フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

フランス語のParloirって何?社会階層差からくる負の遺産

スポンサーリンク

フランス語のパルロワール「Parloir」は、居間、客間のことです。

居間や客間なら一般的な言い方の他に、刑務所内の面会室の意味があります。

現在、フランスではコロナウイルス感染問題が深刻ななか、刑務所の面会が禁止となりました。

感染者も死者もふえて続け、いろいろな場所や行動に影響が出ています。

一つがエス・デー・エフの収容先をみつけるとこ、そして刑務所の受刑者の待遇と管理です。

コロナウイルス感染の拡大は、刑務所内の受刑者の耳にも入っており、イタリアではすでに、刑務所の暴動がおき、受刑囚の脱走まで行っています。

深刻な時期となっています。

「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪

■合わせて読みたい

 

パルロワール

 

f:id:meringuefine:20200224021235j:plain

「パルロワール」は、フランス語で 「Parloir」と書き、

居間、客間、面会室のことです。

面会は受刑者にとって生きがいとなっており、家族と会える貴重な時間です。

ところが、コロナウイルス感染防止策で、フランスの刑務所でも面会が禁止となりました。

面会禁止になったのが、3月17日。

この日から、フランス全土でコロナウイルス感染防止の為に、市民は外出制限状態です。

外出制限は、感染を抑えるためにもっとも効果的な方法と言われています。

外出制限になった背景に、フランスではマスクが圧倒的に不足しており、病院の医療班はもちろん、一般医にさえも、マスクが十分にいきわたっていません。

病院内の医療班の中にも、感染者がでてしまっています。

マスクもないなら、刑務所での面会を禁止にするのがコロナウイルス感染防止に一番の安全策です。

ところが、話しは簡単ではなく、面会時には家族がカナビスを持ってきている場合が多く、受刑囚はそれをうけるルートとなっています。

鎮静の効果があるということで、刑務所内でも、黙認されている状態です。

面会がなくなれば、ルートが遮断され、もらえる人がいません。

フランスが面会の禁止を行う前に、イタリアも面会の禁止を行い、暴動があったのです。

●La suppression des parloirs a entraîné une série de mutineries et de violentes émeutes dans de nombreux établissements pénitentiaires,

訳➡面会が廃止は、刑務所内で一連の激しい暴動の引き金となった。

受刑囚が刑務所の屋根に上がっている様子です↓、その後脱獄しています。

イタリアもフランスも、刑務所の人口密度が高く、雑居房は約9,3平米に3人。

基本的人権が守られていないのが現状。

「mutinerie 暴動」

イタリアの暴動は、面会の禁止から起こり、フランスでも同じ現象がおこっています。

過密状態からのストレスと、コロナウイルス感染の恐怖もあり、面会が禁止になってから、フランスでもイタリアと同じ状況と。

ストレスが重なる状況には、面会禁止の他に、アトリエといって、読書の時間などリクレーションが取りやめになったのもあり、受刑囚にとっての監獄生活の悪化です。

刑務所内でもっと激しい暴動が起こるリスクが高い状況です。

現在フランスで外出制限は3月末までですが、延長になるのはほぼ確定です。

そうなれば、刑務所の面会禁止も延長となり、刑務所の受刑囚の置かれる状況がもっと悪化しえます。

まずは市民の医療危機が解消されることが先決と考えられていますが、外出制限は別の意味で社会問題をもたらしています。

また明日(^^♪

à demain (^^♪

コロナウイルス感染防止の↓一環でホームレス対策について

www.franceinfos.xyz

今日のフラ単語

フランス語オンラインサイト
f:id:meringuefine:20200307021900j:plain

parloirs           面会

suppression         廃止

visites           来訪者

détenus          受刑囚

établissements pénitentiaires  刑務所

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz