フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

フランス語のconnotationって何?状況と使い方まとめて説明します

スポンサーリンク

たまに「コノターション」なんていう言い方を聞きます。

ラテン語ぽいような響きですが、フランス語で、ちょっとニュアンスを感じる言い方ですね。

意味は、含蓄を持つとか、○○のニュアンスがあるに近いです。

意味と言う意味では、直接的な「意味」がありますが、それぞれで言い回しが違います。

「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪

■合わせて読みたい

 

フランス語のコノターションって何?

 

f:id:meringuefine:20200224021221j:plain

【コノターション】

コノターション はフランス語で「connotation 」で、意味は○○の含蓄、ニュアンスです。

また、このコノターションのニュアンスはどうしても、ネガティブな意味として使われます。

使われ方で、対比する考え方で、

 「デノターション」

という単語があります。

意味は、直接的な意味で、文字通りの意味です。

ニュアンスは、意図があり、相手にその言葉を使わずして、理解させる背景を使います。

ラルース辞典ではコノターションを、

Ensemble de significations secondes provoquées par l'utilisation d'un matériau linguistique particulier et qui viennent s'ajouter au sens conceptuel, fondamental et stable, qui constitue la dénotation. 引用先 https://www.larousse.fr/dictionnaires/francais/connotation/18305

と言っています。

訳は、コンセプト的、基本的、安定した意味に加算される、言った内容から発する二次的な意味。

とあります。

つまり、言いたいことを直接的な表現をつかわずして、ニュアンスが伝わってしまいます。

たとえば、移民問題で、

「immigration danger 移民 危険 」と2語のみをスピーチで言ったとします。

この2語まで聞けば、移民反対なのは間違いありませんし、差別の含蓄をのこしてしまいます。

Des propos humiliants à connotation raciste 訳➡差別のニュアンスがある侮蔑的表現

他には、Les Japonais travaillent beaucoup. 日本人は良く働く

と誰かが言ったとし、その言い方には、ネガティブな含蓄があった、とも言えます。

移民問題などは、政党によっては、直接的な言い方は避けて、演説で言いたいことがつたわるように、言葉を組み立てています。

また、聞く側の解釈の仕方もあり、あくまでも聞く側が、発した含蓄をききとれない場合もあります。

差別などは聞く側が、そう感じなければ、含蓄はなくなります。

www.franceinfos.xyz

【デノターション 】

このデノターション 「dénotation 」は、コノターションに対比する意味があり、ニュアンスよりも、文字通りの意味です。

以上で~す。

今日のフラ単語

フランス語オンラインサイト
f:id:meringuefine:20200307021900j:plain

connotation   ニュアンス、含蓄(否定的)

raciste      差別

propos     表現

humiliants    侮辱的

dénotation    文字どおりの意味

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz