フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

フランス語のlapsusってどんな意味?ついうっかりの使い方は?

スポンサーリンク

フランス語で「ラプチュス」という言い方があります。

「lapsus 」と書きます。

よく聞く言い方ですね。

名詞で意味は、失言、言い損ない、などです。

だれでも間違って言ったり、うっかり口が滑るということもあります。

そんなときに、「lapsus révélateur」という言い方もあります。

どのように違うのでしょうか。

使い方を見てみましょう。

「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪

 

フランス語のラプチュスって何?

 

f:id:meringuefine:20200513050120j:plain

【ラプチュス】

ラプチュス「Lapsus 」は、名詞で、

失言、の意味です。

それに対し、Lapsus révélateur という言い方があります。

意味は、本心がでていると思わせるもので、

「あ、今のが本音!」という意味合いがあります。

Lapsus révélateur : les lapsus, que révèlent-ils vraiment 訳➡うっかりいった言葉、その中にはどんな意味があるのだろうか。

政治的には、党派争いや、政敵への思いがあり、口が滑って、つい口にでてしまうようなときがありますね。


党派間で、特に選挙が近い時には、いろいろな思いがあるもので、胸の中の思いがでてします。


または、ついうっかり失言で、 今年は、フィリップ首相が言っていたことで、

Edouard Philippe a commis un énorme lapsus au moment d'annoncer l'organisation de la coupe du monde de rugby de 2023
訳➡フィリップ首相は、2023年の世界ラグビー杯の組織について発表で、とんでもない失言をした。

「à sus-ci-ter de grands champions,」 大チャンピオンを駆り立てる、

と、というべきところ、

「à sucer de grands champions,」 大チャンピオンを吸う、

と言ってしまいました。

これは、政敵がらみのことではなく、単純な失言です。 爆笑だったようです。


このフィリップ首相の「失言」はなんでことないのですが、口が滑ったのほうでは、やはりシラク元大統領の話しではないでしょうか。

シラクさんは、次のように言っていました。

C'est pour ça que je ne peux pas faire confiance à Rémi... Lionel Jospin. 訳➡ですので、私は、、、レイモ、、、リオネル・ジョスパンを信用できないのですよ。

ここで言っていた、「Rémi」はレイモン・バーのことです。

同じ党派の首相だったのですが、仲が険悪だったので、大統領選のインタビューで、つい口をすべらし、レイモは信用できない、と言ったのですす。

そこで、あわてて、リオネル・ジョスパンと言い直しました。

大統領選の競争相手は、リオネルジョスパンなのに、同じ党派内のレイモン・バーのことで口を滑らすくらい、仲は険悪だった証拠ですね。

以上で~す。

では、では、

また明日(^^♪ à demain.



あわせて読みたい

フランス語のオンライン講座を比較!あなたに適したサイトはどれ?


今日のフラ単語

lapsus        失言、

Lapsus révélateur    うっかり失言バロメーター 

www.franceinfos.xyz