パリジャーナル

Sakurako・フレンチレストラン・シェフ・フランス移住・パリ留学

フランスで面接の際の自己紹介テクニック!準備してチャンスをゲット

フランスでの面接の際のスピーチの仕方と長さについてお伝えします。

別記事でIndeedで求人広告の探し方を説明しましたが、

求人広告への応募は、広告掲載後早めに履歴書(CV)と志望動機書(Lettre de motivation)を送った方が、返答がもらえる確率が高くなります。

あなたの職歴がそのポストに合っていれば、リクルート会社なり、企業の人事担当者から通常翌日には連絡がきます。

また、CVを送っても返事が3日以内にこないと、そのまま返信がないと思ったほうがいいです。

面接選考には、準備をして臨みましょう。

フランスで就活のための面接の際の自己紹介テクニック

f:id:meringuefine:20200528185524j:plain

フランスでの電話面接の心構えと面接準備

書類選考を通過したあとは、人材派遣会社から電話なりで連絡がきますので、それには準備が必要です。

CVには電話番号を記載するので、CV選考に通れば、メール連絡もありますが、電話がかかってきます。

ですので、いつでも電話がかかってきても良いように、またしどろもどろにならないようにしないといけません。

電話面接に向けて、以下の準備をしておきましょう。

①求人広告の内容を印刷して、いつ電話がかかってきても良いようにスタンバイしておきます。

またCVの送り先が複数あったら、人材派遣会社名(会社名)も記載して、整理しておく。

②現在のあなたの求人希望職、なぜ求人広告に興味をもったのか。

③辞表を出して就活しているか、解雇にあったのかなどを答えられるようにしておく。

 

CHECK

電話がかかってきて、会社名をフランス語で聞き取りが難しいので、何回も繰り返してきかなくてもいいように、会社名を頭にいれておくと良いでしょう。

実際のところ、見えない相手と電話でフランス語で受け答えするのは、とてもハンディがあります。

フランスでの電話面接の心構えと電話の切り方

フランス語で説明するので、なるべく手短に済ませるのが賢明です。

電話がかかってきて、緊張すると、うまく言えなくなり、長い時間話すと、フランス語で間違える可能性が増えます。

電話でなるべく答えなくて済むようにしましょう。

電話では5分くらいで話を済ませて、いつ面接に行けるかを、即答ができるように、日時、場所を決めましょう。

 

担当者が、当日の面接場所と持参するものはメールで伝えると言ってきますので、「はい、分かりました。送って下さい」と言うのがいいですね。

電話面談のあとには、だいたいすすぐに担当者からメールが送られてきます。

当時実持参するものリストの中には、CVや学位証明書、資格証明書などがありますが、そのほかに、

  • ●犯罪歴書

Demande d'extrait de casier judiciaire (bulletin n°3)

というのがあります。

面接が急に行われれば、取り寄せに時間がかかります。

当日持参していけなければ、後で送付すると返答しても怪しまれることはありません。

■合わせて読みたい

フランス語での自己紹介とスピーチの長さRéalisations probantes

 

自己紹介とスピーチの長さ

当日の面接には、自己アピールのために、バリエーションで自己紹介文を準備して、望みましょう。

軽い挨拶が済めば、

それでは、「自己紹介をしてください」といわれるので、時間制限がなければ自己紹介を3分~5分位でできるように、時系で説明していきます。

①今までの勤務先(時系列で)の総合的な業種、ポジションや業務内容。

②勤務先での功績など。

なぜフランスにいるのかと自己紹介をし、勤務経験内容を説明していきます。

学位の説明はあまり長くなく、業務を中心に面接する会社の求人内容に合う業務経験に焦点を合わせて説明するのがいいでしょう。

説明して、途中面接官が質問してきたら、それに答えます。

自己紹介のなかで、「Réalisations probantes」というものがあります。

自己紹介とRéalisations probantesの言い方

これは、自己アピールできる、過去の会社で行ったアピールできる功績です。

PRできるものを論理的に、経験を2~3分くらいにまとめましょう。

その中で面接官から質問があると、答えるというようにします。

この自己アピールは、勤務していて会社で、

  • 予算がなかったにも拘わらず、目標達成ができた、

  • 内部監査のシステムを導入した、

など、まとめて言えるようにしておきましょう。

短くてきぱきと言えないと、好印象が台無しになってしまいますので、ロジックにまとめて準備をしておきましょう。

求人広告に応募して、暫くして返事がなければ、選考に落ちたということですが、2,3か月してから連絡がくることがあります。

そんな時は、採用された人がダメだった時で、補欠で連絡がきたという場合でしょう。

補欠で採用という場合もありますので、あなたのCVに興味を持っているということですから、好印象をのこして面接を終えましょう。

 

また、「自己PRをするものがない」、という方がいますが、ないということはありません。 表現の仕方は慣れの問題で、付加価値をつける言い方でPRスピーチを作成しておくといいです。

作成した文は全部暗記して、日常的に準備しておき、面接の準備は周到に行いましょう。

日頃から面接の準備ができますので、

  • 経歴のまとめ

  • 自己スピーチまとめ

をして、面接の前には何度も練習をして、つっかからないようにしておくと、当日少し緊張してもいけますよ。

■合わせて読みたい