フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活ブログ

チーズはフランス語で何て言う?チーズの語源とレストランでの頼み方

スポンサーリンク

「チーズ」という言い方は英語で、フランス語では、「フロマージュ」です。

ペリー来航の時以来、日本は米国よりの外交ですが、乳製品が日本へ輸入された時には、フランス語で伝わらなかったってことです。

このフランス語のフロマージュですが、チーズが使われているケーキやサラダなどの言い方で、言い方が違ってきます。

またチーズ屋さんやレストランで、チーズを注文するには、

un とか du などのを使い分けないといけません。

フランス語でどう注文するのか、フランス語の言い方を見てみましょう(^^♪

 

チーズはフランス語でなんという?

 

f:id:meringuefine:20200208032054j:plain

チーズは、フランス語では、「フロマージュ(fromage)」です。

作られるフロマージュには、使う乳の違い、動物の乳別(マレにミックスがあります)があり、言い方が違います。

動物乳別の言い方です。

動物別のフロマージュ

フロマージュを作る動物の種類は、3つです。

  • ヤギ

があります。

あたり前ですが、それぞれで乳がでるのは雌ですので、

  • 雌牛の乳(lait de Vache レ・ドゥ・ヴァッシュ、水牛もあり )
  • 雌羊の乳(lait de Brebis レ・ドゥ・ブルビ)
  • 雌ヤギの乳(lait de Chèvre レ・ドゥ・シェーブル)

となります。ここまでは、動物女性形です。

 

これら3つの動物で、一番使われているのが、牛乳です。牛が体が一番大きいです。

ですので、牛乳のチーズの名前のほとんどが牛でできています。

まずはデザートやサラダなら?

チーズケーキやチーズサラダの言い方

 

チーズケーキは、

ガトー・オ・フロマージュ(チーズケーキ)

チーズをデザートの生地に入れて作る、チーズ製のケーキです。

gâteau au fromage (ガトー・オ・フロマージュ)

チーズ(fromage)で出来たガトー(gâteau )という言い方で、

「オ = à + le = au 」で、製のという意味でサンドして、

gâteau au fromage (ガトー・オ・フロマージュ)になります。

 

サラダも同じ考えで、サラダにチーズが使われると、

サラダ・オ・フロマージュ(チーズ入りサラダ)

サラダは、お皿の上にサラダ菜を敷いてその上に、チーズをのせます。

ガトーと同じく、「オ = à + le = au 」の言い方で、

salade au fromage (サラド・オ・フロマージュ)で、

チーズ(fromage)で出来たサラダという言い方ですが、何のチーズかをいいます。

ヤギのチーズの言い方なら、 salade au fromage de chèvre (サラド・オ・フロマージュ・ドゥ・シェーブル)ヤギチーズのサラダ

になります。

 

ところが、○○のチーズと名前が決まっている場合は、固有名詞を出して、たとえば、カマンベールチーズの場合は、

salade au camembert (サラド・オ・カマンベール) カマンベールチーズのサラダ

となります。

 

同じように、名前が決まったチーズの例で

salade au gruyère (サラド・オ・グルイエール) グルイエールチーズのサラダ

と、オの後に、固有名詞名をつければできあがり。

チーズが入ったサラダは、チーズの割合がすくなくても、他の具材が多くとも、○○チーズのサラダと言われることが一般的です。

 

【チーズのサラダの言い方まとめ】 * ●salade au fromage de chèvre (サラド・オ・フロマージュ・ドゥ・シェーブル) ヤギチーズのサラダ。 * ●salade au camembert (サラド・オ・カマンベール カマンベール)チーズのサラダ。 ヤギのサラダは、ヤギのチーズの有名なヤギのチーズがないのに対して、カマンベールは有名なチーズなので、サラド・オ・カマンベールという言い方をします。

 

次に、レストランでのチーズの注文の仕方です。

レストランでチーズの頼み方

ちょっとお高級なレストランなら、メインディッシュが終わると、サービス係の人が、

チーズは召し上がりますか?と聞いてきます。

「Vous voulez du fromage ? ヴ ヴレ ドゥ フロマージュ」

とチーズの前につく冠詞は、部分冠詞の 「du」 です。

「はい 食べます」と答えると、ワゴンでチーズを持ってきますので、名前がわかっていれば、

○○のチーズを少しと、3種類くらいが普通ですが、5つ頼んでもOKです。

 

チーズの名前がわかっていれば、

un peu de gruyère (グルイエールチーズを少し) un peu de camembert (カマンベールチーズを少し)

と○○のチーズをと言えます。

それに対して、ヤギのチーズ名がはっきりしていない時など、ヤギ乳のチーズを少しといえます。

un peu de fromage au lait de chèvre (ヤギ乳のチーズを少し) と言います。

デザート

レストランでチーズは、「Vous voulez du fromage ? ヴ ヴレ ドゥ フロマージュ」と、デゥで部分冠詞で質問してきましたが、 デザートのときは、

「Vous voulez un dessert ? ヴ ヴレ アン デセール 」と、一つのデザートと、不定冠詞で聞かれます。

フランス語オンラインサイト
f:id:meringuefine:20200307021900j:plain

まとめ

チーズの言い方をまとめました。

チーズには、牛も、ヤギも、羊もあります。

注文するには、○○乳製のチーズを少しといえば、名前をいわなくても、チーズ屋さんでも通じます。

レストランでは注文するときは、チーズの名前がわからなくても、○○乳製のチーズを少し(アン・プ un peu de)の言い方が便利です。

注文を聞かれるときに、チーズはduで聞かれますが、なぜかと考えこまずに、もう覚えましょう。

www.franceinfos.xyz