フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

フランス語のprimeってどんな意味?ボーナスとの違いは?まとめて説明

スポンサーリンク

フランス語で「プリム」という言い方があります。

「prime」と書きます。

名詞で、意味は賞与や保険掛け金です。

この名詞の意味の他に、primer sur という動詞があります。

これは、賞よとはまったく違った意味です。

ややこしいですね😢

使い方をまとめてみてみましょう。

「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪

 

フランス語のプリムって何?

 

f:id:meringuefine:20200224021221j:plain:w300

【プリム】

名詞のプリムは「prime」と書き、意味は、賞与やボーナスです。

フランスで年末に支給されるボーナスは13 ème mois といい、

「13か月目」という言い方をします。

1年は12か月ですので、13か月目は存在しません。

しかし、年末のボーナスを13ケ月目と言っているのは習慣からです。

ただ、日本のボーナスは賞与で、「今年の冬のボーナスは大当たり」などと、喜べる時があるのは、賞与で、労働契約書以外のご褒美です。

ところが、この「13 ème mois 」は、契約書に書かれているもので、賞与ではないのです。

年間の給与を13か月で割り、1ヶ月分を12月に支給しているに過ぎないのです。

もし、12月に別に支給されるものがあれば、それは「prime」 で、嬉しい賞与です😊

この賞与とは別に、保険の掛け金も同じく、「prime」です。

事故がずっとないと、掛け金も少なくなり得、水漏れ事故などを何度も起こすと、掛け金が高くなります。

南仏では、水害も度重なり、人身事故でなく、自然災害でも、掛け金が上がります。

保険会社によっては、加入をことわることもあります。

もう一つの動詞の「primer sur 」があり、

意味は凌駕するです。

La santé prime sur tout le reste 訳➡健康は全てに勝る。

La logique économique prime sur la logique de santé? 訳➡経済理論は健康理論に勝るのか?

5月11日から外出制限を解除し、部分解禁ではあっても、勤務を始めます。

公共交通機関を使っての通勤で、またどのくらいの感染がひろがるか未知数です。

本来であれば、健康が経済理論に勝っているべきで、

La logique de santé prime sur la logique économique. 訳➡健康論理は経済論理に勝る

となるべき。

なぜ、ここで、「logique」 という言い方になるのかは、気にせず、セットで覚えましょう。

以上で~す。 また明日(^^♪ à demain.

今日のフラ単語

prime      詐欺

prime d’assurance  保険掛け金    

primer sur     勝る、凌駕する

La logique de santé 健康理論

www.franceinfos.xyz