フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活ブログ

フランスへの移住の準備の仕方!目的別の滞在許可で生活事情の違いを解説

スポンサーリンク

管理人もフランスに移住してきて20年近く経ちました。

「フランスで暮らしてみたい」とか、「フランスに行くことになったけれど、フランスの生活ってどんななの?」と思っている方も中にはいらっしゃるかと思います。

管理人も最初はそれほど長期で滞在するつもりもなかったのですが、結婚してパートナーとフランスに行って生活してみようと考えたのです。

フランスへ移住となるほとんどのケースは、結婚による相手国への移住や、転勤で駐在生活となる事が多いかと思います。

フランスの現地へ駐在員として派遣となり、そのままフランスへ残り日本へ戻らないケースや、料理人としてフランスで働くなどもあります。

それと、若いときにフランスへ滞在し、定年退職をしてからフランスへ移住すると決めた方などです。

実際に移住するには、ビザがあるなしで仕事があるかどうか、また住居により、かかる費用も様々です。

管理人は結婚ビザでフランスへ移住して、語学学校へ通いディプロムをとり、日本本社のフランス子会社に就職しました。

この記事では具体的な生活費も含め、フランスへ移住する条件についてお伝えできたらと思います(^^♪

 

フランスへ移住する準備の仕方

 

f:id:meringuefine:20200122234602j:plain

移住と言いますと、骨をうずめるつもりできたことになりますでしょうか。

フランスへ日本人のパスポートで入国すると、3か月は滞在が可能です。しかし、それ以上滞在する条件として、ビザが必要です。

フランス日本大使館のサイトでビザの種類の説明がありますが、

フランス日本大使館 長期滞在ビザ

 

フランスへ移住するビザには、3タイプあると言えます。

分類しますと、

  • 結婚ビザで移住する
  • 労働ビザで移住する
  • ビジタービザで移住する

になります。

これらのビザ以外にも、長期で滞在する方法があるのではと思われる方もいらっしゃると思います。

しかし滞在許可が下りて居住はできても、労働許可が下りないと労働できなく、収入がありません。お金はあるので、許可さえ下りればいいという方以外は、収入を得るための労働許可がおりるビザの入手の条件についてご説明します。

フランスでは長く学生を続けている方もいます。しかし金銭的なことで、何年かして日本へ戻る方もいるのですね。

短期で住むのは他の国と同じくできますが、そこで滞在許可と労働許可を得て初めて長期に滞在でき、移住するということになります。

「覚悟を決めてフランスに来た。。。」となっても、実際に移住の条件は以下のようなものに限られてしまいます。

結婚ビザで移住する

フランスに居住している日本人で、一番多いのは結婚のケースです。経過としては、

  • 日本で結婚してフランスへ来る
  • フランスで生活していてフランス人と結婚してそのまま住む

という場合です。

日本で知り合い、結婚をして結婚届を提出してフランスへ移住する場合には、フランスの滞在許可を申請すると、滞在許可が下ります。

結婚してフランス国籍のフランス人と一緒に住む事になりますので、申請が拒否されることはありません。

ただ偽装結婚は別です。偽装結婚でないことを証明できると、時間がかかりますが滞在許可は発行されます。

結婚による【配偶者ビザ】が下りると、フランス国内で労働許可も含んだ滞在許可証を手にできますので終了が可能です。

フランス日本大使館の配偶者ビザの欄に以下のように説明があります。

 

フランス人の配偶者ビザは結婚がフランスに登録されている方のみに該当します。パックスされている方はフランス人配偶者ビザの申請はできません。 引用先 : フランス日本大使館 配偶者ビザ  

 

どんな人が?男女問わず、フランス人と結婚した配偶者に交付されます。居住する県により、交付される期間もまちまちです。日本人には馴染みがありませんが、フランスでは「バックス」という同居形態があり、滞在許可は交付されます。

パックスと結婚の違いについては別記事を参照ください。

フランス人と結婚する前に知っておくべきフランスの結婚事情

労働ビザで移住する

フランスの失業率は高く、政府もフランス人の失業率を更に上げるような政策はとりませんので、外国人には容易に労働許可を出しません。

フランスに移住して、滞在許可と労働許可が下りるのは、日本からフランスへ派遣される場合などです。

「特異な技術がありそれ相応の待遇で雇用される」ことを雇用主が保障することで、「その人しかできない特異な技量がある」と判断されるからです。

同じ日本人でも、日本の食堂でホールのサービスなどをして、給与も最低賃金しか払われない場合は、当局も他のフランス人でも代替えがきく労働と考え、雇用主の雇用誓約があっても、申請が通る場合は少ないです。

また、低賃金で雇える職種であれば、わざわざ日本人を雇用したいと考える雇用主もいないというのが理由ですね。

労働許可には、給与水準にも最低のラインがあり、2018年現在の処遇は、年収「 35 963,20 €(訳400万円)」以上となっています。

外国人が労働許可を手にするには、その人でなければできない特別が技能があることを当局が認めた場合になります。

また現在多いのは、フランスへ来ている料理人の方などです。

いまフランスでは和食ブームですので、伝統的な和食の料理人にはそれ相応の処遇で迎えられています。

日本人の料理人の方も最初はワーホリのビザでフランスに来て、就労してその腕を買われてそのまま労働許可の申請を会社にしてもらうという場合もあります。

以上のように、企業なり雇用主の元で働き、労働契約がある場合に下りる労働許可を、

【パスポート・タラン(Passeport Talent) ビザ】の【企業内転勤(Salarié en mission)】と言っています。

 

パスポート ・タラン・ビザの概要 フランス日本大使館 就労ビザ フランス日本大使館 企業内転勤ビザ

 

