フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活ブログ

フランス語のcouvre-feuって何?罰金がありで時間帯には気を付けよう

スポンサーリンク

そうみかける言い方ではないですが、厳戒態勢下ででてくる表現で「クーヴル・フ」があります。

「Couvre-feu 」と書きます。

コロナウイルス感染状態で、今後どのようになるのかはわかりません。

感染防止対策については、政府が発表した内容にはわかり難いことも多いです。

解釈の違いでどうするのかもそうですが、市町村で発動されているものがあるので、注意が必要です。

「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪

 

フランス語のクーヴル・フって何?

 

f:id:meringuefine:20200224021221j:plain

【クーヴル・フ】

クーヴル・フ はフランス語で「Couvre-feu 」で意味は「夜間外出禁止令」です。

現在、フランスで発動されている外出制限令では、外出の制限で、外出禁止令ではありません。

マスクが不足状態ですので、

  • 外出時につるんで歩かない、

  • 人と間隔をとる

ことに注意すれば、いまのところ外出の時間に関しては規制がありません。

それに対して、この 「クーヴル・フ」は、

夜間の外出禁止令です。

現在はフランス全土ではこの措置はなく、市町村によっては、発動しています。

一般市民に対して夜間の外出を規制する行政措置で、「夜間」の定義よりも、具体的に時間も明示しています。

今日夜に、フィリップ首相から、新たに、外出制限の内容の追加がありましたが、夜間の外出禁止はフランス全体で行わないと言っています。

«Nous n'envisageons pas encore de couvre-feu»

ですので、この夜間外出禁止は各市町村が行っているものです。

具体的には、ニース市では発動しています。

Le maire Christian Estrosi a décrété un couvre-feu à partir de 23 heures, jusqu'à 5 heures du matin. 訳➡市長のクリスチャン・エストロジィは23時から5時までの夜間外出禁止令をだした。

ニース市以外でもおこなっている市町村があり、また罰金も、各市町村で違います。

この夜間の外出禁止措置はもともと、戦争時などの非常事態で行われていたことですが、現在は若者の犯罪件数を減らすために行った例があります。

しかし現実には、この措置で犯罪件数は減っていないというレポートもあり、夜間に外出をする家庭環境が変わらなければ、禁止をしても効果がないことから、現在は使われていません。

現在のコロナ感染は全く前例がない非常事態で、発動する市町村の置かれている環境によるということです。

それと、野外の市場は閉鎖になりました。

並んでいる列で、人との間隔が取り難く、1メートルの間隔をとりにくい状況です。

ただ、野外市場(日本なら無人市場とかも含む)でには、農家の貴重な農産物が売らている場所です。

市長や村長が認めた市場は、営業が認められるということです。

以上で~す。

à demain !

www.franceinfos.xyz

今日のフラ単語

フランス語オンラインサイト
f:id:meringuefine:20200307021900j:plain

couvre-feu    夜間外出禁止

à partir de 23 heures, jusqu'à 5 heures  23時から5時まで

à compter de 23 heures, jusqu'à 5 heures   23時から5時まで

criminalité des jeunes   若者たちの犯罪

quantité de crimes    犯罪件数

www.franceinfos.xyz