フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

フランス語の発音がうまくできるように練習!?日本人の癖って何?

スポンサーリンク

フランス語発音は難しいですよね?

うまく言っているつもりでも、話し相手が聞き取れないようで、苦笑いをされてしまうことありますね。

そんなときは通じていないってことですね。

短い言葉でも、通じなときときもあります。

なぜか、こんな短い単語だけ言っているのだからフランス人も、わかってくれてもいいのにと思います。

しかし、フランス人は、はっきりと「わかりません」といいます。

センテンスが間違っているというのではなく、短い音でも、うまく言えていないことで、意味が違って通じないことがあります。

ちょっとしたことですが、日本人の癖とはどのようなものなのでしょうか。

フランス語がうまく通じない日本人の癖

f:id:meringuefine:20200504032448j:plain

フランス語が上手くできるには、フランス人が発音しているように、発音することです。

日本人の発音はフランス人に通じない

もしフランス人に通じないことがあれば、フランス語を日本語で発音するからです。

フランス語の「鼻にかかった」発音とか、のどの奥から出す発音は日本語の発音にはないです。

たとえば、「ユーモア」という単語があります。 彼ははユーモアがある。

という言い方は、フランス語で、

「Il a de l'humour - イラ・ドゥ・リュムール」

といいますが、この「humour」

の、「u」「ou」

の両方とも日本語にはありません。

カタカタにして、

「イラ・ドゥ・リュムール」で、

の中に、発音がしにくいのが2か所あるということです。

この単語は、日本人には発音がしにくいです。

フランス人でも、日本人の発音を聞き取ろうと努力する人もいますが、全てのフランス人が日本人の発音を理解できるというわけではないです。

それで、「パルドン?」なんと言いましたか?と何度もいわれることもありますね。

日本人が発音し難しい音

日本人にとって難しい発音は、日本語にない「音」です。

 日本語にない音  * R

  • EN

  • AN

  • IN

  • OU

  • U

他にもありますが、これらは、日本語にないですので、発音がしにくいのです。

大人になってからフランス語を覚えると、なかなか発音をマスターできません。

長年フランスに住んでいる日本人でも、中には発音ができていない人も多いです。

そのほかに、発音がしにくいのは、Rの発音です。

顕著な例では、さようならの、Au revoirがあります。

【Au revoirの発音】

このAu revoirには、Rが2回あります。

Rのような場合は、のどの奥を使わないといけないのですが、

「あいうえお」で発音する人が多く、

日本人はLで発音しがちです。

そのほかに、致命的ではないですが、「Merci メルスィ」をメルシーと発音しがちです。

ありがとうの場合は、それでも、大体状況が決まっていますので、通じないことはないです。

フランスはどのように発音しえいるのでしょうか。

聞き取りにくいフランス語の発音

Rの発音は、フランス語を習い始めて、しっかりとやろうとします。 しかし、そのほかも、ききとれていない発音があります。

たとえば、月曜日から、日曜日までの発音の仕方です。

【Lundi から dimancheまで発音】

音にすると、 lund, (ランディ) mardi,(マルディ) mercredi (メルクルディ), jeudi,(ジュディ) vendredi,(ヴォンドルディ) samedi,(サムディ) dimanche,(ディモンシュ)

となっています。

ビデオで聞くと、月曜日のlund, (ランディ)が日本語のカタカナと一番違うのではないでしょうか。

多くの人はRの発音が違うと気が付き、それに集中して練習をします。

聞き取れていない発音には、注意ができないので、日本語のまま発音をして、通じないというようになっています。

フランス語の発音練習の仕方

何年間かフランス語を習っていて、発音がうまくできなくて悩んでいれば、レッスンで教えてもらう方が良いですね。

参考書とCDでは、フランス語は理解できても、発音ができないということがあります。

自分の発音を、自分ではチェックできないからです。

君の、Tu と、Teの発音の練習例です。

【アンサンブルアンフランセの発音練習Daisuke先生(人気の先生)】

「tu」と「te」、 「du」と「de」

発音は、自分で発音して、どのように相手に聞こえているかが問題です。

うまく発音ができていれば、反応がいいですが、パルドンとなれば、通じていないということですね。

このビデオのレッスンはアンサンブルアンフランセという、オンラインスクールのレッスンです。

レッスンで発音を見てもらえば、どのくらい通じるのかがわかります。

発音を見てもらうの無料体験レッスンを受けたい場合は、こちら↓をチェックしてみてください。

アンサンブルアンフランセの無料スカイプレッスンをチェックしてみる

自分では完璧な発音のつもりが、うまく出来ていないって、ショックです。

しかし、そのまま放置して、長い間つうじないと悩むよりも、発音の練習は早めにしておくほうが、へんな癖がつかなくていいです。

アンサンブルアンフランセのスカイプレッスンの無料体験レッスンが受けられます。<a href="https://www.franceinfos.xyz/ensebleskype/ " target="_blank" rel="nofollow noopener">➡こちらに無料体験レッスンの受け方を説明しています。

悩んでいる部分があれば、遠慮しないで無料体験レッスンで質問するのがいいですよ。