フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

フランス語のdérogatoireって何?どんな時に使うの?

スポンサーリンク

フランス語で「デロガーション」という言い方があります。

「dérogation」が名詞で、「dérogatoire」が形容詞、 意味は免除。

使い方は、免除を依頼する場合に誓約書を書いて。

外出制限中などには、そんな誓約書を携帯することが必須です。

外出時には「ATTESTATION DE DÉPLACEMENT DÉROGATOIRE」を持ち歩かないといけません。

大体は、お役所向けのレターで使われますが、誓約書ではなく、 デロガーションと言わないと、お役所で通じないです。

外出制限の免除と、そのほかの例と一緒に例文で説明します。

「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪

■合わせて読みたい

 

フランス語のデロガーションって何?

 

f:id:meringuefine:20200224021221j:plain

【デロガーション】

意味は、免除、免責で、「dérogation 」と書きます。

形容詞が「dérogatoire」で、免除の

という意味です。

今フランスでは、コロナウィルス感染防止で、外出制限下にあります。

とはいえ、食料品の買い出しに外出しないといけません。

そこで、誓約書を書き、外出ができるようにします。

用意するのは、

「ATTESTATION DE DÉPLACEMENT DÉROGATOIRE」

と書かれているもの、

誓約書のことを、「Attestation sur l'honneur」と言い、内務省のサイトに、誓約書のモデルがあります。

タイトルには、

「ATTESTATION DE DÉPLACEMENT DÉROGATOIRE」

と書かれています。

これは、免除依頼の誓約書です。

誓約書は、「名誉にちかって○○を誓約します」というもので、

元々の、dérogation(免除)は名詞で、動詞はdérogerです。

意味はラルース辞典でつぎのように言っています。

●Action de déroger à une loi, à une convention, à une règle

訳➡法律、召喚、規則の免除をする行動。

他にも例では、

学校の管轄区の変更依頼などがります。

例えば、生徒が通うことになる学校は、地理的に決められているとして、その学校に通えない理由があれば、教育委員会なりに、規定による分割された学区に通うとこができない場合など、登校ができない説明資料を添えて、学区変更要求をするなどがあります。

●demande de dérogation scolaire

「規定の学区に行くことを免除してください」というものです。

その他には、コロナウィルスで市場は禁止となりました、ところが、市場で商品を売らねば生計が立たない農家などは、市長に、市場を立てることができる、禁止免除要求をするなども、デロガーションになります。

デロガーションは、だいたいはお役所向けの表現で、誓約書とセットで覚えるといいです。

以上で~す。 また明日(^^♪ à demain.

www.franceinfos.xyz

今日のフラ単語

フランス語オンラインサイト
f:id:meringuefine:20200307021900j:plain

dérogation      免除

ATTESTATION DE DÉPLACEMENT DÉROGATOIRE          外出免除誓約書     

déroger        免除する

exception       例外

pièces justificatives  証明書類

affectation      管轄

www.franceinfos.xyz