付きレストランでも、小さなレストランなら、テーブルの横に何も置いてないこともあります。

または、小さめなバッグなら椅子と背中の間に置いてもいいです(^^♪

前菜やメインをサーブされると、「メルシー」と言っておくのがいいです。 日本とは違います。

【パリの星つきレストラン↓】

ギイ・マルタンのルグランヴェフール

ピエール・ガニェールのガヤ

食事中のハプニングとお勘定

食事中に、テーブルからものを落とすことがあれば、  

食事中のハプニング

食事中のハプニングでは、テーブルから、お肉が飛んだとか、ナイフが飛んだとかなきにしもあらずです。

カットしにくいのは、「エビ」です。

エビでも皮をナイフとフォークで剥くと、飛んでいくリスクがりますので、どうしようかと思えば、注文はさけたほうがいいです。

もし、フォークやナイフを落としてしまえば、高級レストランなら、すぐに代わりのものを持ってきてくれます。

ですので、自分で床に落ちてしまったものを拾う必要はありません。

また、大衆的なレストランなら、ウエーターさんを呼んでもすぐに持ってきてくれない場合があります。

ですので、カフェなら落としたのはそのままにして、隣のテーブルのフォークやナイフを取って、そのまま食事を続けるのがいいです(^^♪

食事終了とお勘定

お勘定書を頼むタイミングは、最後のコーヒーを飲んでからです。

急いでいれば、デザートを終えてすぐに頼んでもいいです。

「L'adition s'il vous plait ラディッシオン シルブプレ」

といっても、頼んでからテーブルまで持ってくるまで、大体10分はかかります。

頼むのが遅れると、持ってきてもらえるまで時間がかかります。

すべてがゆっくりですので、ウエーターさんと目があったときに、合図をして頼むとあまりまたなくてすみます。

【パリのミシュラン星付きレストラン5店をご紹介】も併せてご覧ください。 www.franceinfos.xyz

まとめ

いかがでしたでしょうか?

レストランで注文の仕方と、コースメニューの流れとタイミングをまとめました。

高級なレストランだと、ドレスコードも考えて準備して気分が落ち着く服装で行くと、メニュー選びに集中ができます。

レストランのサービスをしている人達も親切な人達が多いです。

メニューの意味がわからなければ説明をきくのがいいです。 丁寧に教えてくれます。

またどんなものが食べたいのかも伝えると、なるべく食べたいものを提案してくれるはずです。

また、日本だどお客さんが料理を運ばれてきて、いちいちお礼をいいませんが、フランスでは、注文をしたとき、料理が運ばれたとき、「メルシー ありがとう」と言うのが普通です。

そして、お店の従業員はサービスをしてくれますが、日本のように「お客様かしこまりました」的な態度はありません。

こちら↓の記事もご参照ください。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz