フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

フランス語のSaint-Glinglinってどんな意味?【ない日】ってどおいうこと?

スポンサーリンク

フランス語で「サン・グラングラン」という言い方があります。

実は、今日初めて聞きました。

「Saint-Glinglin」と書き、聖人のことです。

意味は ない日です。

なぜこんな言い方をするのかが、面白いところです。

状況と使い方をみてみましょう。

「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪

 

フランス語のサン・グラングランって何?

 

f:id:meringuefine:20200224021221j:plain:w300

【サン・グラングラン】

意味は存在しない日、で

「la Saint-Glinglin」と書きます。

Saint-GlinglinのSaintは聖人です。

それで、このGlinglin聖人を探してもいません。

1年365日、毎日どの日にも聖人の名前はあります。

大晦日のSylvestre 聖人の名前は知られています。

大晦日のメニューといえば、

大晦日のメニュー 「le menu de la Sylvestre 大晦日のメニュー」

というように書かれていますが、

話しをしていて、このGlinglin聖人の名前をだしてきたら、

  • 回答をする、たとえばGlinglin聖人の日に、

とか、

  • 500万円の借金を、たとえばGlinglin聖人の日まで返す

などの言い方をしたら、

そんな時は、相手は返す気がないということです。 笑い話ですめばいいですね😊

以上で~す。

では、では、

また明日(^^♪ à demain.

www.franceinfos.xyz

今日のフラ単語

Saint-Glinglin    グラングラン聖人

saints catholiques   カトリック教の聖人

Calendrier      カレンダー

délais    期日

www.franceinfos.xyz