フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活ブログ

フランス語のcensureってどんな意味?使い方まとめて説明します

スポンサーリンク

フランス語で「ソンスュール」という言い方があります。

「censure」と書きます。

名詞で、意味は検閲です。

この名詞の意味の他に、censurer という動詞があります。

意味は検閲するです。

どちらも戦前、戦中に限らず現在も政治的な手段で使われています。

使い方をまとめてみてみましょう。

「今日のフラ単語」で、単語の解説もしています(^^♪

 

フランス語のソンスゥールって何?

 

f:id:meringuefine:20200224021221j:plain:w300

【ソンスゥール】

名詞のソンスゥールは「censure」と書き、

意味は、検閲です。

検閲は、 contrôle officiel autorisant ou non la publication ou la diffusion d'œuvres diverses, en totalité ou partie. 訳➡書作物の一部または全部の刊行や拡散の許可のオフィシャルなコントロール。

オフィシャルなコントロールですので、政府や委託された機関が行っており、合法に行っているわけです。

書物だけではなくネットで配信された内容も含みます。

Internet, un espace de liberté où la censure est reine ? 訳➡インターネットは自由なスペースなのか、それとも検閲の女王?

ネットで配信されたものが拡散されるのはあっという間で、検閲はそのスピードに合わせて、コントロールしないと意味がないです。

社会主義国でなら頻繁に行われているだろうが、資本主義国でならないと思いたいですが、そうでもないです。

ネット上の検閲は、法律上規制対象となったものみで、なんでもかんでもやってしまうと、民主主義に反することになります。

コロナ感染中の外出制限には、外出制限免除誓約書を警察にスマホを見せるなどは、のちのち移動場所履歴のリファー対象となりえます。

個人情報が国家の統制対象になっては、それは個人の人権の侵害です。

個人レベルでも、SNS拡散をするしないのはある意味でそれでも、個人の自由意思ですが、国会議員がおこなうと責任問題です。

今年3月に、元官房長官のBenjamin Griveauxの性的自撮りビデオがネット上に流れ、数時間後には消されていたことがニュースになっていました。

このBenjamin Griveauxの事件は、検閲された動画はあっという間に消去されて、【rocambolesque】↓な事件でした。フラ単にもまとめています。

www.franceinfos.xyz

選挙が近づくと、左派と右派の間で、主要敵対候補のスキャンダルが暴露されるのは、近年多いです。

大体は、金銭がらみの事件が多いです。

金銭がらみでなきとも、スキャンダルが暴露され、選挙中に候補から引きずりおろさされると、

cabinet noir

といい、黒いキャビネの陰謀だというセリフが一時期はやっていました。

CIAの秘密工作員が事件をでっちあげたかのように言い、なぜか脱税したことは謝らないのが特徴です、

censurerは、意味が検閲するで、

surveiller は、監視するです。

Benjamin Griveauxの自撮りビデオは、ネット上監視システムで、拡散後数時間で削除されました。

また、censurerの検閲は、削除するという行為ではありません。

ではでは、

以上で~す。 また明日(^^♪ à demain.

今日のフラ単語

censure      検閲

censurer      検閲する

cybercensure   サイバー検閲

diffusion    拡散    

pays sous surveillance     監視下にある国

www.franceinfos.xyz