パリジャーナル

Sakurako・フレンチレストラン・シェフ・フランス移住・パリ留学

フランスバターのベイユヴェール本店とパリ店舗!ヤギや羊のヨーグルトとチーズ?

スポンサーリンク

フランスの発酵バターといえば、ベイユヴェールがあります。

発酵バターのボルディエがノルマンディーなら、このベイユヴェールはフランス西海岸のバターブランドです。

発酵バターのこのベイユヴェールのバターは、滅菌していないバターで、「生バター」なんですよね。

ボルディエバターはパリでなら、大手のデパートでないと買えないのですが、ベイユヴェールはパリには20店舗以上あり、あちこちで買えるのです。

今年新たに、店内の様子も画像をいれて、バターやデザートの他にヤギや羊のヨーグルトやチーズを追加しました。

フランスのベイユヴェールバターとチーズ

ベイユヴェールのバターの特徴は生バター

フランスのバターといえば発酵バターですが、このベイユヴェールのバターは、滅菌していないバターです。

いわゆる「生バター」です。

エシレのバターやボルディエバターは滅菌バターで、このベイユヴェールは、滅菌していない分、生バターなのです。

社長のベイユヴェールさんは、作ってから約35日以内に食べてくださいと言っているだけ、作りたては違いを感じます。

全て、ナント市の南西にあるマシュクール(Machecoul)の工場で作られており、家族経営の生産工場会社です。

 

ベイユヴェール(Beillevaire) 250 グラム

社長のベイユヴェールさんが薦めているのが、このイチゴの砂糖がけで、新鮮なバターだと、トップパティシエのデザートくらい美味しいです。

フランスパンを切って、バター(半塩)を塗り、その上に切ったイチゴを乗せて、お砂糖をかけます。

 

フランスパンとイチゴのデザート

パンの上にバターを塗って(タルティ―ヌ)イチゴと砂糖を。バターの風味は格別です。

このバターは、 〚ル・グラン・ヴェフールLe Grand Véfour)〛では、このベイユヴェールのバターをレストランで出していました(以前行った時の写真です)。

ル・グラン・ヴェフール(ギィ・マルタン)

また、エッフェル塔の3星のレストラン〚ル・ジュール・ベルヌ(Le Jules Verne )〛でもこのバターを使っているということです。

ブランドのバターです。  

フランスバターのベイユヴェール本店

ベイユヴェールの本店はナント市の近くにある、マシュクールという町にあります。

マシュクールは工場地帯で、自転車の組み立て工場のジタンなどもあり、工場見学に行ってきました。

ベイユヴェール本店

本店の工場です。

ベイユヴェールのチーズ売り場と工場への入口

②から入ると、レジがありそこで、工場見学のチケットが購入できます。

工場見学は、大体1時間くらいでしょうか。

ガイドつき見学はフランス語でありますが、時間的に間に合わなく、ガイドなしで見学をしました。

中の様子は、写真撮影は禁止でとれませんでした。

ベイユヴェール本店のチーズ売り場

工場お店の中のチーズの品揃えは充実しており、実際いろいろなものがあります。 ただ、パリの店舗より品数がおおいわけではなかたったので、この日はチーズは買わずにお昼にランチだけにしました。

ベール本店のランチコース

①の入口から中に入れます。 ランチには、ベイユヴェール工場で作られたチーズを使っています。 その辺はやはり新鮮です。

モッツアレラチーズのサラダです。

飲み物にビールつきで、約8ユーロです。

【ベイユヴェール本店住所】
FROMAGERIE BEILLEVAIRE 11, Rue Denis Papin 44270 Machecoul, France
サイト https://fromagerie-beillevaire.addock.co/
ガイドなし工場見学、3ユーロ。 ガイド付き工場見学、8ユーロ。 盛り合わせディナー、40ユーロなど。

 

ベイユヴェール,パリの販売店

パリでも今では、パリ市内に20区に店舗の直営販売店があります。

パリの販売店

パリにあるベイユヴェールチーズ店には、ほとんどのフランスチーズがあります。

どのお店でもドアが開いています。

生バターはもちろん、生チーズもありますので、臭いがすごく、力を感じます。

スーパーで売っているチーズとの違いは臭いで、バターもチーズも、熱処理をしたのと、そうでないのでは臭いの力が違います。

 


【パリ市内のベイユヴェールの販売店】
77 Rue Sait Antoine, 75004
118 Rue Mouffetard, 75005 【お薦め】
48 Rue des Martyrs, 75009
215 Rue du Faubourg Saint Martin, 75010
1 Rue Marsoulan, 75012 【お薦め】
73 Avenue du Général Michel Bizot, 75012
86 Rue Raymond Losserand, 75014
8 Rue Delambre, 75014
133 Rue Saint Charles,75015
213 bis Avenue de Versailles, 75016
47 Rue des Moines, 75017
Marchés des Ternes, 75017
140 Rue de Belleville, 75020

お薦めは、5区と12区のお店です。お店の店主さんが親切だと感じました。

どのようなものが良いか聞くと相談にのってくれます。

特に5区はムフタール通りにありますので、ムフタール通りの市場も見れます。

 

ベイユヴェールの品揃え

バターの他に、チーズやヨーグルトの品揃えが充実しています。

チーズも大体100種類位は置いています。

ベイユヴェール店のチーズ

 

「コワンのコンフィ」も売っています。 コワンは【Coing】と書き、かりんのことで、砂糖煮にして固形にしたものです。

 

コワンのコンフィ

このコワンは羊のチーズに合います。羊のチーズは一番高いです。1頭から取れる乳量がすくないのです。

羊のチーズ・オッソー・イラティとコワン

フランスのバスク地方の生産のオッソ―・イトラティのチーズと相性が抜群です。

チーズのお供に、たとえば、黒さくらんぼのジャムがあり、羊のチーズとすごく相性が良いのですね。  

黒サクランボのジャム

 

この羊のチーズになら、黒サクランボの他に、イチジクもジャムも合います。

この「かりんのコンフィ」を買う時は、「コワン」と言って下さい。大体レジの横に、コワンを置いています。ラップにくるまっています。

小さめのを試すのが良いと思いますので、店員さんに「プティ」といえば小さいのを探してくれます。 ヨーグルトやデザートなども沢山種類があります。お薦めは

  • フェッセル
  • クレームキャレメル
  • やぎのヨーグルト
  • 羊のヨーグルト

です。

   

フェッセル
一番のお薦めのクリーム・キャラメル
ヤギのヨーグルト
羊のヨーグルト

この他に、〚ムースショコラ〛などのデザートもあり オレンジマーマレードの上にムースショコラがのっています。なかなか美味しい!

これらの、デザート系は3つ買うと4つ目がサービスになっていることが多いので、狙い目です。

ベイユヴェールのチーズとデザート2022年追加

今年は何度もチーズを買いに行き、いいのがあったのでご紹介します。 ヤギのチーズは固くなったのがおいています。

Chèvresヤギのチーズ

カルヴァドスのチーズで、カルヴァドス酒で洗ったチーズです。 周りがぬかのようですが、パン粉のようなものとカルヴァドス酒なのです。 味も食べやすいです。

カルヴァドスのチーズ

でも、翌週行ったらもうなく、おいてある週とそうでない場合があるようです。

カルヴァドスのチーズ
ハードタイプのチーズと右奥がコワン

レジの前にその週の少し安いチーズがあります。 それは品物が悪いというのはないので、その方がお得なので、最近は目玉品として買っています。

ベイユヴェールの紙包みとヨーグルト

チーズは時価です。入荷したものがあり、一品は3日位でなくなり、翌週行っても売り切れているものがあります。 カルヴァドスのチーズは暫くはいらないと言われました。 良いと思ったら、その時に少量を買ってみれば良いと思いますよね。  

まとめ

バター生産家の〚愛〛を感じるベイユヴェールです。それとバターに使っている塩は、「ノワールムチエ」の天然塩です。

日本ではベイユヴェールといえば、バターが有名ですが、チーズは沢山が種類あり選べます。

値札がついているので、名前と値段が分かります。 チーズ店はパリでも沢山ありますが、私はこのベイユヴェールの値札が分かりやすいと思っています。

日本へ持ち帰りするのであれば、ハードタイプの

  • コンテ
  • グリュリエール
  • オッソ―・イトラティ

などが、お薦めです。

チーズもいいですし、ヨーグルト是非試してみてください。

モノプリの商品に関してはこちらの記事を参照してください。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz