フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活ブログ

パリのレストランでの服装は?ドレスコードは星の数で決めるべき?

スポンサーリンク

フレンチを食べに行くときに、どのような服装にしようかと迷うことはないでしょうか。

パリのレストランで、それも星付きレストランで食事を予定すると、それなりに気をつかいますよね。

中には、豪華絢爛な内装のレストランもあります。

レストランによってはサービス係の態度などに圧倒されそうな雰囲気もあります。

格調のあるレストラン、または庶民的なカフェとでは、お店の雰囲気はもちろん違いますが、客層の雰囲気が違います。

そこでこの記事では、格調のあるレストラン~庶民的なカフェまで、格に応じた服装はどいうものなのかを、星付きレストランの画像と一緒に、お伝えできればと思います。

 

パリのレストランの品格とドレスコード

 

服装はレストラン次第で。

レストランの種類と品格

カジュアルなカフェやブラッスリーから高級レストランまでの分類は、

  • グランメゾン:星付きの格式のあるフランス料理店
  • レストラン:やや高級なフランス料理店
  • ビストロ:気楽なフランス料理店
  • カフェ・ブラッスリー:喫茶から軽めの食事までとれるお店

などになります。

最初のグランメゾンと言われているのは、正確には「グランドメゾン grandes maisons」といって、伝統や格式がある高級レストランのことです。星付きのレストランが代表的です。

それに対して、観光地にあるカフェ、ブラッスリーやビストロであれば、星付レストランとは経営方針もちがい、シックというよより、カジュアルです。

星付きレストランでは従業員の数も多く、サービスの質も違っています。

 

星付きレストランでのドレスコード

ミシュランガイドの3つ星レストランなどには、世界の富豪やハリウッドスターも頻繁に来ているレストランもあります。

星付きレストランへ行くときは、洋服もそうですが、バッグや靴にもドレスコードも考えておくべきです。

とはいえ、今から20年前なら男性ならジャケットにネクタイ着用、女性ならドレスやワンピースを着用となっていましたが、いまフランスでは、はっきり決まった服装のコードはありません。

1970年代なら、女性ならロングドレスで男性ならスーツでというスタイルの正装でしたが、今は決まった型がないといえます。

その代わりに、センスがいい恰好で食事に行く人が多いです。

これはレストランを利用する人の年齢が若くなっており、細身でセンスがいい人が行くというようになっているといえます。

パリのレストランに合う服装は、日本の雰囲気と違っています。

日本とフランスでは、可愛いさの表現が違っています。

パリジェンヌはどちらかたというと、働く女性や、キビキビしている服装の人が多いです。

蝶々などの飾りや、裾が広がっているタイプの服装はしていません。

膝くらいの長さで、シンプルで「ひらひら」がないものがいいです。


バッグは、あまり大きくないタイプだと、椅子の後ろやテーブルの横でも置けます。


また、バッグはこの手の肩掛けタイプは避けるべきです。

 

【高級なレストランでの服装まとめ】男性ならネクタイにジャケットが無難ですし、女性ならワンピースやスカートでなく、パンツルックでもOkですが、運動靴は避け、ヒールが無難です。

女性でミニスカートの場合もあるかと思いますが、座って膝にナプキンをかけますので、超ミニでもない限り大丈夫です。

大きすぎるバックで入店したら、バックは受付で現金は別にして預け、小さなバッグでテーブル席へ向かうのがいいでしょう。

 

 

グランドメゾンの星付きレストランの入店からテーブルまで様子をお伝えします。

星つきレストランの入店から

星付きレストランの品格は、星の数にもよりません。 3つから1つにと、1年で変わっているのが実情です。

ミシュランガイドの星の基準が変わっても、やはり星付きレストランは優雅です。

サービス係も優雅です。入店してから席まで案内してくれます。

まずは、レストランへ入店してからの様子です。

 

【ドアを開けてかコートを預けるまで】

1つ星付きレストランでエレーヌ・ダローズさんの、レストラン「Marsan」の受付けの様子からご紹介します。

まず、ドアを開けて中に入るとサービス係の人が迎えに来ます。

f:id:meringuefine:20200610181829j:plain:w300
受付カウンター

このサービス係の人はどこのレストランでも男性でも女性でも、長身で綺麗な人が出てきます。

予約をしてあるかを聞かれて席まで通されます。

サービス係の人から笑顔で挨拶されるので、「ボンジュール 仏語でこんにちは」、「ハロー 英語でこんにちは」といいましょう。

日本でお客さんの方から、挨拶はしない時もありですが、フランスでは何も言わないと礼儀が悪いと思われて、後でサービスが悪くなるかもしれません(^^♪

冬ならならコートを着ていますので、預かってもらうコートや荷物があれば、預けましょう。

そして、案内に従って、上に行きます。廊下からワインカーヴの様子が見えます。

 

【テーブル席へ行くまで】

f:id:meringuefine:20200610181834j:plain:w300
カウンターから2階席へ行く廊下

階段を通り、2階席へ上がります。

f:id:meringuefine:20200610181825j:plain:w300
1階席
f:id:meringuefine:20200218010408j:plain:w300
1階席

テーブルまで案内され、女性は椅子を引いてくれます。 着席して、バッグをテーブルの横にいける小さな台をもってきてくれます。

もしくは、バッグを椅子と体の間に置いてもいいです。 小さなバッグだと邪魔になりません。

こちらのマラサンはこの4月の改装されたばかりで、インテリアがおしゃれです。

そのほかに、星付きではないのですが、3つ星シェフのピエルール・ガニェールさんの系列で、「ガヤ」は星がないビストロですが、内装やインテリアがおしゃれです。

f:id:meringuefine:20200509204057j:plain:w300
ピエール・ガニェールのビストロ【ガヤ】
f:id:meringuefine:20200509204127j:plain:w300
ピエール・ガニェールのビストロ【ガヤ】

ビストロスタイルで、多少カジュアルになりますが、星付きレストランへいくのと同じような服装で行くのが無難です。

f:id:meringuefine:20200610182553j:plain:w300
マダム・ピックの一つ星レストラン【ラ・ダム・ドゥ・ピック】

このラ・ダム・ドゥ・ピックは1つ星ですが、レストランの中は小さめです。

上のガヤは広々としたおり、大理石のテーブルもあり内装は綺麗です。

正装でなくてもいいですが、シックにして行くのがいいです。

では、カジュアルなレストランや、カフェやブラッスリーであれば、

 

 

  • Tシャツ
  • ジーンズ
  • 運動靴
  • ショルダーバッグ

で行ってもいいですし、正装過ぎると、中で浮いてしまいます。

 

レストラン・マラサン

  • 名前 : Marsan par Hélène Darroze

  • 住所 : 4, Rue d'Assas, 75006 Paris

  • 電話 : 01 42 22 00 11

  • 最寄り駅 : メトロ : Saint-Sulpice (4番線)

  • 定休日と営業時間: お昼12時30分~14時、夜20時~22時 定休日は土・日曜日です。

  • お昼のランチ4品。75ユーロ~、プラス飲み物代、お昼も夜もアラカルトあります。

 

また、食事のマナーについては、

  • げっぶ・舌打ちはしない
  • ズルズルと音をたてない
  • テーブルの皿から30㎝は顔を離す
  • サービス係に挨拶をする・ありがとうを言う

などあります。

そのほかに、フォークとナイフの使い方で、外側から使うとかに気を遣いますが、今は、1セットテーブルにもってきます。

テーブルに座っていて、楽しそうに話しをしている雰囲気の方が、サービス係もやりやすいようですよ。

www.franceinfos.xyz

併せてご覧下さい。 www.franceinfos.xyz

まとめ

いかがでしたでしょうか?

服装がその場に合ったものだと、食事をしていても落ち着きますし、メニュー選びに集中ができて、レストランの人とも会話も楽しめます。

一般的に私たち日本人は、レストランでもあまり話をしませんが、フランスではレストランでも沢山話しをして和やかな雰囲気です。

座った席の周りの人が、ずっと話しているのに、自分の席だけ静かだと逆に周りに気を遣ってしまいますので、行く前にいろいろ話題をさがしておくのもお薦めです。

これといってなにか法則があるわけではないですが、その土地の雰囲気というものがありますので、その場に合わせた態度で接するのが、気持ちよく食事をできる鍵と感じます。

ご参考になれば嬉しいです(^^♪

www.franceinfos.xyz