フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活ブログ

フランス語のpénibilitéってどんな意味?社会的地位との関係は?

スポンサーリンク

フランス語で「ペ二ビリテ」という言い方があります。

「pénibilité 」と書きます。

名詞で意味は、辛さ、過酷さ、です。

この辛さは、社会的問題の一つになっています。

職業により、「過酷さ」が違いますし、学歴、居住地域、性別で、報われない社会的境遇に追いやられがちです。

この辛さには、身体的過酷さも含んでおり、その指数によって、 辛さ度が考慮された「compte pénibilité 辛さアカウント」をもつことたできます。

このアカウントの数値により、年金の受給開始年齢も変わってきます。

昨日の「パリテ」男女同権につづき、ペ二ビリテついても、まとめて見てみましょう。

「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪

 

フランス語のペ二ビリテって何?

 

f:id:meringuefine:20200513050120j:plain

【ペ二ビリテ】

ペ二ビリテ「pénibilité」は、名詞で、 意味は過酷さ、辛さです。

名詞は、pénibilitéで、 形容詞は、pénible で、意味は、

しんどい、つらい、やっかだなどです。

qu'est-ce que c'est pénible ! 訳➡なんと大変なことか。

Tu es pénible ! 訳➡君はたまんないね。

などとあります😊

形容詞の pénible は、そう悲惨さがないのですが、 pénibilité のほうは、社会的問題を反映した言い方があります。

テレビ番組の【キャッシュ・アンヴェスティガション】が、 職場での男女の同数についての特集をくみました。

その中で、看護師という職業は、以前は「過酷さ」の対象となっていたのに、2010年にその対象から外されたということです。

Elise Lucet interrogeait l'ancienne ministre de la Santé sur le statut de pénibilité pour les infirmières. 訳➡エリーズ・リュセは、看護師のステータスについて、元厚生大臣に問い合わせた。

Elise Lucet (エリーズ・リュセ)は、【キャッシュ・アンヴェスティガション】のメインキャスターで、特集番組で対象となった人物に取材を行い、質問をぶつけています。

もちろん、この番組で取材を受ける対象となった人は、気まずい思いをします。

過去の対象には、

  • 砂糖、甘味料を大量に使う大手メーカー、

  • 農薬メーカー、

  • 乳製品の巨大メーカー、

などがあり、自ずと、農業大臣も取材を受け、非常に気まずい思いをしていたのですが、今週の特集では、元厚生省大臣の、

Roselyne Bachelot です。

彼女は、サルコジ政権下で、厚生省大臣職にあり、2010年に看護師の過酷さのステータスを廃止したのでした。

これにより、看護師は過酷な職業をしていないということになり、年金制度で優遇はなくなりました。

今のコロナ感染者の治療対応を見ても、30日間ノンストップで勤務し、更に死亡の危険まである職業であるのも関わらず、過酷でないと分類されてしまっていたのです。

この分類の論拠には、バシュローが当時根拠を置いたレポートが、看護師の寿命は、他のフランス人と同様だということでした。

ところが、今回「キャッシュ」が行ったリサーチで、看護師の勤続中の死亡年齢については、レポートに触れられていなかったのがわかったのです。

そこで、キャシュが、バシュローに対し、看護師の在職中の死亡について、あなたが論拠を置いたレポートは、触れていなかったのですが、それは憶えていますかという、問いただしを行い、バシュローは非常に不愉快そうでした。

キャシュの番組はこちら↓です。

www.francetvinfo.fr

というわけで、この番組を評価する人は多いのです😊



以上で~す。

では、では、

また明日(^^♪ à demain.



あわせて読みたい

フランス語のオンライン講座を比較!あなたに適したサイトはどれ?


今日のフラ単語

pénibilité      偶奇性

compte de pénibilité   可能

Elise Lucet  エリーズ・リュセ