パリジャーナル

Sakurako・フレンチレストラン・シェフ・フランス移住・パリ留学

パリ18区のフレンチレストラン「La Couvée ラ・クベ 」 のテラスとグルメ

f:id:meringuefine:20210904004158j:plain:w300
「La Couvée」

先日行ってきた、新しくできたレストラン「La Couvée ラ・クベ」をご紹介します。

レストランもシェフも変わって、新しいビストロノミーのレストランになっていました。

シェフがジョルジュサンク(パリの5つ星の高級ホテル)で働いていただけあり、料理も繊細なアレンジです。

値段も今のところ手頃で、クリエイティブなアレンジを食べたいという方にはピッタリなレストランです。

 

パリ18区「ラ・クベ 」のインテリアとテラス席

f:id:meringuefine:20210904004219j:plain:w300
モダンなインテリア

「ラ・クベ 」のインテリアとシェフ達

オープンしたのがこの7月です。前のレストランを新装して、新しいシェフを迎えて、全く違ったコンセプトのレストランとなりました。

レストランのテラス席は夏を感じるテーブルで、レストラン内のインテリアもオシャレです。

f:id:meringuefine:20210904005700j:plain:w300
左がシェフのフロリアンさん

写真には、シェフフロリアンさん(左)とセカンドのお二人。

シェフとセカンドの二人のシェフともう一人も、ジョルジュサンクから来ています。

ジョルジュサンクは、5つ星ホテルであるだけではなく、パラスホテルといって、歴史や文化にも貢献したと認めれれているホテルです。 その分高いので、世界の裕福層がきています。 あんまり高いので、私はシャンパンくらいを飲みに行ったりしますが、ホテルは超豪華で、その雰囲気が味わえるので、たまにご褒美でいいかなって感じです。

「La Couvée ラ・クベ 」はビストロノミー

ラ・クベの料理はビストロノミーです。

コンセプトも、新鮮な季節の素材使ったアレンジで、素材の味を感じるクリエーティブな作品です。

アントレからデザートまでの料理は、インスタをご覧ください。

「ラ・クベ 」のオレンジバターのサーモンソテー

メインは、Saumon snacké, légume d'été, beurre à l'orange (オレンジバターのサーモンソテー)という、オレンジを入たこがしバターのサーモンソテーでした。

バターソースの味が美味で、シェフがジョルジュサンク出身なので、どのバターを使っているのか聞いたのです。

ジョルジュサンクといえば、レストラン「ル・サンク (le Cinq)」の料理長だったエリック・ブリファー(Eric Briffard)さんが、ボルディエバターを使い、ボルディエバターを有名バターにした経緯があります。

それで、このサーモンのオレンジバターも、生バターや、ボルディエバターなのかと思い、何バターか聞いたのですが、ただのAOPのバター(産地証明がされている規格をとおったバターで、一般家庭で使っているバターです)だったのです。

考えると、フランスのバターは味がいいですね。

メニューは、アントレ、メイン、デザート、ワイン付き30ユーロです。

このレベルで30ユーロのメニューはかなりお手頃価格です。

まとめ

最近できた、ビストロノミーのクリエイティブなレストランです。

小さなレストランに、ジョルジュサンクにいた仲間3人が集まった、新しい感覚のレストランです。

このレストランの前進は、ル・レストランです。

随分と雰囲気が変わりエレガントになりましたが、場所柄若者が多く、カジュアルな雰囲気さで、行きやすいですね。

ラ・クベ●名前 :La Couvée
住所 :32 rue Véron, 75018 Paris France France

f:id:meringuefine:20210904004304j:plain:w300
店内のインテリア

最寄り駅 : メトロ : Blanche駅 (line 2 )
定休日と営業時間: お昼12時~13時30分、夜19時30分~22時。
定休日は月曜日(要確認) 電話番号➡0683549629 今のところ、ラフルシェットで予約できないようです。

ボンナぺティ(^^♪

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz

www.franceinfos.xyz