どんな人が?日本や海外の本社からフランスの子会社や支店に派遣される駐在員の方が一般的です。労働ビザの申請は、子会社なり日本本社が弁護士事務所を通じで行うことが多いです。駐在員本人がすることはまれですので、ほぼ確実に労働許可が取れます。

給与も高額なため、この就労ビザの申請数は少なく、また、申請時に会社の誓約書も提出しますので、フランス当局が却下することはほぼ稀です。同じ職に就いている限り、更新も簡単です。

 

スポンサーリンク

【起業をして居住】

先ほどのお話しました駐在員などの場合は、フランスの雇用主から労働契約を交わして就労するのですが、その他に、自分自身で起業し経営して、一定の税金を払えば労働許可は下ります。

種類は

法定代表者/役員(Représentant légal/Mandataire social)

になります。

法定代表者/役員(Représentant légal/Mandataire social) フランス日本大使館 法定代表者ビザ

 

いずれにしましても労働許可が下りるのは、きちんと納税しているという事が条件です。

  • フランスの社会保険料
  • 企業が納める法人税
  • 個人が納める所得税

 

などの税金や社会保険料の支払いがあります。

ただ、日本とくらべても、社会保険料や所得税の税率は高いのが実態です。

 

どんな人が?最初は日本や海外の本社からフランスの子会社や支店に派遣される駐在員の方が日本へもどらずフランスへ残り、起業をしたりする人です。また資本家がフランスで投資するなどです。当局へは具体的なビジネスプランや、資本金の開示が必要です。

ビジタービザで移住する

上にあげた3つのビザには滞在ができると同時に労働許可があるビザです。

そしてこの3つ目のビジタービザでは滞在許可にはなりますが、「労働許可」はありません。

 

ビジタービザは、さまざまな目的でフランスに滞在するために申請することが可能です(退職後の生活、文化目的、芸術目的、個人的な目的での就学(修了証書やディプロマの取得が目的ではない就学など)。 引用先 : フランス日本大使館 ビジタービザ

 

学生ビザで長期滞在も認められています。学生ビザは、「修了書やディプロム」を目的として学校に通う、学業を本業としている学生に下りるビザです。

フランスは芸術の国です。外国からフランスの音楽や美術を勉強に沢山の学生がきています。その学生には、「学生ビザ」が発行されます。

しかしこの、ビジターは「修了書やディプロム」を目的としていません。滞在さえできればいいので、フランス語がさほどできるかどうかの審査も難しくありません。

このビザの取得には、居住証明と、十分な貯金(一人年間約17344ユーロ 約250万円)があることを当局に証明できればビジタービザは入手できます。

1年ごとの更新ですので、十分な蓄えがあれば、翌年も更新が可能です。

老後のために、定年後でも金銭的に余裕があれば、フランスへ移住の条件をクリアできるのですね。

 

どんな人が?十分な蓄えがある人で、移住を考えてフランスで過ごしたい方などです。

ビザの期限が1年で、滞在期間中に仕事ができません。滞在中に学校に行って、フランス語の勉強などもできます。

 

スポンサーリンク

フランス全般の情報と日本人コミュニテイー

ビザの準備も整うと後はフランスへ行くだけです。

駐在の場合は仕事も決まっており、またビジタービザでは仕事はできません。 ですので、仕事は結婚ビザの場合です。

フランスで就職先はありますが、フランス語のレベルと経験次第です。

メールでのフランスのクライアントやサプライヤーとの連絡もありますので、フランス語のレベルは要求されます。

労働許可があれば、最初に短期の仕事を探すのもおすすめです。短期の交代要員の職などはねらい目で、期間も1年以内の短期と、有力な即戦力になり得ます。

フランス語のスピーキングとやレターが書けるように、出発の前にレベルアップをしておきたいですね。

また日本人コミュニティーの掲示板でも、求人情報もあります。  

日本人コミュニティー情報

フランスの日本人の総数が約3万人、パリに2万人と言われています。

フランスに到着してすぐに言葉も話せない場合など、子供の学校のことや、生活についての問い合わせは以下の日本人会などで問い合わせができますので、アポをとってみてはいかがでしょうか。

天理日仏文化協会では、日本の行事の催し物も開催されています。

 

日本語で通じる機関 日本語新聞エスパスジャポン オヴ二
 日本人会  在仏日本人会
 天理日仏文化協会 天理日仏文化協会
 

居住先へ持参するお土産の準備

フランスへ到着して、大家さんやお世話になる方には、安いものでいいですので、お土産をもってくることをおすすめします。

管理人がお土産で渡して、とても喜ばれるものは、

  • 扇子
  • 財布
  • 団扇
  • 5つ指のソックス

など、このようなものなら、重くありませんし、大家さんなどにちょっと渡すと、

「そんなに気をつかっていただなくて良かったのに。。。(Il ne fallait pas イル ヌ ファレ パ)」とは言いますが、喜ばれますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

移住の条件としてのビザは、次の3タイプになります。

  • 結婚ビザ
  • 労働ビザ
  • ビジタービザ

それぞれの状況で取得できるビザの種類は違います。

しかし一度ビザが下りますと生活し始めると快適な国です。

出発前には、 「仕事がうまくいくか」とか、「差別があるのではないか」とか、「フランス語が通じるか」

などと、期待と不安が入り混じった思いで日本を出発すると思います。 最初は言葉もわからず、それなりに大変かもしれません。管理人もそうでした。

しかし、ひとつ一つクリアしていけばフランスの生活は快適になります(^^♪

渡仏するにはフランス語の準備も大事です。話せることで生活は楽になり、ストレスが半減しします

オンライサイトをお探しの方は、こちら↓の記事をご参照ください。

www.franceinfos.xyz