フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

フランス語のpris d'assautって何?緊急時の使われ方合わせて解説

スポンサーリンク

「プリ・ダソ」という言い方は、そういつもは聞きませんが、特定の状況で使います。

そおいえば、「ダソー」って会社知ってるという方もいるのではないでしょうか。

はい、ダソーはフランス軍事産業の戦闘機製造会社です。

しかし、プリ・ダソは、この会社とは関係がなく、満席や襲撃の意味です。

襲撃といっても、比喩で使われる場合と、そのものの時があり、結構なかなか色々な場面で使われています。

発音が、合わせる冠詞で変わりますので、一緒にまとめました。

■合わせて読みたい

「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪

 

フランス語のプリ・ダソって何?

 

f:id:meringuefine:20200224021244j:plain

【プリ・ダソ】

プリ・ダソ はフランス語で「pris d'assaut」で、意味は殺到している、満席です。

もともとは、

assaut 「アソ」と発音し、攻撃、襲撃、暴行など の意味で、

Supermarchés, pris d’assaut par les clients. 訳➡お客さんに押しかけかれたスーパー。

この時、スーパーは男性名詞なので、「プリ・ダソ」と発音しますが、

女性形なら、「プリーズ・ダソ」と発音します。

les pharmacies prises d'assaut, par les clients. 訳➡お客さんに押しかけかれた薬局。

今フランスでは、コロナ患者急増で、今日から外出禁止となり、スーパーでまとめ買いをする人が増えています。

皆がわんさか押しかけて、棚の商品がなくなる状態で、まるで襲撃にあったような状態をさし、 プリ・ダソ、が使われています。

このプリ・ダソとは違った意味で、

【ア・ラ・ソ】

ア・ラ・ソとは、また解釈に悩む言い方です。

なにか、英語のアラサー見たいですが、

アソが襲撃で、その他に制覇の意味もあり、「à l'assaut ○○の制覇で」の意味です。

文章にすると、

「à l’assaut de l’Himalaya ヒマラヤの制覇で 」となります。

アソは随分といろいろな意味があります。

そのほかに、

「faire assaut par la porte ドアから押し入る」など、テロ犯などのたてこもり事件など、警察の特殊班が立てこもり犯人がいるスーパーや銀行のドアから入る時の言い方です。

【ソ】

ソ もあります。 フランス語で「saut」で、意味は跳ねるとか、飛ばすの意味で、

faire un saut de page ページを飛ばすの意味です。

もう一つの 「ソ」は、

バケツで 「seau」

これら単語を一つだけとると、発音が一緒でわかり難いですが、 文章を聞いて判断するしかありません。

以上で~す。

A demain(^^♪

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz

今日のフラ単語

フランス語オンラインサイト
f:id:meringuefine:20200307021900j:plain

Dassault ダソー社(戦闘機ファルコンなど製造)

pris d'assaut         殺到する

faire assaut par la porte   ドアから押し入る

Prise d’otages 人質をとること

Pris d'otages au Bataclan バタクラン事件でなった人質

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz