フランスからのアンフォ

Sakurakoアンフォ・パリ留学・パリレストラン・フランス語・就活

パリ13区のロベルジュ・ドゥ・グラドロン!Camilleシェフのインタビュー

スポンサーリンク

f:id:meringuefine:20200819191646j:plain

パリの女性フランス人シェフのレストラン「ロベルジュ・ドゥ・グラドロン」をご紹介します。

ロベルジュ・ドゥ・グラドロンは13区のプラス・ドゥ・イタリーの近くにあります。

シェフのカミーユさんは名門校「フェランディ」を卒業後、2018年からこちらでシェフをされています。

素材にもこだわっていると感じる、そして味にプラスアルファがあるレストランです。

ミシュランガイドのBib gourmand(ビッブ・グルマン)にも選ばれています。

また、ゴー・ミヨのトック2つ「トック」を取りました。

ロベルジュ・ドゥ・グラドロンとカミーユ・シェフのインタビューをご紹介します(^^♪

 

パリ13区「L'Auberge du Roi Gradlon」

パリ13区にあるハーフの女性シェフの繊細な料理のレストラン、ロベルジュ・ドゥ・ロワ・グラドロンです。

テーブル席から厨房が見えます。

f:id:meringuefine:20200711222932j:plain:w300
地下フロアー

ミシュランガイドのBib gourmand(ビッブ・グルマン)に選ばれています。

ビッブ・グルモンは、ミシュランガイドでコスパの良いレストランへ贈られる賞です。

また、2019年にはギ・ミヨのトック2をゲットしています。

ロベルジュ・ドゥ・グラドロンCamilleシェフのインタビュー

ロベルジュ・ドゥ・グラドロンはビストロノミーとう範疇のレストランで、カジュアルに見えて、本格的な料理をだしているレストランです。 起用された若手シェフは、カミーユ(Camille)さんです。

f:id:meringuefine:20200718180706j:plain
カミーユ・シェフ

カミーユシェフ、今日はありがとうございます。早速ですが、ゴー・ミヨの2つトックの受賞おめでとうございます!安定した味で定評があるのですね。

ありがとうございます。とても嬉しく思います。私としては、季節の素材を大事にして、料理を作っています。ゴー・ミヨの評価もありますが、現在お客さんは、四季おりおりのものに敏感というのもあり、時代にマッチしていると思います。

簡単に経歴をお伺いしますが、カミーユ・シェフは、料理学校「フェランディ」を卒業してすぐにこちらに起用されたのですね。とても有名な調理士学校ですね。

はい、学校のネームバリューはあります。私は、フェランディのバチュラーを終えました。2年目には、ホテル・リッツでスタージュも終えました。卒業後に履歴書をサイトに掲載したら、すぐにいくつかのオファーをいただき、こちらのオーナーと縁があり、2018年からシェフとなりました。

リッツのようなホテル・レストランとこちらのロベルジュ・ドゥ・グラドロンでは、規模も違いますよね。小さい規模のレストランを希望されたのでしょうか。

そうなんです。私はリッツでも研修で働きました。ホテルは有名ですが、シェフとお客さんとのコンタクトがなく、淋しいです。その点、ここのレストランだと、お客さんとのコンタクトがあります。そんなコンタクトを私は大事にしています。また、オーナーとは信頼関係があるので、仕事がしやすいというのがあります。

それにしても、学校を卒業してすぐにシェフとは、よほどご縁があったのですね。私はこの業界は厳しい状況と聞くことが多く、女性は特に難しと聞いていました。カミーユシェフは、そのあたりの難しさはなかったのでしょうか。

はい、そのようなこともあるようです。ただ、私の場合は、高校卒業後すぐに料理界へ入ったのではなく、他に人生経験もありました。それで、フェランディでも、研修先でもすごくいい経験をできたのです。

シェフになるには、調理学校を卒業しただけでもできるのでしょうか。

はい、人にもよりますが、確かな経験が大事です。まず履歴書で判断され、シェフとして採用されます。しかし、経験がないのはすぐにわかります。私は、フェンディで経験できたことは、非常に実り深いものだったと思っています。中にはミシュランの星を獲得していている卒業生もいます。ただ、学校の授業も研修もなかなか大変です。それで1年たつごとに人数が少なくなります。私はご縁があって、3年間の研修も実りあるものでした。

f:id:meringuefine:20200711222927j:plain:w300

店内は白が基調で明るく、石作りの壁になっています。

f:id:meringuefine:20200718180651j:plain

そうなのですね。私はこちらのレストランの内装が素敵だと思います。

f:id:meringuefine:20200718180656j:plain
【ジャケのグラブラックス】

ニシン(アロン)のスライスを月の形にアレンジしています。

f:id:meringuefine:20200711222937j:plain:w300
【ニシンのポテトの野菜添え】

鯛はオリーブオリル焼きで、付け合わせにクミン味のオムレツが添えられています。

f:id:meringuefine:20200711223004j:plain:w300
【鯛のオリーブ焼きのオムレツ添え】

ところでシェフは、お父さんが日本人で、日本文化にもなじみがあるのですね。

 

 

はい、祖父が柔道家でフランスで柔道の普及に貢献しました。ただ、私はハーフと言っても、フランス語のみで教育をうけましので、フランス文化の方が私の中では多いと感じています。

f:id:meringuefine:20200210232707j:plain:w300
【レモンタルト】

おじい様は、とても有名な方ですね。私はレモンタルトを食べて、すごく興味深く感じました。タルトのレモンクリームとサブレと、抹茶のマカロンが一見離れていて、それでいて、口にすると、融合します。フォンダン・ショコラのデザインも竜安寺の庭園をイメージします。

 

デザートのフォンダン・ショコラには、アイスクリームとアプリコットのクリソースが添えています。

f:id:meringuefine:20200711223008j:plain
【フォンダン・ショコラのアブリコのクリソース添え】

ここで食事をすると、今日食べたいものを選べて、すごく幸せです。

ところで、シェフ、趣味の時間には何をされているのですか?

はい、私はデッサンをします。週末にはそう時間もないのですが、デッサンに集中するとアーティステックな感性を呼び出せます。料理にはそんな時間も必要で、時間を見つけて書いています。

シェフ、今日はお忙しいところ、本当にありがとうございました。

こちらのほうこそ、またレストランに来てください。気にいったものができると嬉しいです。

まとめ

繊細なテーストをもたらす、カミーユさんの料理とロベルジュ・ドゥ・グラドロンをご紹介しました。

ビストロノミーの、料理に力を入れたレストランです。

テラス席も充実していいですが、地下のフロアーからは厨房が近く、シェフが近く感じます。

このような空間では、仕事に力が入るなと感じます。
カミーユシェフの卒業校はこちら↓です。

フェランディ料理学校

フランス語のレッスンで料理用語のブラッシュアップはこちら↓の記事をご参照ください。

アンサンブアンフランセの料理に詳しいHugo先生

ロベルジュ・ドゥ・グラドロンは、内装がおしゃれなので、カップルで食事をムードっぽくしたいときにも、最適です。

予約はフルシェットで割引が使えるとお得です。 コースメニューはなく、ワインをいれて、アラカルトで1人大体40ユーロ~はお手頃価格です(^^♪ ワインはグラス1杯から選べます。

レストラン●名前 :L'Auberge du Roi Gradlon 住所 :36 Boulevard Arago 75013 Paris France 電話 :01 45 35 48 71

f:id:meringuefine:20200718180701j:plain

アラカルトで大体、前菜が12~、メインが19~、デザートが12ユーロ~。 最寄り駅 : メトロ : Les Gobelins 駅 (7 番線)、Glaciere 駅 (6 番線)定休日と営業時間: お昼12時~14時、夜19時~22時 日と月曜が休みです。

サイト : http://www.roigradlon.fr/

 

ボンナぺティ(^^♪

フルシェットの予約の仕方はこちら↓の記事を参照ください。

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz